G7共同声明案に明るい予測

G7共同声明案に、「経済活動は2009年末にかけて回復を始める」と明記されるとのこと。

NIKKEI NET 2009/04/25より引用】
世界経済、年末にかけ回復始動 G7共同声明案
 【ワシントン=大塚節雄】24日午後(日本時間25日未明)にワシントンで開く7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明案が明らかになった。「経済活動は2009年末にかけて回復を始める」と明記。世界経済を上向かせるため「雇用や成長の回復、危機の再発防止のために協調行動する」として、各国が政策対応を継続する決意を示す。

 声明案は「最近の指標は先進国経済の下降ペースが緩やかになってきたことを示唆している」と指摘し、今回の金融危機下で初めて年内の明るい見通しを打ち出す。2月の前回会合では「厳しい減速は09年を通じて続くと見込まれる」と記していた。ただ「見通しは引き続き弱く、下振れリスクは残る」として各国が危機対応モードを続ける姿勢も強調する。(07:00)
【引用おわり】

総悲観状態のなか、めずらしく明るい予測が出ました。
久々にうれしいニュースです。
いよいよ株に積極投資する時期が来たということでしょうか。

でも、バンガードのコラムにはこうあります。
「多くの人は、不況に突入するときに株価は下がり始め、経済が上昇し始めるときに株価が回復に向かうと考えがちです。でも実際は好不況のサイクルと株価の高低サイクルのタイミングが常に一致するとは限りません。たとえ一致していたとしても、それはあとからわかることです。」
(関連記事)
2008/12/16 市場への過剰反応にご注意

一般的には株価は景気に半年先行すると言われたりもしますが、実際にはそうならない場合もあるようです。
なので、一定のアセットアロケーションを崩さないよう、淡々と市場にとどまり続けたいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


(追記)共同声明が採択されたようです。声明骨子も掲載されています。
毎日jp 2009/04/25 G7:共同声明で年内回復基調入りに言及 リスクも強調
関連記事


  





コメント

うむむ

こんにちは
どうでしょうか・・・・正直 政府やG7あたりの声明は全然
意識していないですw 国内ですと日銀短観 米国ですと雇用統計
でトレンドが分かると思います。
素人見立てでは 底割れは景気対策で回避もL字に近いトレンドで
景気対策効果が切れるのと金融機関の回復の時間勝負だと思って
います。それを予測するのは無理ですのでどっちに転んでも良い
ようにしておくだけしかないですよね。

G7声明

住宅価格、雇用統計等から まだまだ安心できるとは思えませんが・・・・
住宅価格が上がらない限り、米国金融機関、簿外を含めて 不良資産は解消には向かいません。

こんばんは!
今回のG20の声明は楽観的な感じもしますが投資家心理を改善するにはいい影響を与えたのでは?
最近は悪いニュースにも耐性ができたので、いいニュースには反応が大きいのでは、と思います。

>龍王さん

何に着目しているかは人それぞれですね。
僕は世界経済に対する各国のウィルみたいなものをざっくり見るのにG7(最近はG20も)の声明はいちおう見ています。


>けんたさん

声明でも「下振れリスクは残る」と言っていますが、まだまだ予断を許さない状況だと思います。
住宅購入希望者は戻ってきているけどローンが組めない人が多いなんていうニュースもありました。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37699920090426


>いわしぃさん

何故かあまり話題になっていませんが、今回のG7の直後にG20も行なわれているんですよね。
http://www.nikkei.co.jp/news/past/honbun.cfm?i=AT2C25005%2025042009&g=MH&d=20090425
財政出動などの進ちょく確認をしたようです。
いい影響が出るといいですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)