世界経済インデックスファンドがノーロード!

低コストのバランスファンド、「住信-世界経済インデックスファンド」が、SBI証券でノーロードで提供されるようです。
概要は以下のとおり。

住信-世界経済インデックスファンド

販売手数料:0%(SBI証券の場合)
信託報酬:0.7140%
信託財産留保額:0.1%

同じ住信のバランスファンド、「住信-SBI資産設計オープン(愛称:スゴ6)」と信託報酬が同じで似ていますが、アセットアロケーションが違います。

SBI証券WEBサイトより引用】

■世界経済インデックスファンド

国内株式: 5%
先進国株式: 32.5%
新興国株式: 12.5%
国内債券: 5%
先進国債券: 32.5%
新興国債券: 12.5%

■SBI 資産設計オープン

国内株式: 20%
先進国株式: 20%
国内債券: 20%
先進国債券: 20%
国内REIT: 10%
外国REIT: 10%

(いずれも2009/5/1現在)

「SBI資産設計オープン」と「世界経済インデックスファンド」の違いについて

投資対象の違い:「SBI資産設計オープン」は不動産投資信託(REIT)に投資しておりますが、「世界経済インデックスファンド」は投資しておりません。一方で、「世界経済インデックスファンド」は、新興国株式および新興国債券に投資しておりますが、「SBI資産設計オープン」は投資しておりません。
基本資産配分比率の違い:「SBI資産設計オープン」は、日本を含む世界の「株式」「債券」「不動産投資信託(REIT)」の6資産にバランスよく分散投資します。一方で「世界経済インデックスファンド」は、地域別(日本、先進国、新興国)のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に基本資産配分比率を決定し、分散投資を行ないます。
【引用おわり】

アセットアロケーションの面では、新興国とREITが入っているかいないかが大きな違いのようです。
コスト面では、信託報酬は同一ですが、信託財産留保額が、0.05%だけ世界経済インデックスファンドのほうが安いです。
好みは分かれそうですが、どちらも良いファンドだと思います。

いずれにしても、低コストなバランスファンドの種類が増えることは、投資家の選択肢が広がり、とてもよいことだと思います。

これをノーロードで提供したSBI証券さん、グッジョブ!!(^^)b


<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
SBI証券
関連記事


  





コメント

世界経済インデックスファンド、魅力的ですね。

セゾンバンガードとの信託報酬は0.05%の差、基準価額は30%の差。
ドルコストでかいつけるとするとそこはどうなんでしょう。。
頭がこんがらがります!!

個人的には世界株式インデックスファンドがほしいです。
バランスファンドは自分でポートフォリオを組んでいるので。

セゾンの純資産額が堅調に増えてるから刺激されたのかもですかね

4.5年前までは満足な外国債券インデックスファンドすら無かったのに、気が付けば新興国の株式と債券のインデックスファンドまで買えるんですからね、時代の変化は凄いものです。
(証券会社によってはグロソブの1年決算で代用とかあったんですからね・・・・)

ただ、東○証○○引所だけは明後日の方向へどんどん変化していますが。

>いわしぃさん
基準価額の高低はファンドの有利、不利に関係ありませんよ。インデックスファンドの場合、設定された時期でかなり違いますからね。
信託財産留保額のその差は微妙ですね。その他のコストと併せて個人の好みになりますね。

理論的には頻繁に売り買いしないなら、留保額より信託報酬のほうが重要なのではないかと思いますが。信託報酬の差は複利で増えていきますからね。私にはそれ以上は分かりません・・・・。

水瀬さん、返信ありがとうございます!基準価額に差がでてるとドルコストでの購入に影響するのでは、と考えてたのですが変わらないんですね。
勉強になりました!
ただ今回の大幅な下落を一緒に過ごしたファンドとその大波が去ってから設定されたファンドが同じように評価されるのは少し寂しいですが。。

>いわしぃさん

コメントにお答えいただいたのは私ではなく、LEOPARDさんですよー(^^;;


>龍王さん

セゾングローバルバランスファンドを意識して対抗しているのではないかという話もよく聞きますよね。
運用各社が切磋琢磨してより良い商品が生まれることは、投資家として大歓迎です。


>LEOPARDさん

本当に時代は変わりましたよね。
よい時代になったものです。

いわしぃさんのコメントに的確にお答えいただきありがとうございました。

遅れましたが1000記事達成おめでとうございます!
いままではROMでしたが今回初コメントです!
高校生のころ読んだ本でインデックス投資について知ったのを機にインデックス投資について調べていてたどりついたのがこのサイトでした。
それから2年間、上京してからもこのサイトを見続け、先週20歳の誕生日を迎えたので勉強のためインデックス投資を買おうと思いセゾン投信で口座開設の申し込みを済ませました!
世界経済インデックスファンドも新しく設定されたとのことで迷いましたが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにしました。
積み立てなどはまだまだするつもりはありませんが、この世界に足を踏み入れることができるのは光栄です。
これからも水瀬さんの記事を(あくまで自己責任の範囲内で)参考にしたいと思います^^

LEOPARDさん、大変失礼しました!そしてわかりやすいご説明ありがとうございました!
こういった場になれてなくて。。
ご容赦ください!

>山本エンタさん

はじめまして、山本エンタさん。
学生さんにも読まれているとは光栄です。

少しだけでもファンドを持っていると、世界の動向やニュースに対する興味の持ちようが変わってくると思います。
投資に勉学に、がんばってください。

>いわしぃ さん

お気になさらずに。私も経済は勉強中ですので・・・。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

[資産運用]世界経済インデックスファンド、登場

我がアセットアロケーションのコアファンドは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドであるが、それを脅かすようなファンドが出てきた。 SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を- 魅力として、信託報酬が安い、国内比

コストが低めなバランス型ファンド一覧

今年の1月に登場した世界経済インデックスファンドですが、当初から取り扱いのソニー銀行では100万までの手数料が1.05%でした。新しく取り扱い...

SBI証券 - ノーロードで住信「世界経済インデックスファンド」取扱開始!!

======== 関連記事: ・SBI証券が世界経済インデックスファンドの取扱いを開始 (おやじダンサーのひとりごと) ・世界経済インデックスファンドがSBI証券にて取扱開始(愚者の資産運用) ・いよいよガチンコ勝負ですね!(rennyの備忘録) ・SBI証券から世界経済インデ...

SBI証券 「世界経済インデックスファンド」取扱開始

SBI証券が「世界経済インデックスファンド」の取扱を開始しました。 このファンドは、ソニー銀行でも取り扱っていましたが、販売手数料を1.05...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)