「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」(デイビッド・スウェンセン著)はミューチュアルファンドに徹底的ダメ出し

ゴールデンウィークに、「イェール大学CFOに学ぶ投資哲学」(デイビッド・スウェンセン著)を読みました。

イェール大学CFOに学ぶ投資哲学
日経BP社
発売日:2006-08-18
おすすめ度:4.0


昨今の世界金融危機で投資スタンスが揺らいでしまうかたが散見されるなか、本書の「投資哲学」という言葉にかなり期待して読み進めました。

ところが、予想に反して、本書の内容は大半が米国のアクティブ運用をするミューチュアルファンドに対する批判でした。
コスト、制度、パフォーマンスなどについて、もうこれでもかと言わんばかりに繰り返しのダメ出しです。
特に、「みかじめ料」、「プライシングゲーム」、「ソフトダラー」など、米国ミューチュアルファンドの目に見えないコスト面の闇に迫っているところが興味深いです。これらの悪しき慣習は、日本の投資信託にもあるのでしょうか?
とにもかくにも、これを読んだら米国のアクティブファンドには投資したくなくなってしまうでしょうね。

ただし、インデックスファンドなら何でも良いかといえばそうでもなく、高コストなインデックスファンドや流動性の低いETFなど、ダメなインデックス商品も存在することもきちんと説明しています。
インデックスファンドもちゃんと選ばなければだめだということでしょう。

では、肝心の「投資哲学」についてはどういうことが書かれていたかと言えば、少数派の逆張り投資をすべきであり、それはインデックス投資を中心としたコア資産(米国株・米国を除く先進国の株式・新興国の株式・米国債・物価連動債・不動産)へ投資&リバランスということのようです。
(逆に、流行のテーマへのアクティブ投資というのが多数派の投資)
インデックス投資自体が逆張り投資だと言えるほど、インデックス投資がマイナーな存在であるのは、米国も日本も同じようです。

ところで、イェール大学やハーバード大学などの基金は、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルファンドなどのオルタナティブ投資(本書の中では投資家に不利な非コア資産と書かれている…)を積極的に採用して、一時は高パフォーマンスをあげて賞賛されていましたが、その後、世界金融危機で空前の損失を出してしまったようです。

もしかしたら、本書をいちばん熟読すべきなのは、イェール大学さんご本人なのかもしれません。


(関連記事)
2009/04/30 積読発掘
2006/12/29 なぜ、インデックス投資はマイナーなのかを考える(まとめ)
関連記事


  





コメント

悔しい気持ちはわかりますが・・・

「空前の損失」って言っても、過去の華々しいリターンと比べて損失が出ただけです。

分散しているため、単純なインデックス買い持ちよりも損失を抑えられているようです。

学ぶべきは、イェールではなく、・・・ですね。(笑)

水瀬様

いつも楽しみに拝読しています。

コメント欄に変なのが粘着しているようですね。
カッコ笑いと付ければ失礼なことを書いても許されるとでも勘違いしているのでしょう。

不愉快かと思いますが、有名税だと思って無視されるのが得策かと思います。

イェール大学は世界金融危機で空前の損失ですか?

>イェール大学やハーバード大学などの基金は、ヘッジファンドやベンチャーキャピタルファンドなどのオルタナティブ投資を積極的に採用

逆張り投資ってことは今でも株を買ってるのでしょうね^^;;
ALMが大きければ損出も半端ではないでしょうが、お金の運用先に困っているのかもしれませんね・・

GPIFやKKRを見ると、日本の基金も捨てたもんじゃないですね^^

いつも楽しく拝読させていただいております.

25歳の若造の自分としては
・今後20年間市場平均を上回るファンドはわからない
・自分に有望株を見分ける才能はない

だったら市場平均のリターンで,最もコストの小さいインデックス投資が一番と改めて実感しました.

>ザッジさん

この本からもイェール大学からも学ぶところは大だと思います。


>読者さん

まあまあ(^^;


>預金王さん

GPIFやKKRは伝統的アセットクラスだけでしかも国内債券比率が高すぎて「時代遅れ」と言われていましたが、その分金融危機の影響は小さかったようですね。
個人的には、国内債券クラスの見直しのきっかけになりました。


>blackさん

ご自身で納得・実感されているのであれば、それがいちばんだと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)