【コメントにてアンケート実施中】 企業型401kの商品ラインナップについて寄せられたWerder Bremenさんからのコメント集

先日の記事、「アクティブ型ファンドのみを提供することが401k加入者にとって良いこと?」について、読者の方々からたくさんのコメントをいただきました。
ありがとうございます。

なかでも、Werder Bremenさんから、実態が分かりにくい企業型401kの商品ラインナップについてたくさんの情報が寄せられました。
たくさんの金融機関、官公庁、商工会議所、関連ブログ等幅広いWEBサイトから実例情報が集められています。
とても有用だと思ったので、ご本人のご了承のもと、コメントをまとめて再掲させていただきました。

なお、コメント内にもありますが、この情報をご参考にされる場合は、情報の真偽を含めご自身でご確認いただき、取り扱いは自己責任ということでお願いいたします。

それではどうぞ!(長文になります)

(追記)209/05/06 16:25
コメント欄で、企業型401kについてのアンケートを行なっています。
よろしければコメントいただけたら幸いです。
(アンケート内容については、第1コメントをご参照ください)




[2009/04/29 19:03] 401Kが導入される前に闘うのが最善かと

奇遇ですがとよぴーさんのところで(↓)、会社で401K導入の噂話を耳にしたら、この資料を持って事務所に急行したほうが・・・(↓)、と話していたところです。

http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-688.html#comment

http://nakatatarou.blog110.fc2.com/blog-entry-445.html

読者(相談者)様はお気の毒としか申し上げられません。企業型401Kより不利と言われていた個人型ですらここ数年で、0.2~0.3%台のインデックスファンド(及びそのバランスファンド)が利用できる状況にあります。上記、URLの一覧表参照。(超巨大)企業型の場合、運が良ければ0.1%台のファンドが使える有利な面もあるのですが、弱点は会社(福利厚生担当の総務部門)が決めた金融機関と嫌でも末長いお付き合いになってまう、会社を辞めるか転職しない限り。

とよぴーさんにも”策”を授けましたが、
1.勤務先で企業型401K導入の噂を耳にする。
2.総務の担当者へ上記、URLの一覧表を持って直行!
3.個人型401Kでも0.2~0.3%台のファンドがゴロゴロ入っているんだから、企業型も当然と一覧表を金融機関のセールスマンに渡すように伝える。総務の担当者が無知な場合、金融機関に丸め込まれる可能性があるので、Werder Bremenが住銀の支店長をなぎ倒したように強かに闘えと指示する、ゴホゴホゴホ(汗)。

やはり企業型401Kが導入される前が勝負どころでしょう。一旦、金融機関が決まってしまうと、覆すのは難しいかと。あの一覧表を見せれば、

「こっちはお見通しだよ。ガラクタは持って来ないでね。」

の無言の圧力になります。先制攻撃、威嚇射撃が肝要かと。

>企業規模などにより違うので上を見ればきりがありませんが・・・

ハッキリ言ってこれも重要でしょうね。加入者が多ければ、低信託報酬手数料でも金融機関は元が取れますから。小生、元勤務先の企業型401Kは国内外株&債券、4本とも0.2%台、インデックス型バランスファンドでも0.2%台でした。従業員数は子会社、関連会社を含めて1万人弱程度。海外工場の外人従業員は日本の401Kに加入できないでしょうからこれは除きます。因みに、大企業だと総務?の要望も聞き入れ、外債は野村のインデックスファンド、日本株は大和、外国株は中央三井とかバラバラ、同じ金融機関系列に拘りなく有利なものが選定されるのでしょう。オーダーメードの紳士服という感じ。これに対して、憶測ですが、中小企業の場合、不利なファンドを押し付けられる例として・・・(↓)。パッケージ商品が押し付けられているのではないかと・・・。読者(相談者)様のケース、日本株だけインデックスファンドで、その他のアセットクラスは全部、ガラクタ・アクティブファンドというところが似通っています。

http://www.shonai.co.jp/company/unyou/401k/index.htm

http://www.shonai.co.jp/company/unyou/401k/DC_plan.pdf

特に地方の中小企業の場合、運転資金を地方銀行、信用金庫等々から借り入れて金融機関に首を抑えられている。提示されたプランを断れず・・・、好むと好まざるとに拘らず。付き合いのある生損保、証券の場合も同じかと・・・。会社の規模や、事業会社と金融機関の力関係等々で決まると想像されます。まさか総務の人間が金融機関の担当者から賄賂を・・・。これは知るすべもないし、防ぎようがありませんね(汗)。

>この場合、販売会社は読者さんの会社になると思われますので・・・

これは違うでしょ。上記の場合だと、販売会社は荘内銀行。受託と委託が損保ジャパン(と子会社の損保ジャパンアセットマネジメント)。勤務先は従業員の掛金、口座管理手数料を払うだけのはずです。
【水瀬注:この部分は僕の記事に対するご指摘事項です。記事に追記をさせていただきました】




[2009/04/29 21:39] 追加:労働組合を使う手も・・・

三井三池炭鉱争議や安保闘争をやっていたころの力は”労組”には最早ありませんが、企業型確定拠出年金導入前に使える”策”はまだあります(↓)。右サイドバー、STEP3、「年金規約の作成と承認」をポチット押して下さい。

http://www.sjdc.co.jp/401k/intro/kiyaku.html

労使間で合意が必要です、法律で?御用組合、弱体化したとはいえ、”条件闘争”くらいはできるでしょう。あのURL、一覧表を使って。従業員数、云わば、たった一人の、不利な個人型401Kですら0.2~0.3%台のファンド使えるんだから、最低でもこのくらいの条件じゃなきゃ企業型401K導入反対!と社内労組に頑張って貰うという作戦もありです。

とにかく、やるなら”導入される前!”(←ここ重要!)。




[2009/05/01 17:19] 深い闇をつらつらと箇条書きしてみると・・・

1.かえるさんのコメントによるとファンド1本、確定拠出年金に設定、追加するにも”カネ”が掛る?10~1000万円?金額も”闇”っぽいが、問題は誰が何処に払うのか?勤務先の会社?金融機関?それとも加入者(労働者、従業員)?こうなると、1万人の従業員で払うか、100人の従業員で負担するか。金融機関が自腹で払うとしても、従業員数1万人の加入者のために払うとなればあとあと、”元が取れる”と感じるか。従業員(加入者)、100人のために払う気になるか・・・で状況が異なるはず。この点に関しては、「規模」の論理が成り立つ。

2.いくつかのコメントにもあった勤務先企業側の担当者の”無知”、或いは日本固有の商慣習(袖の下、魚心あれば水心、馴合い)、或いは金融機関側の自社への利益誘導。東京海上日動のケース、小生、引用した損保ジャパンのケースでは明らかに”自社商品”が多い。

因みに会社員でも個人型401Kに加入できるケースがある。基本的に、この場合は、個人で自由に金融機関を選択できるはずだが・・・(↓)。2008/08/07、08の記事。自由に選べるはずの個人型401Kですら”選択権”が無い?まさに”日本固有の商慣習”?まして企業型401Kなら、なおさら取引関係にある金融機関と・・・orz。推して知るべし(悲)。
http://blog.haru-setsuyaku.com/?cid=31188

3.企業型401K導入に伴う、投資教育、規約作成、システム構築・プログラミングに掛るコスト。インデックスブロガーやその読者だったら、山崎氏や内藤氏や竹中氏の本でも読んで自分で投資判断するから大丈夫。ところが、世の中、まだまだそんな人達は少数派。社員(加入者)に”投資教育”を施さなければいけないという決まり(法律?)がある。定期的に?小生の場合も住信のオバちゃん行員が来て、2時間ほど説明会があった。でも一番、カネが掛りそうなのは”システム構築・プログラミング”?小生の元勤務先(住友系)の場合、窓口金融機関は住信だったが、日本株は大和、外国株はDIAM、外債は野村、定期預金は三菱、保険は三井住友海上・・・バラバラ、自社商品に拘らず。ところが同じ住友系でも違う事業会社が企業型401Kを導入する場合、日本株はDIAM、外国株は日興、外債は中央三井、定期預金はりそな、保険はあいおい・・・とか、各社ごとにシステム・プログラミングが違うはず。これに掛るコストはどれくらいかは判らない。従業員数が少ない会社(50人、100人)ごとに異なるシステム・プログラミング構築して、割が合うかどうか。この場合も、「規模」の論理が成り立つ。恐らく東京海上日動や損保ジャパンのケースで、北海道の食品会社でも、九州の電子部品製造会社でも、全国、同一の”パッケージ商品”を使わせて、個々の会社ごとにプログラミング・システム構築をせずに済むようにしているものと推察できる。

ここで読者(相談者)様の究極のご要望、「個人型DCでも0.2~0.3%台のインデックスファンド使えるんだから、企業型DCでも国内外株&債券、4本とも新たに導入してよ!」。読者様が北海道の食品会社に勤務し東京海上日動の企業型プラン(パッケージ商品)を利用していると仮定。ところが中部地方の自動車部品製造会社も、関西地方の医療機関も・・・全国、数十、数百社が同じプラン(パッケージ商品)を利用している。読者様の勤務先だけに新たに4本の投信を加えることが出来るか否か?規約の書き換え、労使の合意、プログラムの修正・・・これを同じプランを使っている全国、数十社、数百社と交渉、同意を取り付ける・・・。

同一のパッケージ商品を数十、数百社で使っている場合は”壁”があるかも。個々の企業ごとに、オーダーメードで作った企業型401Kなら、他社の企業型401Kと

”互換性”(←これ結構大きいかも)

の問題は生じない。

4.一縷の望みもあります。東京海上日動、企業型プランに”「総合型401k」とは、当社が日本で初めて開発した画期的な確定拠出年金規約です。複数の企業を1つの年金規約で運営し、かつ個別企業の事情にあった制度設計が可能なプランです。”と書いてある(↓)。
http://401k.tokiomarine-nichido.co.jp/manager/support/su-index.html
”かつ個別企業の事情にあった制度設計が可能なプランです。”この文言を、「インデックスファンドの追加設定」が出来るとも解釈できますね。後は金融機関の良心に期待したいところ。例えば、個人型401Kで鹿児島銀行のケース。ここ2、3年のうちに投信の追加設定がなされ、信託報酬手数料の低減が実現した。例の”一覧表”参照。当然、金融機関側の”儲け”が減る訳ですが、それを承知の上でやってくれる金融機関も少ないけど、あるにはあるわけです。因みにユウキさんがご指摘のように、30商品(元本確保型、投信含めて)程度は可能という話(↓)。個人型401Kでスルガ銀行、31アイテム(商品)、日興で30アイテムも組み込まれています。制度上、問題ないでしょう。投信4本くらい追加設定してもキャパの問題無し。
http://www.benefit401k.com/Morningstar/401k-PortabilityGuide/doc/select_03b.html

5.まだ企業型401Kが導入されていない、これから企業型401Kが導入される会社に勤務している場合の「対策!」(笑)。1~4のように、様々な”闇”、”ハードル”、”障害物”、”壁”が有りそうですが、諸々の方々のコメントから察するに、

イ.金融機関と交渉窓口となる総務担当者に”悪知恵?”を授ける、例の一覧表を見せて。
ロ.企業型401K導入に際して、法律で労使間の合意が必要。労働組合にも総務担当者と同様に”悪知恵?”を授ける。

総務&労組、タッグを組んで金融機関に立向う。勿論、読者皆様、個々人の判断でお願いしますよ!会社に煙たがられて”首”が飛んでも小生、責任持ちませんよ。自己責任でお願いします。

とにかく、繰り返しになりますが、闘いどきは企業型401Kが

”導入される前!”

長々と書き失礼しました。ホナ。




[2009/05/02 08:53] 何度もレスして申し訳ありませんが・・・

頭の中で想像していた、企業型401Kの”闇”、”疑惑”が”確信”に至ったのでコメントさせて貰います。
1.横浜銀行(↓)
http://www.boy.co.jp/kojin/sonaeru/nenkin/hojin01.html
2.千葉銀行(↓)
http://www.chibabank.co.jp/m/n_0.html

http://210.239.47.176/news/world/politics_kiji.php?i=seikei07030610094501

企業型401Kの例として挙げた荘内銀行は”損保ジャパンDC”の玉、一発しかなかったので確信が持てなかったのですが。ところが千葉銀行、横浜銀行の例を調べてみると、企業型401Kプランとして、それぞれ3発、4発、保有している模様です。横浜銀行の場合で説明します。上記、横浜銀行、URLの一覧表に(プラン名)、(設立形態)と記載があり「はまぎん企業型401K(単独型)、はまぎん明治安田&第一生命&ニッセイ(いずれも総合型)」があります。千葉銀行の場合も同様の記述があります。問題は

”単独型”か”総合型”

かということです。小生、前回のコメント欄で”オーダーメイドの紳士服”と表現したやつがこの”単独型”に相当します。はまぎん企業型401Kのボタンを押してください。重要な文言が書いてあります。以下、抜粋。

「単独型」ならではの特長
1.運用商品ラインアップの独自選定が可能
2.資産管理機関の独自選定が可能
3.プラン名称に社名の利用が可能(○○○企業型年金規約)

抜粋、終わり。項目No.1がまさに”オーダーメイドの紳士服”に相当します。しかるに、例えば、はまぎん第一生命(PDF)の資料p3/4、2運用商品の表の下に、小さな字で書かれた重要な文言を発見しました。以下、抜粋

運用商品は第一生命DCスマートプラン(運用商品パッケージIV型)共通のものとなり、第一生命が選定します。したがって、企業様ごとに選定することはできません。

抜粋、おわり。はまぎん・明治安田(PDF)、p1/2、「特徴3:商品ラインアップ」の表の下にも小さな文字で同様の記載があります。これが小生、前回のコメントで指摘した、

>読者様の勤務先だけに新たに4本の投信を加えることが出来るか否か?

残念ながら、酷な言い方になりますが、私は出来るだけ”正直に物申す”を身上としていますので、失礼ながら、敢えて言わせて頂きます。

「総合型(パッケージプラン)では上記のような文言が入っており、これを会社の総務、労組が受け入れた以上は・・・」

残念ながら、横浜銀行の表にある「企業規模の目安(正社員数)」。横浜銀行の基準では「300人以上か、以下か」が”単独型”か”総合型”かの運命の分かれ道としか申し上げようが・・・。

加入者(社員、労働者)側から見れば、「信託報酬手数料」のコストに目が行くのですが、勤務先企業の立場で言うと企業型401Kの導入、システムの維持に”コスト”が掛るようです。はまぎん・明治安田(PDF)、p2/2、「特徴2:低コストで制度運営」に記載の文言は小生、前回のコメント欄、項目No.3に該当します。千葉銀行に関する2個目の記事にも同様のことが書いてあります。

霧が晴れて、漸く見通しがついたかと思ったら、目の前に203高地の日本兵の死体の夥しい山を見たような残酷な光景です。

まだ企業型401Kが導入されていない、これから導入される可能性がある企業にお勤めの読者の皆様にWerder Bremenなりの率直な考え、修正案を述べさせて頂くと、

A)中小企業、企業規模が小さい場合。総合型(パッケージプラン)を受け入れざるを得ない場合も想定し、それでも、より”マシ”な総合型を選択するように、総務&労組に働きかける。このブログネタに登場した、東京海上日動、損保ジャパンの総合型の場合、日本株以外のアセットクラスにインデックスファンドが組み込まれていない。然るに、はまぎん・明治安田&第一生命&ニッセイのような場合、STAMインデックスシリーズより信託報酬手数料が高いとは言え、曲がりなりにもインデックスファンドが入っている。ダメならばダメなりに、少しでもマシなほうを選択できるように働きかける。

B)企業規模が大きい場合。オーダーメードの”単独型”だから安心?横浜銀行のHPに

>現行の適格年金は、平成24年3月までに他の制度に移行(もしくは廃止)
>する必要があります。401kは適格年金の受け皿として有効な手段です。

まだ企業型401Kに移行していない会社がワンサカ、有るようです。”総合型”のパンフに、「”単独型”より短期間で導入できるメリットがあります。」なんて記述もあります。そりゃ、そうでしょう。規約の作成、商品選定も済んで出来あいの”パッケージ商品”なんです、”総合型”は。尻に火がついてから、小学生の夏休みの宿題みたいに慌てて駆け込もうとすると時間がなくて、渋々、”総合型”に・・・orz。

以上、闇の中を漁りまくって得た情報、私見を述べさせて貰いました。最後になりますが、勿論、読者の皆様、個々人で判断、行動して下さいね。会社に煙たがられて”首”が飛んでも責任は負いかねます。

終わり、ホナ。




[2009/05/03 04:10] 総合型401Kが繁殖していった理由が・・・

下記、URLに載っていました。やはり企業型401Kを維持するための勤務先企業側のコスト負担が大きな理由のようです(↓)。
http://archive.mag2.com/0000277264/20090115085000000.html?start=20
これを最初にやったのが”東京海上”で不幸の始まりだった?因みに横浜銀行の「従業員数300人」が”単独型”と”総合型”の分岐点という根拠についても述べていますね。100~300人だと金融機関に見積もりを持って来させて比べてみないと判らないとか、300名以上だと概ね単独型が有利とか述べています。読者の皆様の勤務先が将来、401Kを導入する際”単独型”か”総合型”か判りませんが、不幸にも総合型となった場合でも東京海上、損保ジャパンより、各アセットクラス、及びバランスファンドまで含めてパッシブファンドが組み込まれている意味だけですが、それでも多少は”マシ”なものもあるようです(↓)。とても”ベスト”ではありませんがあくまで、ご参考まで。一例として。
http://www.tokyo-cci.or.jp/kyosai/080115tosho401k.pdf
元になっている”鋳型”は”三井住友海上JIP総合型401k”で地銀とも提携して扱っているところもあるようです。
http://www.ms-ins.com/401k/corporate/service/service_005.html
その他、参考資料(↓)
http://allabout.co.jp/finance/401k/closeup/CU20050117A/index.htm




[2009/05/03 05:18] 少しマシな”総合型”?

岡三証券・個人型401Kと全く同じ商品ラインナップが総合型(企業型401K)として利用できるようです。各アセットクラス(特に外債は0.2625%)、バランスファンド(各0.3%前後)ともパッシブファンドが利用できます。ガラクタ・アクティブファンド、テンコ盛・プランよりはかなり”マシ”です。すみしんDCマイセレクションシリーズはマニアなファンもいるようです。参考まで。
http://invest.okasan.co.jp/401k/index2/sougodc.htm
まだ、調査不足で不明なところもありますが、個人型確定拠出年金で大ブレークした鹿児島銀行ですが、総合型(企業型)401Kはこともあろうか東京海上と・・・orz(↓)。
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/j0201/pdf/040830.pdf




[2009/05/04 15:56] ”Worst"よりも "Worse"の選択肢?(I)

いろいろ検索して気付いたことは、東京海上・総合型401Kの勢力が半端じゃない。かなりの地銀と提携。ブラックバスのように繁殖、増殖。東京海上・総合型401Kが繁殖していった歴史が生々しくかかれています(↓)。勤務先企業にとってはコストダウンできて有りがたい話でも、加入者(社員、運用者)からすればゾッとするような”惨劇”です。このブログ、401Kに纏わる裏話、都銀、生保、損保、信託銀、地銀の思惑等々が赤裸々に描写されていて最初から読んでみると興味深い。
http://fpsr-i.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-21d7.html
ところで、前々回、”従業員数300人”が”単独型”か”総合型”かの分かれ目、基準かの話。実例が出てきました(↓)。
http://www.gunmabank.co.jp/info/news/201225d.html
群馬銀行も東京海上の総合型を採用しているようです。書店と警備会社。書店のほうが”単独型”で警備会社のほうが”総合型”のようです。3つ前のコメントで紹介した、横浜銀行の”単独型”ならではの特徴で

>3.プラン名称に社名の利用が可能(○○○企業型年金規約)

書店の名前が入っています。小生の以前の勤務先、企業型401K(単独型)でもそうでした。□×△〇工業企業型年金。書店は270人でセーフ!警備会社は350人でアウト!何が理由か知る由もありません。総務、労組の無知か、地銀、損保に騙されたのか、取引先メーンバンクとの力関係に屈したのか。もっとゾッとする事例も出てきました(↓)。600名でも”総合型”・・・orz。
http://www.juroku.co.jp/16bank/release/200810_12/20081208_1.shtml

如何にも避けがたい”運命”なのか、”Worst"よりも "Worse"の選択肢は無いのか?

一縷の望み、希望の光は無いのか・・・

続く




[2009/05/04 16:50] ”Worst"よりも "Worse"の選択肢?(II)

続き

確定拠出年金の所轄官庁は厚生労働省です。関係者からのヒアリング、連絡会議も開かれているようです(↓)。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/s0710-1f.html
URLのアドレス、coではなくgo。会社、企業ではなくガバメント(政府機関)。中小企業が加盟している各地の商工会議所、傘下の会員に”総合型”を用意している模様です。そこの会議では札幌商工会議所、大阪商工会議所の話が出ています。そこの図の中に、「会議所会員以外の加入も可能」と書かれています。札商の場合、近隣の小樽、苫小牧の中小企業とか、大商の場合、隣県の兵庫、奈良とかの中小企業でも・・・?札幌商工会議所の商品内容は判りませんが2つも用意するので選択権もある?前々回、紹介した少しはマシな総合型401K、”三井住友海上JIP総合型401k”を採用したのは東京商工会議所。大阪商工会議所の商品プランは(↓)、
http://www.osaka.cci.or.jp/Jigyou/401k/index.html
石川県中央会の事例(PDFのp12)、
http://www.icnet.or.jp/jyoho/kaiho/2008.no1.pdf
その他、埼玉のケースでは、りそなと提携して2種類、用意している、商品内容は不明ですが。大商のケースもりそなを採用しているので参考になるかもしれません。
http://www.resona-gr.co.jp/saitamaresona/hojin/service/keiei/kigyonenkin/index.html
因みにりそなの”総合型”商品内容の参考になりそうな”雛型”(↓)。A型、B型、2種類、弾を保有している模様。
http://www.resona-gr.co.jp/holdings/news/newsrelease/pdf/151204_1a.pdf

続く




[2009/05/04 17:58] ”Worst"よりも "Worse"の選択肢?(最終回)

続き

地銀が提供する”総合型”401Kが全て、劣悪かというとそうとも限らないようです(↓)。
http://www.ncbank.co.jp/nr/images/050614.pdf
http://www.114bank.co.jp/401k/product/index02.html
曲がりなりにも4資産とバランスファンドともにパッシブファンドが用意されています。STAMインデックスシリーズよりは割高かもしれませんが・・・。

さて、企業型401K(総合型)の”闇”もほぼ、出尽くした感があります。総務、労組の無知か、地銀、損保に騙されたのか、取引先金融機関との力関係か様々、有るでしょうが、一旦、導入されてしまうと金融機関を覆すのは困難でしょう。さて、対策を纏めると、
1.一番、理想は”単独型”で信託報酬手数料0.2~0.3%のパッシブファンドを導入する。
2.とは言っても、現実は理想とかけ離れている。”総合型”を受け入れざるを得ない。東京海上、損保ジャパンの”Worst"よりも"Worse"の選択をする。
a)最寄りの商工会議所の”総合型”をあたってみる。会員加盟していなくても、隣県でも加入のチャンスが有る?
b)三井住友海上、りそな、岡三証券に”総合型”で直接交渉。
c)稀なケースとして、地銀の提案する”総合型”でも”マシ”なものがある?西日本シティ銀行、百十四銀行の事例。
d)これも極めて稀なケースかもしれませんが、親会社の関連企業、子会社?大企業に合併され資本関係にあるが別会社のケースとか?この事例ではヤマトの傘下、クロネコヤマトグループ企業ならばヤマトの”単独型”に加入できる?路線バス、乗合バスに席が空いていたら相乗りさせて貰う。商品プランを見たら、涎が出そう(汗)。まあ、年金制度で加入できるか否か、社労士じゃないと判らんね。

http://www.yamato-nenkin.or.jp/indexH.html

http://www.yamato-nenkin.or.jp/main/categoryC/pdf04/pdf-03_unnyou01.pdf

http://www.yamato-nenkin.or.jp/main/categoryC/pdf04/pdf-04_unnyou02.pdf

これらの”知恵”を総務、労組に付けてやれば”最悪の事態”だけでも避けられると思います。

以上、情報、意見に正確性は保証できません。ご自身の判断でお願いします。また、行動も自己判断、自己責任でお願いしますよ。勤務先の会社に煙たがられて”首”が飛んでも責任は持てません。

ではでは




[2009/05/04 21:59] いや~、ついつい・・・

>戦争の例え話はお控え・・・
年のせいか、申し訳ありません。

話を元に戻して。もう一つ、詰めが甘い、最後の可能性は”鹿児島銀行個人型401K”がそのまま、総合型(企業型)401Kとして使えないかということです。岡三証券のケースでは個人型と総合型(企業型)全く同一。そして、実は三井住友海上の個人型(↓)と東京商工会議所の総合型(企業型)も全く同一。
http://www.ms-ins.com/401k/personal/service/service_002.html
その他、百十四銀行の個人型401Kの場合、全く同一ではなくても一部にかなりの類似性が見られるんですよ。
http://www.114bank.co.jp/401k/product/index.html

これは、総合型(企業型)⇔個人型へ互換性がある?。同じプラット・フォーム(ネットワーク、システム、プログラム)を使っている?コンピューター(ハード)だけじゃなく、制度上(規約とかのソフト)も共用できるということ?

鹿児島銀行のケースでは、東京海上と”総合型”で提携の記事を発見したので、まあ無理かと思ったのですが、地銀でも横浜銀行、千葉銀行とも3、4発持っていたケースもあります。但し、千葉と横浜は首都圏で人口密集地帯にある地銀ですからね。人口希薄地域では、荘内銀行のように1発しか保有していない可能性が高いかな?

まあ、それと仮に鹿児島銀行があの個人型401Kを総合型に放出するとしても、北海道、東北、関東甲信越の東日本の中小企業が、西日本の際果ての地銀と、取り引き関係も全くない、縁もゆかりもないところと取り引き。一寸、現実的ではナイかもしれません。個人だったら何処とでも取引できますが。隣県の宮崎、熊本、せいぜい福岡くらいまで?九州島内限定ですかね。

それと最後に、”単独型”ですがこれも、絶対にバラ色とは言えないケースもあります(↓)。外国株式に0.2%台のファンドが入っているから”単独型”と思われますが・・・。
http://kabuohazimeru.blog22.fc2.com/?q=%B3%CE%C4%EA%B5%F2%BD%D0%C7%AF%B6%E2#entry261
その他のアセットクラスは一般販売並みと述べています。勤務先企業の規模に起因するのか、総務、労組の無知か、金融機関との力関係か。まあ、金融機関としては”儲けたい”と思うのが人情ですから、全部、0.2%台とか0.1%台とかは・・・。上記で挙げた、クロネコヤマトグループ企業年金だったら、子会社、関連企業まで含めて○万人規模でしょうからね~。

まあ、どうぞ、纏めて、適当に記事にしてみて下さい。

ホナ。
【水瀬注:コメント記事化のお願いへのご返答です。】




[2009/05/05 02:56] 企業型ではなく個人型401Kを敢えて推奨?

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/03/s0324-10c.html

厚生労働省の公聴会、ヒアリングの議事録。専門用語、年金制度が絡んでいて読んでもチンプンカンプン。社会保険労務士だったら理解できるはず?JR東日本なら従業員数○万人で企業型(単独型)401Kを導入しても有利と思われるが・・・。

意図的に企業型401Kを導入せず!

個人型を導入したほうが良い?企業側にメリットがあるのか、社員(加入者、労働者)側にメリットがあるからなのか?こんな選択肢もある?でも、これなら自分に合った金融機関を選択する権利があるから、嫌な総合型を押し付けられるより良いかも?




[2009/05/05 04:35] これはオマケ?参考程度?

社会保険労務士、FP事務所、人事管理のアウトソーシング会社等々が総合型401Kの母体となって、それに”ぶら下がる”パターンも有るみたいです。あくまで参考程度に。

1.株式会社ブレインコンサルティングオフィス・総合事務所ブレイン
http://www.e-brain.ne.jp/
http://www.pronavi.net/brain/index.html
商品内容が全く不明だが、運営管理機関が”ベネフィットシステムズ”。これはSBI個人型401Kが一枚、噛んでいるところで中身が判かれば面白そうだが。それと従業員数(看護師)、たった6人でも加入しているところが特筆に値する?
http://www.pronavi.net/brain/interview3.html

2.株式会社ヒューマン・プライム
http://www.humanprime.co.jp/hpf06/
http://www.humanprime.co.jp/contents/hoka/401k.pdf
まあ取り敢えず一般販売程度のパッシブファンド4本あるのと、バランスファンドがクロネコヤマト企業年金でも使っている「みずほマイブレンド」があるのが強みかな。

URL超過につき、次回へ続く




[2009/05/05 04:36]

続き

3.銀泉年金倶楽部
http://www.nenkin-club.com/#
SMBC総合型401kとだけ書いてあり中身は不明。参考までにSMBC個人型401kの中身は
http://watakouwatakou.blog94.fc2.com/blog-entry-82.html

終わり



以上です。
いくつか注釈を入れさせていただきましたが、話の前後関係が分からない場合は、元記事のコメント欄をご参照いただければと思います。
最後になりますが、Werder Bremenさん、たくさんのコメントありがとうございました。

関連記事


  





コメント

もう一個、少しは”マシ”な総合型(企業型)として追加で・・・

あいおい損保の総合型401Kも"Worst"より"Worse"として使えるようです。
http://www.ioi-sonpo.co.jp/houjin/product/401k/
因みにあいおい損保の個人型401Kと同一の商品ラインアップです。
http://www.ioi-sonpo.co.jp/kojin/product/401k/
三井住友海上、岡三証券、あいおい損保。これら3社は個人型401K⇔総合型(企業型)401Kを共通利用(互換性あり)の模様です。因みに、ここ2、3年で鹿児島銀行、りそな信託、中央三井アセット信託、スルガ銀行、SBI等々、個人型401Kの商品ラインアップが改善、進歩する以前の話ですが、タロットさんも「あいおい損保個人型401K」を利用していたハズ・・・(↓)。
http://tarot-mpt.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_631a.html

ところで、これはブログネタとして提案です。アンケート調査。データを集計、グラフ化するのは手間が掛りますから、コメント欄に書き込んで貰うだけで十分だと思います。逆にそうしたほうが、個々の企業型401Kの状況が判り、「これから企業型401Kを導入する場合の参考になる」と思います。以下、質問項目(参考文例、雛型)は



あなたの勤務先(或いは以前勤めていた)は企業型401Kを導入しましたか。導入した場合、

1.単独型ですか総合型ですか?(勤務先社名は書かないでください。身元がバレル可能性があります!)。
(注)単独型の場合は勤務先企業名が付いています。○×工業企業型年金規約とか△□食品401kプランとか勤務先社名が書いてあります。総合型の場合は○△ぎん401k総合型プランとか、□○△○ライフサポート401k総合型プランとか、勤務先名称が載っていない、総合型の記述があるものです。
2.勤務先企業の従業員数(正社員)はおよそ、何名ですか?具体的に2万人位とか1000人位とか300人位とか。
(注)契約・派遣社員、パート従業員、海外子会社の外国人労働者等々、日本の401Kに加入できない従業員は除いて下さい。但し、関連会社、子会社(海外を含む)に出向していて自社の401Kを利用できる場合は加えてください。
3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?あれば記入して下さい。
(注)ファンド名は書かないで下さい。記入例は、国内株(0.2%台)、国内債券(無し)、外国株(0.2625%)、外国債券(0.7%位)、バランスファンド(約0.3%位、3本)とか(0.2~0.3%台、4本)とか。その他、もし、あればREIT(0.525%)とかコモディティ(0.945%)とか新興国株(1.05%)とか記入して下さい。
4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?
(注)ある、ない。ある場合は、新興国株(1.3%)とか外国債券(0.5%位)とか。
5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は1.地銀、2.信託銀行、3.各地の商工会議所、4.社労士、アウトソーシング会社、FP事務所等、5.不明

以上、ご協力有難うございました。


みたいなアンケートです。質問項目1、2、3で、単独型でも従業員数が何人くらいだと、パッシブファンドが利用できて、全て0.2%台か、それとも外国債券だけ0.2%台で外国株は0.7%だとか、バランスファンドだけは0.3%台で残りは全部、0.6~0.9%の一般販売と同程度かとか。質問項目4なんかも重要なんですよ。岡三の個人型401K、外債インデックスが最初、PRUだったみたいです。後になってDIAM外債インデックス(0.2625%)が追加になったみたいです。恐らく総合型(企業型)401Kでも個人型401Kと同じもの使っているから、パッケージ商品の総合型(企業型)でも

投信の追加設定ができる!

ことになります。それもPRUより信託報酬手数料が低いDIAMを導入した事例になります。金融機関の儲けが減るにも拘らず。その他、外国REIT(アクティブ型ですが)も追加設定になったみたいです。パッケージ商品の総合型(401K)でも追加設定できる事例が他にあるか、或いは単独型だとたくさん、追加設定できるようだとか企業型401Kの内情(闇)を知ることができます。

401kについてのアンケート実施

というわけで、アンケートにご協力いただける方、質問にご回答いただけないでしょうか。
なお、集計はしませんので、コメント欄にどんどん追記していってください。それがみんなにとって貴重な資料になります。

それでは質問項目です。



あなたの勤務先(或いは以前勤めていた)は企業型401Kを導入しましたか。導入した場合、

1.単独型ですか総合型ですか?
(勤務先社名は書かないでください。身元がバレル可能性があります!)

(注)単独型の場合は勤務先企業名が付いています。○×工業企業型年金規約とか△□食品401kプランとか勤務先社名が書いてあります。総合型の場合は○△ぎん401k総合型プランとか、□○△○ライフサポート401k総合型プランとか、勤務先名称が載っていない、総合型の記述があるものです。

2.勤務先企業の従業員数(正社員)はおよそ、何名ですか?具体的に2万人位とか1000人位とか300人位とか。

(注)契約・派遣社員、パート従業員、海外子会社の外国人労働者等々、日本の401Kに加入できない従業員は除いて下さい。但し、関連会社、子会社(海外を含む)に出向していて自社の401Kを利用できる場合は加えてください。

3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?あれば記入して下さい。

(注)ファンド名は書かないで下さい。記入例は、国内株(0.2%台)、国内債券(無し)、外国株(0.2625%)、外国債券(0.7%位)、バランスファンド(約0.3%位、3本)とか(0.2~0.3%台、4本)とか。その他、もし、あればREIT(0.525%)とかコモディティ(0.945%)とか新興国株(1.05%)とか記入して下さい。

4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?

(注)ある、ない。ある場合は、新興国株(1.3%)とか外国債券(0.5%位)とか。

5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は1.地銀、2.信託銀行、3.各地の商工会議所、4.社労士、アウトソーシング会社、FP事務所等、5.不明

6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?


以上です。よろしくお願いします。
まずは、お手本代わりにWerder Bremenさんご自身のご回答があると良いのですが…(^^ゞ

アンケート回答、第一号?

判らないところは、「不明」と書くなり、飛ばすなりで良いと思いますよ!

1.単独型(でした⇒辞めた会社)。

2.凡そ1万人超です。

3.完全に正確ではありませんが、国内株(0.2%台)、国内債券(0.2%台)、外国株(0.2%台)、外国債券(0.21%?)、バランスファンド(0.189~0.231%?、3本)

新興国株、REIT、コモディティはありませんでした。

4.不明(辞めた後の企業型401Kは知る由もなし、笑)

5.2信託銀行

以上

アンケート回答

ブログで401Kを利用した資産運用の運用報告をしているので、アンケートに答えます。

1.総合型(だと思う)

2.4000人位

3.国内株(約0.2%)、国内債券(0.1%台)、外国株(0.2%台)、外国債券(0.2%台)、バランスファンド(0.2%台)
   新興国株、REIT、コモディティはなし。(個人的にはぜひ追加してほしい)

4.ない
   よくある問い合わせには将来的には追加もありえるとのことだけど、今のところない。

5.4アウトソーシング会社?

以上

質問項目を追加要請お願いします!

質問項目に

6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?

を付け加えてください。これも重要です!確定拠出年金が始まったころ2001年頃、”総合型”は販売されていませんでした。つまり、企業規模(従業員数)に関らず、自動的に”単独型”です。初期に導入された企業型401K、”単独型”か”総合型”かの従業員数による

基準線、ガイドライン

の判断材料には使えないと思います。ついでに小生の書き込んだ解答例に

6.2006年(6月頃?)

と加筆、訂正お願いします。

ではでは

先ほどのコメントの質問項目に追加しました。
これからご回答いただくかたは、質問6も合わせてお願いします。

アンケート回答します。

1.単独型ですか総合型ですか?(勤務先社名は書かないでください。身元がバレル可能性があります!)
→単独型です

2.勤務先企業の従業員数(正社員)はおよそ、何名ですか?具体的に2万人位とか1000人位とか300人位とか。
→未回答のままとさせてください。

3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?あれば記入して下さい。
→アクティブ、インデックス共にあります。
信託報酬は低い記憶がありますが、覚えてないです。
どれも0.1~0.5内だと思います。外国株が最も高いはず。

国内株(TOPIX連動)
外国株(KOKUSAI連動)
国内債(指数連動型)
外国債(指数連動型)
あとは定期とMMFがあります。

4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?

あります。
08年にインデックスファンドの信託報酬が
安いものが追加されました。

5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は
→不明
受付窓口金融機関というのが、わかってないのですが、
RKレコードキーパーのことですか。
JIS&TとかNRKとか、そういうところを
回答するのは答えになってますでしょうか?

それとも商品提供機関のことでしょうか。

6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?
→03年(入社)以前
※おそらく制度開始タイミングです。

個人型なのでアンケートには答えられないのですが、「企業年金未導入の企業に勤務する社員は個人型に加入できる」という点をもっと強調した方が良いのではないでしょうか。会社に書いてもらう書類は1通だけです。

回答です。

水瀬さん
Werder Bremen さん

お久しぶりです。
私自身401Kに実施しています。
質問について、一部答えにくい点やわからない点もあり、フリー回答させて頂きます。

企業型の401Kで、インデックスファンド、パッシブファンドは、国内株・海外株・国内債券・海外債券
に存在します。
信託報酬など低かったと思っていて、税金等を考えると、401Kで購入するメリットがあったと思います。

種類は少な目で、海外パッシブファンドは、KOKUSAI連動ぐらいだったと思います。
(個人的には、これが入っていて良かったです。)
S&P500連動や新興国用のパッシブファンドは無かったです。

アクティブファンドについても種類は少なめで、中国・・・とかインド・・・というような投信は無かった
と思います。
(この点で、他の人から選択できるものが少ないという声は聞いたことがあります。)

何かあれば、調べて回答させて頂きます。

宜しくお願い致します。

こんにちは。
いろいろなブログで、よく確定拠出年金の信託報酬の低さが取り上げられますが、なかなか全てが理想的に取り入れられている企業って少ないんじゃないかと思います。
最初のメールの読者の方の事例は、ひどすぎると思いますが。

1、単独型

2、1500人位

3、国内株 パッシブ0.6%  アクティブ1.6%と1.7%
  外国株 パッシブ0.27% アクティブ1.6%と1.9%
 国内債券 パッシブ0.4% アクティブ0.6%
  外国債券 パッシブ0.6% アクティブ1.0%
 バランス型30.50.70 0.95~1.35%
 あとは、定期などの元本保証型の商品。

4、ない

5、4?

6、2004年頃

私の現在勤める企業の場合

1.単独型ですか総合型ですか?
総合型


2.勤務先企業の従業員数(正社員)
4000人


3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?
日本株・外国株・国内債券・外国債券・バランス型にパッシブ有。
アクティブは日本株・外国株のみ。

日本株(0.2625%)
国内債券(0.168%)
外国株(0.2625%)
外国債券(0.2415%)
バランス債券重視(0.37%)
バランス中間(0.389%)
バランス債券重視(0.407%)


4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?
ある。
記憶が定かでありませんが、(1)日本株バリュー型と(2)外国株インデックスの2本だった気がします。


5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は
保険会社はどこへ


6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?
入社前なのですが、たぶん2005年です。

アンケート回答

はじめまして。
ブログ更新いつも楽しみにしています。

普段から会社の401kには疑問を感じていたのですが、
企業型なんだから、個人より有利なんでしょ。と思っていました。
アンケートに答えます。


1.単独型ですか総合型ですか?
→総合型?(社名は入っていませんが、総合型の記述もありません。)


2.勤務先企業の従業員数(正社員)はおよそ、何名ですか?
→300人以下


3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?あれば記入して下さい。

・元本保証型2本

・バランス3本(0.6%台~0.8%台

・短期資金(保険契約関係費のみ

・国内債券(0.2%台

・国内株式(0.3%台

・外国債券(0.3%台

・外国債券(0.3%台

元本保証型以外は、さらに+保険契約関係費0.5%台がかかりますが
これがよくわからない・・・
株式・債券共に全てインデックスです。


4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?
→ある (短期資金


5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は
→ニッセイ

6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?
→2007年頃導入

ニッセイ+地銀(横浜、千葉、京都)のコンボ、総合型から傾向を探ると・・・

Stripesさんの情報、恐らく単独型と思われます。識別するのが難しいのですが。総合型の「ニッセイ」も気になって調べてみた。Betterとまでは言えないけど少し明るい情報(笑)。透けて見えてきたことは、

横浜銀行+ニッセイ(↓)初期に販売開始?
http://www.boy.co.jp/kojin/sonaeru/nenkin/pdf/nissei.pdf

京都銀行+ニッセイ(↓)H17/4販売開始
http://www.kyotobank.co.jp/houjin/401k/pdf/401k.pdf

千葉銀行+ニッセイ(↓)H19/2販売開始、商品内容非開示
http://www.chibabank.co.jp/m/n_0.html (電話、口頭でのやりとり)
正確性は保証できません!加入、検討のときは資料、書面を取り寄せて下さい!
バランスファンド:DCニッセイパットナム1.1~1.5%台
日本国債:DCニッセイ国内債券インデックス(0.42%)
日本株:年金積立 インデックスファンド225(0.651%)
外国債券:インデックスファンド海外債券ヘッジなし(DC専用)(0.2415%)
外国株式:インデックスファンド海外株式ヘッジなし(DC専用)(0.2625%)
要点は

1.三行ともバランスファンド(アクティブ)、日本債券(インデックス)は共通。これは企業型を導入するとき、投資教育でFP、行員が「分散投資だよ~、長期で運用ね~」。単純に纏めるとここがポイント。よって普通の人はバランスファンドを選択する傾向にある。これはカエルさんの「信託報酬手数料を下げるには」のブログネタで小生指摘した「同様のパッシブ運用のバランスファンド、一般販売より401K用の残高が7~24倍多いだろ~。残高積もれば信託報酬手数料、下がるわな~」で指摘したこと。取り敢えずここ(バランスファンド、アクティブかインデックスか判らずに)へ行く。金融機関にとっても”金鶴(カネヅル)”?だからStripesさんのケースも、恐らく単独型で自由に投信設定ができる場合でも”信託報酬手数料の高め”のインデックス型バランスファンドが用意されたと、穿った見方。

2.劇的な改善が見られたのが、千葉銀・ニッセイ総合型の外国債券&株式の0.2%台インデックスファンド。総合型でも頑張ったほう。なぜ?製造年月日かな。千葉銀・ニッセイは比較的最近。この傾向は総合型でも単独型でも見られる傾向?例えばStripesさんの会社、従業員数300人以下で不利な条件となる筈だが、最近、07年導入。一方、Staygoldさんのケース。従業員数1500人で多いから有利な条件が適用されても良いハズだが、導入されたのは04年。あつまろさんのケースも401Kスタートが03年?0.1~0.5%と少し高め。さらに、最近、「08年にインデックスファンドの信託報酬が 安いものが追加されました。」

比較的初期(03年とか04年とか)に401Kが導入され、古いものでそのままホッタラカシになっている場合が・・・

因みに大問題の八十二銀行(長野県)が東京海上・総合型を日本で一番最初に販売開始したことが例のFPのブログに書いてあるが(抜粋)

>・・・東京海上との提携プラン「八十二ゆとりプラン」の販売を2004年3月に開始したところ爆発的に売れました・・・

例えて言うと、極端な話、トヨタ・カローラでも、30年前に製造されたものが八十二銀行の倉庫に置いてある。千葉銀行の倉庫には2年前に製造された新型が置いてある。八十二銀行は、来年も再来年も倉庫にある旧型のカローラを売りに来る。新しいカローラ持って来いって言っても倉庫にあるのが30年前製造のカローラしかない(汗)。千葉銀は来年も再来年も2年前に製造されたカローラ持ってくる。当然、2年前と30年前製造のカローラ、同じカローラでも、燃費、サスペンション、内装、最高速度、等々性能は違うよね。極端な例え話しだが。この話ナンかも、これらの現象と連動している(↓)?
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-421.html
最近(07年頃?)になって、0.2~0.3%のインデックスファンドの販売が加速、普及した?これがあの”鹿児島銀行個人型401K”の0.2~0.3%のファンドとも連動?鹿児島銀行のケース、ここ2年位の間に新たに追加設定された気配です。

それと電話口に出た、千葉銀・行員とのやりとりで出てきた言葉は、「300人」。やはり401Kビジネスでの一般常識?但し興味ある情報も。今までの年金を401Kに移管する場合で従業員数が少ない場合(100~300人?)は”総合型”が有利のことが多い。あくまで勤務先企業側のコストで。ところが、年金制度が無い?とか退職金制度が無い?とか401Kへ移管を伴わない?”ゼロ”から401Kがスタートの場合とかは”単独型”が有利になることもある?従業員数が少なくとも「単独型」なら0.1でも0.2でも0.3%でも好きな投信、選べるのかと聞いたら、

「まあ、そうですね~」(ワォ~)

これがStripesさんの会社のケースではないかと推測します。最近できたベンチャー企業とか?戦前からある古い会社ではないとか?

Stripesさんが、この記事読んで返事くれれば良いけど(笑)。

あくまでWerder Bremenの野生の”勘”です。情報の正確性は保証できませんし責任は持てません。読者の皆様の判断でお願いしますよ。自分で確かめて!

追加:鹿児島銀行に問合せメール、電話で個人型確定拠出年金の書類請求しました。電話口の女子行員に
Werder Bremen「昨年の秋頃から急に個人型401Kの問合せ、加入依頼が増えたやろ~」
女子行員「そうなんですよ~♪」
Werder Bremen「俺があっちこっちの投資ブログ、ネットで鹿児島銀行の個人型401K、信託報酬手数料、低いで~と言いふらして歩いたからや」
女子行員「そうだったんですか!」
Werder Bremen「鹿児島銀行の売った東京海上総合型401Kな、今、ブログで大問題になっているんや。信託報酬手数料の高いガラクタ・アクティブファンドしか入ってないって。」
女子行員「はあ~」
Werder Bremen「そこの問合せメールにいろんなHP付けたやろ。良く読みなさい。三井住友海上もあいおい損保も岡三証券も、個人型401Kと総合型401Kが全く同一。互換性がるということ。鹿児島銀行・個人型401Kも総合型401Kへ放出しなさい!三井住友海上もあいおい損保も岡三証券も個人型と同じもの、総合型401Kで使えるんだから、あんたらだって同じことできるやろ。個人型だって急に全国各地から仕事降ってきたやろ。インターネットの時代やで。総合型でも同じこと、起こるで。鹿児島県内の中小企業の契約、全部掻き集めてもタカが知れてるやろ。ネット、ブログでふれまわったら、また、全国の中小企業からワンサカ、仕事降ってくるで~。日本の地の果て地銀が全国に打って出るビジネスチャンスなんやで。売上増えて、あんたの給料も倍増や(笑)。ホンマやで~」
女子行員「そうなると良いんですけど~」
鹿児島訛り、イントネーションの田舎の姉ちゃん行員じゃ、状況、判ってなさそう、無理っぽい(悲)。

ホナ。

水瀬さん、Werder Bremenさん

興味深いアンケートありがとうございます。
私も喜んで参加させて頂きます。

1.単独型ですか総合型ですか?
単独型

2.勤務先企業の従業員数(正社員)はおよそ、何名ですか?
DC加入条件を満たす国内グループで約1万人

3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?あれば記入して下さい。

定期預金型
保険型

国内株式アクティブ1(1.6275%、グロース型)
国内株式アクティブ2(1.6065%、グロース型)
国内株式アクティブ3(1.5960%、バリュー型)
国内株式インデックス(0.2940%、日経225)
国内債券アクティブ(0.5775%、信託財産留保金0.1%)
国内債券インデックス(0.2625%、NomuraBP)
外国株式アクティブ1(1.9110%、信託財産留保金0.3%)
外国株式アクティブ2(1.8900%)
外国株式インデックス(0.2625%、MSCI KOKUSAI)
外国債券アクティブ(0.9975%)
外国債券インデックス(0.2415%、シティグループ)

バランス型アグレッシブ(0.4069%)
バランス型ノーマル(0.3885%)
バランス型コンサバティブ(0.3701%)
バランス型(0.8925%、TAA型)

と言った感じ。保険商品に関しては詳細を忘れてしまいました。
これ見ると誰がアクティブ投信で運用するんだろう?と言う内容ですね。

ちなみにコモディティやREIT、新興国株という物はありません。

4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?
ない。

5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は
地銀

6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?
2007年4月
但し、勤務先は2007年に経営統合した企業ですが(って勤務先バレバレ?)、統合相手は統合の2年程度前から確定拠出年金が導入されていたとの事。

訂正です。

ちゃんと確認してから書かないとだめですね。先の回答の1と6について訂正です。



1.単独型ですか総合型ですか?
単独型


2.勤務先企業の従業員数(正社員)
4000人


3.運用商品の内容。インデックスファンド、パッシブファンドは入っていますか?
日本株・外国株・国内債券・外国債券・バランス型にパッシブ有。
アクティブは日本株・外国株のみ。

日本株(0.2625%)
国内債券(0.168%)
外国株(0.2625%)
外国債券(0.2415%)
バランス債券重視(0.37%)
バランス中間(0.389%)
バランス債券重視(0.407%)


4.導入された後、投資信託が追加されたことがありますか?
ある。
記憶が定かでありませんが、(1)日本株バリュー型と(2)外国株インデックスの2本だった気がします。


5.あなたの企業型401Kの受付窓口金融機関は
保険会社はどこへ


6.確定拠出年金が導入、掛け金拠出が開始されたのは西暦、何年頃ですか?
2004年のようです。





まずまずの商品ラインナップだとは思うのですが、日本株の信託報酬が外国株と同等で外国債券より高いというのが少し残念。もう少し安くならないものか。

Werder Bremenさん
いろいろ調べていただいて、コメントありがとうございました!
大変、勉強になります。

まず、私のアンケート回答に修正があります。

・外国債券(0.3%台

・外国債券(0.3%台
・外国株式(0.3%台

「外国債券」が2つありますが、
片方は「外国株式」の間違いでした。
手数料は債券も株式も同じです。

Werder Bremenさんに、ご指摘いただいたので、

1.総合型?

1.単独型

も変更になります。

比較的最近の導入ということで、多少有利な条件になっているのですね。
勤務先ですが、戦前からあるような歴史ある会社ではないです~
退職金制度は以前からあったと思うので、
401k導入後に移換金が発生しています。

Stripesさんのケースが最も幸運が重なったケース?

まだまだサンプル数が少ないし、個人型でも企業型でも”闇”の部分が多過ぎて、”闇”の中から拾い上げた数々の”点”を”線”に繋げないとただ単に”情報の山”でしかないんですが・・・。

現時点でのアンケート回答者、データだけから判断すると、Stripesさんが最も”幸運”だった401K加入者みたいです。まず、第一の幸運は「従業員数」。横浜銀行のHPに”300人”の記載。千葉銀・行員の電話口でも「300人」の発言。あのFPのブログ、「100~300人だと見積もりを持って来させないと単独型、総合型、どちらが有利か判らない。300人以上だと概ね”単独型”が有利」。群馬銀行の書店(270人で単独型)、警備会社(350人でも総合型)、十六銀行の自動車部品会社(600人でも総合型)の事例。どっちに転んでも不思議ではない、

ボーダーライン上(←ここ重要!)

のケースだったと思われます。幸運にも単独型に滑り込み、曲がりなりにも投信を選ぶ権利が与えられた。
 第二の幸運は、導入時期が07年。日経の記事の「401K用投信の信託報酬手数料、値下げ競争、激化」と時期が重なった。導入時期が03年とかだったら0.5%程度のインデックス投信ばかりだったかもしれません。そう言う意味で

(単独型に滑り込みセーフ!)×(導入時期!)=(幸運)×(幸運)(笑)。

運悪く総合型が導入され、千葉銀・ニッセイとか大阪商工会議所とか岡三証券とかの総合型ならまだしも、今回の読者(相談者)様のような地銀&東京海上総合型401Kが導入されたら泣き寝入りしかなかったかもしれません。そう言う意味で、寺社仏閣、教会に参拝するときは、賽銭箱に5円、10円、50円玉ではなく100円玉、500円玉を投げ入れ、「助けて頂きありがとうございました」とよく拝んでおくことをお勧めします(汗)。

 小生は、幸か不幸か、もう企業型401Kに用は無い。マトモな個人型さえあれば企業型401Kに文句を言う筋合いではない。しかし、今回の読者(質問者)様のケース、東京海上総合型401Kの泣き寝入りの被害者がおられること、あのFPのブログ記事「長野県の401Kを導入した90%以上の企業、東京海上総合型401K」を知った以上は・・・。

 これから企業型401Kを導入する会社、”単独型”に持ち込めれば、従業員数、企業規模で多少の有利、不利はあっても恐らく、まあまあマトモな、我慢できる程度の商品選択が出来ると推測されます。Stripesさんの事例、電話口に出た千葉銀行・行員の話、その他、資料、少ないサンプル数で推測するには無理があるのですが。

 しかし、個々の企業の年金&退職金制度&従業員数によっては”総合型”の選択肢しかないケースもある。これは、専門家の社会保険労務士しか判らないこと。総合型401Kでも、少しでも”マシ”なものが発掘されれば良いのですが・・・。ほぼ、出尽くしたかな・・・?球切れ?

ホナ

1.単独型
2.不明(1,000人以上いるとは思いますが、詳細はわかりません)
3.
国内債券:インデックス1本(0.1%台)
国内株式:インデックス1本(0.2%台)、アクティブ6本
先進国債券:インデックス1本(0.2%台)
先進国株式:インデックス1本(0.2%台)
新興国株式:アクティブ2本
バランス:インデックスバランス3本(0.2%台~0.3%台)
REITやコモディティはありません。
4.ありません
5.その他(生命保険会社)
6.2007年

はじめまして、いつもブログ楽しみにしております。
以下アンケート回答です。

1. 単独型
2. グループ全体で数万人以上
3.
国内債券:インデックス1本(0.1%台)
国内株式:インデックス1本(0.1%台)、アクティブ2本(0.9%,1.6%台)
外国債券:インデックス1本(0.1%台)
外国株式:インデックス1本(0.1%台)
バランス: 自動リバランス型インデックス3本(01%台~0.2%台)
(新興国、REIT等はありません。投信以外では、定期預金と生命保険です。)

4.なし
5.信託銀行
6.2007年5月

>コメントをいただいた皆さま

たくさんのご投稿、ありがとうございました。
外からは実情が見えにくい企業型401kに関する、貴重な「実例集」になったのではないかと思います。

やはり、企業によってかなりバラつきがあるというのが実感です。
仕方がないことかもしれませんが、企業規模がものを言う世界のようです。

ただ、Werder Bremenさんの分析にもありましたが、最近になって導入された商品には良いものが多いように感じます。
この業界も少しずつ進歩しているのでしょうね。

新興国投資など、今後の課題も見えてきました。
401kの更なる発展を期待したいと思います。

中小企業向け企業型(総合型)401Kにも一筋の光が・・・!

見えてきました!札幌商工会議所の総合型401Kプラン、野村、大和プラン2個、HPで発見しました!
http://www.sapporo-cci.or.jp/dc/
バランスファンドは無いか、ガラクタ・アクティブファンドですが、必要最低限度の国内外株式&債券パッシブファンド、野村はナント、0.1~0.2%台!、大和でも0.2415~0.2625%みたいです。ご自身でお確かめ下さい(↓)。
http://www.daiwa-am.co.jp/funds/dc/index.html
http://www.nomura-am.co.jp/?divide=10&market=#topContents

これ(↓)を使うと、例えば野村の日本株インデックスファンドの場合、信託報酬手数料0.57%以内と表記があります。ファンド設定、運用開始当時のデータと思われます。年月が経ち、残高が増えてくると低下して野村アセットのHP表記、「ファンドの純資産総額に年0.5985%(税抜年0.57%)以内(平成21年2月3日現在年0.1995%(税抜年0.19%))の率を乗じて得た額とします。」

http://ita.daiwa-fc.co.jp/ITAS/IND/0131202A.html

これは鹿児島銀行個人型401Kのケースでも同様で、低いほうの信託報酬が適用されていました。野村、大和とも札商・総合型401Kはバランスファンドの不備は除き、


中小企業向け総合型401Kでも、ほぼ大企業型401Kと同じだ~!


スーパースクープ記事です、ゲホゲホ(汗)。さて問題は「札幌商工会議所」。厚生労働省の公聴会、議事録には「会議所会員以外でも加入可能」と書いてあります。まあ、そうは言っても恐らく勤務先企業の所在地が近隣の小樽、江別、苫小牧・・・。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/07/s0710-1f.html

うちの勤め先は四国だよ!こんな北海道、ローカル・地域限定の話じゃな・・・。まだ、ありまっせ~♪第二弾!またあとで。とうご期待(笑)。

ホナ

追伸:セゾンGBファンドとかSTAMインデックスファンドシリーズとかその他独立系投信、「残高が積み上がれば”信託報酬下げます”」と言っているが、実は、野村が先んじて”信託報酬値下げ”やっているんですよ、401K用投信での話ですが。あの、ガラクタ&ボッタくり商品を売りまくる悪徳、エゲツナイ、あの”野村”がですよ、ゴホゴホ(笑)。

遅くなりましたが

内容がかなりうろ覚えのため、会社で資料を調べてからと思いながら、バタバタして調べるのを忘れてしまってました。とりあえず、覚えている内容で書き込みます。

1. 単独型(だと思います)
2. 未回答とさせてください
3. 国内債券:インデックス1本(0.3%台)
   国内株式:インデックス1本(0.3%台)、アクティブ2本(1.5%程度)
   外国債券:インデックス1本(0.3%台)
   外国株式:インデックス1本(0.3%台)
   バランス型:上記インデックスファンドの組み合わせで、株式の比率が異なる3本(0.3%台)
   MMF
   保険商品5本くらい
   定期預金3本くらい
4.なし
5.JIS&T
6.2004年

 運用商品の種類は多い方ではないかと思いますが、個人的にはインデックスファンド、その中でも外国株式インデックスファンドと外国債券インデックスファンドがあれば十分かなという感じです。個人で、日本株式クラスはETFを、日本債券クラスは国債などを買ってもよいと思いますので(この場合は確定拠出年金にはなりませんが)。

全国バージョンは?どないなったんや?

いつもは”確定拠出年金”の特設コーナーがあるんで、ここ(↓)を掲示板、情報センターとして利用してました。その手の情報は、ここに一元化してたんです、他の人も利用しやすいように、纏めて。

http://renny.jugem.jp/?eid=950

今回は「東京海上総合型401K」の話がブログネタとしてたまたま取り上げられていたんで、イレギュラーで、このブログで爆走、連続コメントしてまいました。申し訳ない。そんで、肝心の結果はまあまあ、Happy Endてことでした。

昔の勤務先で企業型401K使っていたし、辞めた後、個人型401Kにも移管して、まず、土地勘のある個人型⇒企業型(総合型)へ外堀埋めていったんやけど、どうもシックリこない。小物ばかり。検索の仕方が悪いいんかな~と思って、401K⇒確定拠出”年金”⇒年金?⇒所轄官庁は年金だから”厚生労働省”?。一旦、金融機関からこっちへ目が向いた。公聴会やってるよな。議事録、出てきた。何で商工会議所が?取り敢えず東商、大商の商品内容は出てきた。大都市圏の商工会議所の総合型でもこの程度。札幌商工会議所は一旦、捜査線上から消えたんですは。なんかの拍子で札商の商品内容が出てきてビックリ。でもまだこの時点でも、損保最大手の東京海上がこんなんだから、証券大手の野村、大和がマトモなもの出すハズがないと・・・。最後の最後に、マトモなもの見つからんで、可笑しいな、マサカと思って、漁ったら・・・。時間掛りました、ホンマ(笑)。

ホナ、ホンマにサイナラ。これにてこの話、終了!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

企業型確定拠出年金の実態調査が行われています。

JUGEMテーマ:ビジネス ボクの勤務先は確定拠出年金を採用していないので回答できないのですが、水瀬ケンイチさんのブログで非常に注目すべき(特にお勤めの企業で確定拠出年金をご利用の方にとって)アンケート調査が実施中です。ここに集められた結果実態調査として

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)