「2~3年で金融正常化を期待」

水瀬ケンイチ

バーナンキFRB議長のお言葉。

毎日jp 2009/05/12より引用】
FRB議長:「2~3年で金融正常化を期待」
 【ワシントン斉藤信宏】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は11日夜、ジョージア州で講演し、米金融大手19社に対して実施した特別検査(ストレステスト)の結果について「勇気付けられる内容だった」と評価した。また、検査結果を受け、金融大手各社が市場での資本増強を相次いで表明し、実際に資本調達を実現しつつあることを高く評価、「投資家に安心感を与えることになるだろう」と述べた。

 バーナンキ議長は、金融システムの正常化には「時間がかかる」とした上で、「2~3年以内に金融システムが正常化し、大半の公的資本が返済されていることを期待したい」と語り、金融市場の先行きに明るい見通しを示した。
【引用おわり】

2~3年か…。
早く正常化してほしいとは思いますが、まだまだ先は長そうですね。
のんびり構えてコツコツ投資していきますか。



ちなみに、本日の日経朝刊によると、ストレステスト結果を受けての米各メディア反応は以下のとおりとのこと。

ウォールストリート・ジャーナル
「金融機関への市場の信頼は高まった」
「オバマ大統領がこれ以上公的資金を議会に求めない意向が明らかになった。ほとんどの金融機関は低コストの資金により健全な利益を計上している」

→かなり好感という感じ。

ニューヨーク・タイムズ
「最大の問題は適度な景気回復、新たな資本注入、財政刺激などの政府介入が金融機関を再生させるかどうかだ」
「公的資金の返済を監督停止と関連付けるのは時期尚早」

→これからもしっかり見てなさいという感じ。

ワシントン・ポスト
「政府の楽観的見方を受け入れるかどうかは投資家次第」
「資産査定と金融機関の資本増強の試みは政府の景気回復の努力の複雑なパズルの一片でしかない」

→やや悲観的という感じ。

悲観・楽観の両方が渦巻いていると感じました。
やっぱり一筋縄ではいかなそうですね。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ