世界経済インデックスファンドがノーロード!

水瀬ケンイチ

低コストのバランスファンド、「住信-世界経済インデックスファンド」が、SBI証券でノーロードで提供されるようです。
概要は以下のとおり。

住信-世界経済インデックスファンド

販売手数料:0%(SBI証券の場合)
信託報酬:0.7140%
信託財産留保額:0.1%

同じ住信のバランスファンド、「住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)」と信託報酬が同じで似ていますが、アセットアロケーションが違います。



SBI証券WEBサイトより引用】

■世界経済インデックスファンド

国内株式: 5%
先進国株式: 32.5%
新興国株式: 12.5%
国内債券: 5%
先進国債券: 32.5%
新興国債券: 12.5%

■SBI 資産設計オープン

国内株式: 20%
先進国株式: 20%
国内債券: 20%
先進国債券: 20%
国内REIT: 10%
外国REIT: 10%

(いずれも2009/5/1現在)

「SBI資産設計オープン」と「世界経済インデックスファンド」の違いについて

投資対象の違い:「SBI資産設計オープン」は不動産投資信託(REIT)に投資しておりますが、「世界経済インデックスファンド」は投資しておりません。一方で、「世界経済インデックスファンド」は、新興国株式および新興国債券に投資しておりますが、「SBI資産設計オープン」は投資しておりません。
基本資産配分比率の違い:「SBI資産設計オープン」は、日本を含む世界の「株式」「債券」「不動産投資信託(REIT)」の6資産にバランスよく分散投資します。一方で「世界経済インデックスファンド」は、地域別(日本、先進国、新興国)のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に基本資産配分比率を決定し、分散投資を行ないます。
【引用おわり】

アセットアロケーションの面では、新興国とREITが入っているかいないかが大きな違いのようです。
コスト面では、信託報酬は同一ですが、信託財産留保額が、0.05%だけ世界経済インデックスファンドのほうが安いです。
好みは分かれそうですが、どちらも良いファンドだと思います。

いずれにしても、低コストなバランスファンドの種類が増えることは、投資家の選択肢が広がり、とてもよいことだと思います。

これをノーロードで提供したSBI証券さん、グッジョブ!!(^^)b


<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
SBI証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ