スタイルの違う投資家同士の会話

先日の職場での昼休みのこと。
4月に配属された新人君(20代後半)が投資に興味があるとのことで、先輩たちに投資についていろいろ聞きまわっていました。

やはり、投資をしている先輩は少数派のようです。
ようやく見つけた何人かの投資をしている先輩たちが新人君のまわりに集まり、投資の話になりました。
当然のことながら、いろいろなタイプの投資家がいました。

Aさん 「まずは基本から財務諸表を勉強しないとね」 ←財務出身の40代課長
Bさん 「いやいや、チャートの勉強を!」 ←独身貴族の営業30代
Cさん 「今ならFXが人気だよ」 ←アラサーOLちゃん
Dさん 「悪いことは言わない、財形貯蓄にしとけ」 ←営業40代(最近マイホーム購入)
Eさん 「インデックス…(ボソ)」 ←誰でしょう?
とこんな感じで、てんでバラバラ。
困惑する新人君(笑)

最初のうちは、先輩たちの間で、お前のやりかたはおかしいとか、新人に教えるべきじゃないとか、ちょっとしたバトルになりました。
そもそも、貯金派も含め、みんな投資スタイルが違うので当然です。
しかし、みんな新人君を大事に思っているからこそ、お互いに主張を譲ろうとしません。
新人君そっちのけでギャーギャー言い出す先輩たち。
「いや、テクニカル分析もファンダメンタル分析も必要ない」
なんて言い出そうものなら、八方から攻撃され、収拾がつかなくなりそうな雰囲気です。

そのうちに、面白い展開になりました。
「じゃあお前は今儲かっているのか?」
という話になり、
「おれはひどいマイナスなんだ…」
「実は私もマイナスです」
と告白しだしました。
昨今の世界金融危機は、様々なタイプの投資家にダメージを与えているようです。
「なんだ、今時期みんな損失をこうむっているのは同じだな」
という妙な連帯感が生まれ、場が和んできました。

そして、40代課長から、
「投資スタイルは人それぞれで、どのスタイルを選ぶかはお前(新人君)次第だ」
という話が出て、最後には、
「損しても冷静でいられる金額に抑えておけ」
という話で満場一致となりました。
僕は、スタイルの違う投資家同士の会話が、最終的には「リスク許容度の範囲内」で一致を見たのは実に興味深い…なんてひとり納得してしまいました。

新人君は、分かったような、分からないような神妙な面持ちで、
「はぁ、ありがとうございました…」
と言って、PCに向かい仕事を始めました。
彼がどんな投資デビューをするのか、ちょっと楽しみです。
関連記事


  





コメント

投資は、まず、最初の一歩を踏み出すこと、始めることが
重要ですよね。

で、試行錯誤して、自分なりのスタイルを見つけること。

他人の言う事なんて、どうだっていいんですよね。
ファンドマネージャーと違って、自分の資金なんだから。

あとは、"Good Luck" です (笑)

FPの人いわく

仕事からFPの人と会話することがありますが、「漠然と将来に
不安を感じて投資を始める人が多すぎる(心配しすぎ)」と「そういう
人に投資ガイドラインをアドバイスするのは目的・ゴールがあいまいで
難しい」そうです。

投資を始めることの前に 投資の目的と目的を達成するための手段の
1つに投資がある ってことを言ってあげる 理解させることが上司
として大事かもしれませんね

私見ではありますが・・

 どんなアプローチをとるにしても投資に関しては
 過大な投資に走らない、必要以上のリスクをとって過大な
 リターンを求めないのが無難で長く継続できるコツでは
 ないかと感じています。

 今回の事態でストレスを感じておられる方などは成果を求めすぎて
 知らず知らずの間に自身がとってはいけないくらいのリスクを
 取りすぎてその結果今回の暴落相場に遭遇してしまったのが
 一因のような気がします。
 長く比較的にストレスを感じないくらいの範囲でのんびり
 やるのがいいと思います。

おはようございます。
相変わらず戦闘能力【番外】のコータローです。。。

『少しの失敗』→『そして勉強』→『自分で納得できるスタイル』の流れが長い目で見ていいのかなって感じもしています。納得したやり方が一番ストレスなく続きますもんね。
新人さんは混乱したかも知れませんが先輩達からいろんな話を聞けたことは良かったんじゃないかと思います。

私なら、まずはあるじゃんでも読んで勉強でもしてもらって、当面は財形貯蓄とネット定期の併用での貯蓄を勧めるかなあ。投資を始めるのはある程度の資金ができてからにすべきだと思いますし。
しかし、いきなりFXを勧めるのはどうかと思いますね。今なら人気と言っている辺り本人も良くわかってないのではと言う気がします。新人さんよりもCさんが心配です。
まあ、相手がまだ若い新人ということを考慮すればAさんとDさんが正解に近いかなと言う気がします。後の方はアドバイスと言うよりも持論の押し付け気味かも。

独断ながら・投資以外に活路なし、20年後ではもう遅い

おはようございます。
新人ながら投資に興味を持ったということは素晴らしいことです。
興味がないと始められませんし、早く始めるほど基本的には有利だからです。
私自身の考えでは今の日本では投資は必要事項になってしまったという認識です。
具体的な一番の必要性は老後資金です。
昭和36年4月2日生まれ以降の人は年金支給が65歳からです。
親の世代より支給開始が5年間遅くなりました。(厚生年金)
もし60歳定年のままならば5年間の生活費が余分に必要になります。
年金制度はなくならないでしょうが、年金だけで十分とは思っている人は少ない(いない)でしょう。
現在の高齢者(65歳以上)は余るほどの貯蓄を持っていますが、それでも元本取り崩しには非常な不安を感じています。
ましてや超低金利で、親と同じ金額の貯蓄ができたとしても長期的にできる資産額ははるかに少ないものになります。
例えば一定の元金を30年間定期預金だけで運用した場合、親の世代の5%と今の世代1%とすれば、30年後の資産額は約4倍の差ができます。親の世代が4000万円(高齢者平均貯蓄額に近い)とすれば、今の世代は1000万円程度です。
この差の3000万円分が、親の世代と比べたあなたの不足分です。
この明確な不足部分が、長生き(するかもしれない)による老後資金不足への漠然とした不安でしょう。
かといって金利差を克服できるほど貯金額を増やすことは賃金が伸び悩む今はできません。
この差を埋めるには資産運用しかないというのが大多数の人につきつけられた現実である以上年率5%程度の資産運用は絶対に必要との決論に至ります。

不安要因としては
賃金の伸び悩み(賃下げ)
国民負担の増加による可処分所得の減少
超低金利の長期持続(国策・国債支払金利抑制のため)
人口減少によるGDPの低下、それによる経済の停滞
国際競争激化による敗北、または利益率の低下
資源価格高騰による国際競争力の低下
国債乱発による将来負担の増加
インフレ(購買力の低下)
等があります。
これらを肌で感じて漠然と不安を感じるのでしょうが、意識している人は明確な不安を感じています。
あるだけの資産で、窮乏生活をすると言う選択を取る(取らされる)人以外は、日本が劇的な構造転換でもしない限りは(既得権益者が必ず邪魔をする)投資によって活路を見出すほかにありません。

新人に対するアドバイスとしては

>Dさん 「悪いことは言わない、財形貯蓄にしとけ」 ←営業40代(最近マイホーム購入)

が正しいと思います。
ある程度お金はあった方が余裕を持って投資もできますよね。

それからは一通りやってみて得意なものとアドバイスすると思います。

自己投資という意味ならば・・・

>Aさん 「まずは基本から財務諸表を勉強しないとね」
というのもありかと思います。
会計や財務の知識は社会人としてあって困るものではありませんし、会社によっては簿記や公認会計士といった資格の取得に対して奨励金を出してくれたり、給料面で評価してくれる所もありますから。

そして財務諸表の勉強と並行して財形貯蓄や定期預金もしくはMRFやMMFで資金を積み上げ、ある程度手許資金ができてから一部資金を投資に移行させるのも悪くない戦術だと思います。

因みに個人的には、こんな(http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009050100974)夢も希望も無い世の中では、投資とは全く無縁のライフプランはあり得ないだろうと考えています・・・。
( ̄w ̄;)

投資は(インデックス投資であっても)30年経っても1%はおろか元本割れしている可能性もあるわけですから、勧める側はその事をしっかり説明してあげるべきだと思います。
やはり元本が保証されていて(その時点で)なるべく金利の高い預金や国債等で資産を増やしながら余裕ができたら投資がいいんじゃないかな。と言うか、新人君のためなら色々言うより山崎氏の本を読ませるのが一番かも。

わかりやすいのは・・・

山崎 元さんの「超簡単お金の運用術」を読ませるのが一番です。
さらに、水瀬さんのHPの中で新人の人が疑問に思っている事が有れば、それをトピックに上げれば僕も回答できます。
皆で解決する為の糸口を新人さんに教えてあげるのは如何でしょうか?

生活防衛資金というお話しは出たのでしょうか?

>Dさん 「悪いことは言わない、財形貯蓄にしとけ」 ←営業40代(最近マイホーム購入)

Dさん版 賃貸派 定期預金派
が損出が少ない(ない)ように思えます^^;

Eさんになるまでには、しっかりと貯蓄が必要かもしれませんね・・

私のアドバイス

私がアドバイスするなら
「投資資金を毎月入れられるくらいの給料を稼ぎなさい。それまではひたすら勉強」

投資の成否より毎月のキャッシュフローの組み立てのほうが数倍大切です。少なくともドル・コスト平均法(積み立てパワー)くらいは勉強してきてほしいですね。

>ひろんさん

>>投資は、まず、最初の一歩を踏み出すこと、始めることが重要

そうなんですが、その一歩がなかなか踏み出せないようですよ。
まあ無理に踏み出す必要もないのかもしれませんが。。


>龍王さん

たしかに、投資の目的が漫然とした不安解消というかたも多そうです。
FPさんの実感なんでしょうね。


>九州FPさん

のんびりいきたいものですね(^^)


>コータローさん

少なくとも、いろいろな投資法があるということだけは伝わったのではないかと思われます。


>緩熊さん

僕もCさんは少々心配です。
金融危機と同時進行した円高で相当ヤラれたみたいです。


>江戸の隠居さん

新人君の投資の目的はいったい何だったのか、話題にならなかったので今となっては分かりませんが、老後資金の可能性は高いような気がします。
しっかりした奴なので。


>ぷれでたさん、点額法師さん、TAさん、預金王さん、kackyさん

僕の書き方が悪かったのだと思いますが、新人君はうちの部署にとっての新人なだけで、既に入社6年目の中堅社員です。
貯蓄もそれなりにあり、余裕資金の運用をということで、貯蓄ではなく投資の話が聞きたかったようです。
新人君の状況をもう少し書いておけばよかったですね。
申し訳ありませんでした。


>タカちゃんさん

>>山崎 元さんの「超簡単お金の運用術」を読ませるのが一番

それはいいかもしれませんね。
今度何か聞かれたら薦めてみようかな。

>>皆で解決する為の糸口を新人さんに教えてあげるのは如何でしょうか?

お気持ちは大変ありがたいのですが、このブログのことも水瀬の正体も会社には内緒にしておりますので、ご勘弁を!

ここに出てくる「新人」そのものなのですが

はじめまして、小金虫といいます。
入社数年の20代後半中堅社員・・・まさにここに登場する「新人」さんそのものの立場におります。

夫婦共働きで少しは貯金も出来てきたのですが、多少利率の高めの定額貯金をしている程度で、投資を始めてみたいと思い、「臆病者のための株入門」「内藤忍の資産設計塾」などを読み、インデックス投資を検討している中で、本ブログを拝見させて頂きました。

・共働きで子供もいないため、生活資金はさほど必要ない
・目標は早期リタイア

といった状態のもとで、以下のような投資を検討しています。

・国内株式・・・ TOPIX連動ETF (20%)
・国内債券・・・ 既存の預貯金 (20%)
・流動性資産・・ 普通預金    (10%)
・外国株式・・・ TOK (50%)
・外国債券・・・ なし ( 0%)

上記の考え方と致しましては、単純に国内:国外=50:50にした後、国内資産のうち10%を生活費その他として流動性資産としています。

そして残った40%を株式:債券=1:1に分割し、20%づつとします。
債権部分に関しては、すでに定期預金があることと、国債とそれほど利率が変わらないことから、国債ではなく定期預金をこれに充てます。

国外資産ではリターン重視で株式:債権を1:0とし、外国株式を50%とする・・・といった具合です。


初心者なりに考えてはみたのですが、迷いや分からないことだらけです。
周囲に指導を仰げる経験者がおらず、上記に関して、諸先輩方からご批判、ご指摘を頂ければ、これほどありがたいことはありません。

よろしければ、是非アドバイスお願いいたします。

楽しいブログですね。

こんばんは。いつも楽しく見ています。
楽しいやりとりですね。
うーん。私も昨年秋からの金融危機でかなりやられています。
我慢ですね。売りたくなったら、このブログを見ています。

結局

これだけ金融知識のある人たちのコメントでも千差万別みたいですねw
20代なら まずは本業である程度の収入を稼げるようになることが
第一も 投資経験はある程度早いほうが良いのも事実ですからねぇ。

その方の性格・将来像などが見えないから余計にだとは思いますが
仕事に支障なく苦しくない程度に出来るならやってみては?ですかね

楽しく拝見させて頂きました。ちなみに私の20代はほとんど遊びに
使い込んでおりましたけどねw いま振り返っても良かったと思えます

こんばんは

いろんなコメントが参考になります。
うさみみは、娘に投資をどう教えていくかということとかぶらせて読んでいます。
自分のことではあまり意識してないかもしれませんが、娘にってことを考えていろんなブログを見ています。

うさみみの若い時代とは、投資コストが格段に違います。
うさみみは貯めてからでしたが、早く投資を始めるということも一理あって。
どんなに考えても。。。なかなか難しいことですよ(^^♪

投資の目的

投資の目的が何なのかが重要なポイントになりそうですね。
私は家庭を持つまでは、老後の備えなんて全く考えた事も無かったですし、わずかな貯蓄もイイ車に乗りたいという動機で貯めていたものでした(もし当時リスク資産に手を出していたら投資よりも投機に興味を持っていたと思います)。
新人の時から「将来を見据えた投資」を考えているのでしたら、非常に羨ましい話ですし、投資スタイルはともかく、皆で応援してあげたいですね。

私も、こないだ同僚に「FXて主婦でも簡単に儲かるってホントですか?」とか聞かれました。
ウチの親には投資のアドバイスは損した時にトラブルの元だから絶対に止めろと言われているので
Dさんのように財形薦めておきました。

会社で投資話ができる仲間がいると楽しそうですね。

>小金虫さん

僕はいち個人投資家であり、ブログで自分の運用を公開することはできても、自分以外の人さまの運用にアドバイスできるような者ではありませんので、お答えしかねます。申し訳ありません。
ご自身が良いと考える投資を自己責任で行なってくださいね(^^)


>愛犬クロリスさん

僕もかなりやられています。
まあ20~30年後を見据えてのんびり構えていこうと思っています。


>龍王さん

ホントに千差万別ですねえ(^^;;

>>その方の性格・将来像など

実際の投資アドバイスでは、このあたりがとても重要になってくるのでしょうね。


>うさみみさん

娘さんの投資教育、うさみみさんなら手堅くされそうですよね。
うちのブログが何かの参考になったのであれば幸いです。


>じゅん@さん

新人君の投資の目的は、おそらく老後資金だと思われますが、これは聞いておくべきだったかもしれませんね。
「皆さんの投資の話を聞かせてほしい」と言われただけとはいえ。


>名なしさんさん

うちの会社でも投資話ができることは滅多にありません。
今回は新人君が投資経験者を集めてヒアリングしたので投資話になった次第です。そもそも、投資経験者自体があまりいなかったようですし、投資話をする機会はなかなかないのが現実ですね。

もし私がヒアリングされた側だとしたら投資なんてやってないと答えます。少なくとも(友人と言えるレベルを除いて)職場の人間に知られてもトラブルの元にしかならないと思っていますので…。
実際にはそういう方もいるのでは?

RE.

なるほど、現実にはなかなかアドバイスを仰ぐ人を見つけるのは難しいのですね。
それではETFを使ったインデックス投資をする上で、お勧めの本があれば教えていただけないでしょうか?

>TAさん

投資していても黙っているかたはいるでしょうね。
我々の会話にこっそり聞き耳を立てていたりして…(^^)


>小金虫さん

ETFを使ったインデックス投資となると、
「ほぼ確実に世界の経済成長があなたの財産に変わる最も賢いETF海外投資法」(北村慶著)
「日本人が知らなかったETF投資」(カン・チュンド著)
などが参考になると思います。

ETFに限らずインデックス投資全般についてであれば、当ブログの「投資本の書評」カテゴリーもよろしければどうぞ。ご参考まで。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-category-4.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

若い世代からの資産形成を想像していく[2009-17]

Around40を迎えたうさみみの資産形成と、娘達が大人になった時の資産形成というのは、かなり様子が違うと想像しています。「時代」の違いはもちろん大きいです。働く環境もちがっているかもしれません。何より周りの雰囲気が違っているはずだと思います。前回の日記、「生...

新人の個人所得損益計算書分析

「大卒で一人暮らしを始めた男子、と設定しましょう。まず初任給の平均ですが、200...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)