「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」4月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」4月分の投資を、本日4月28日(火)に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、株安・円高が進んだところでの投資になりました。
まあまあよい買い物ができたのではないかと思います。

購入投資信託は以下の3本です。

STAM グローバル株式インデックス・オープン
インデックスファンドTSP
※上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
STAM グローバル債券インデックス・オープン

世界金融危機を受け、世界経済は予断を許さない状況でしたが、新型インフルエンザの感染拡大というネガティブ要因が加わりました。
世界経済の回復にはまだまだ試練が多そうです。
(関連記事)
2009/04/27 豚インフルエンザへの対策

しかし、世界経済がどうなろうとも、低コストの商品を厳選し、しっかりと分散したポートフォリオで愚直に投資を継続したいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
(STAM グローバル株式インデックス・オープン、STAM グローバル債券インデックス・オープン、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF、iShares MSCI EAFE Index Fund)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)


(追記)2009/04/28 23:45
記事の表現が不謹慎であるとのご指摘をいただき、一部訂正させていただきました。
不快に思われた方がいらっしゃいましたらお詫びいたします。

関連記事


  





コメント

言葉のあやとは言え、多数の死者も出ているものに対してその言い方はいかがなものかと思いますよ。

横道ですが

>不謹慎?さん、

そんなに万人が気にしなくてはいけないことですかね。
背水の陣、四面楚歌など、人がたくさん死んだ出来事を由来とする言葉もたくさんあります。
背水の陣という用語を使って頑張るなどというのは戦死した趙軍の兵士にはとっては不謹慎ですかね。

もちろん、そういうことを気にする人がいてもいいとは思いますが、万人に強制できる問題かは難しいところではないでしょうか。

>不謹慎?さん

ご指摘ありがとうございました。
ごもっともだと思いましたので、記事を訂正させていただきました。


>吊られた男さん

フォローしていただきありがとうございます。
逆張り状態の投資については、ある方々からすれば人の不幸を喜んでいると受け取られかねないことはやむを得ないことだと思ってはいますが、今回の件については自分でもご指摘に納得して記事訂正をさせていただきました。

逆張りってそうなんでしょうか?買うタイミングが違うだけで上昇を期待していると言う意味では順張りとさほど変わらないと思いますけど。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)