ニッセイ基礎研究所の債券ポートフォリオ運用戦略

水瀬ケンイチ

ニッセイ基礎研究所のレポートに、債券のポートフォリオ運用戦略についての興味深いレポートがあったのでご紹介します。

ニッセイ基礎研REPORT 2009年5月号
債券のポートフォリオ運用戦略

債券投資といえば、金利動向を予測して、今後の金利上昇を見込むのであればデュレーションを短くして(短期債・MMFなどに投資)価格下落幅を小さくし、今後の金利低下を見込むのであればデュレーションを長くして(長期債などに投資)価格上昇幅を大きくして収益を拡大するというのがポピュラーな運用戦略のように思われます。
(僕はそんなアクティブには運用していませんが…)

このレポートでは、金利動向の予測に頼ってデュレーションを短くしたり、長くしたりする債券投資手法は非常にリスクが高いとしています。
そして、デュレーション操作以外の方法で、収益を得られる方法を提唱しています。



金利の方向ではなく、金利の変動(ボラティリティー)やイールドカーブの動き(スティープ化、フラット化)の予測によって、ダンベル型ポートフォリオ(短期債と長期債)、ブレット型ポートフォリオ(中期債のみ)、ラダー型ポートフォリオ(短期債から中期債・長期債をまんべんなく)という3種類のポートフォリオを使い分ける戦略です。

専門用語になんのこっちゃ?と思われるかもしれませんが、レポートを読んでみると思ったより難解ではなく、「へ~そんな戦略もあったんだ」という感じです。
個人投資家が小額からやるにはハードルが高いような気もしますが、新しい切り口の戦略を知ったような気がします。

個人的に、将来はポートフォリオの債券比率を高めていく予定です。
なので、債券投資の重要性は増していくのですが、株式と比べてなかなか情報が少ないのが現実です。そういう意味では、貴重なレポートでした。
いやー、債券投資は実に奥が深い。

ご興味があるかたは、ご一読されてみてはいかがでしょうか。

※レポートはニッセイ基礎研究所の見解であり、水瀬の意見そのものではありません。本記事は単なるレポートの紹介と感想であることを予めご了承願います。


(関連記事)
2008/07/14 「いま債券投資が面白い!」(前川貢著)は貴重な外国債券投資の実践本
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ