バートン・マルキールセミナーレポート(その1)

水瀬ケンイチ

5月17日に行なわれたイベント、「バートン・マルキールセミナー」。

バンガード・グループ主催 マネックス証券・クレディセゾン・セゾン投信協賛セミナー
「不透明な時代に勝つための投資術 ~バートン・マルキール教授を招いて~」
日時:5月17日(日) 13:30~16:30
会場:有楽町朝日ホール

参加してきましたので、レポートします。
通訳機器を使用した同時通訳はメモが取りづらく、苦戦しました。
内容については、水瀬の主観による省略やまとめが含まれますことをご了承ください。

さて、会場となった有楽町朝日ホールの座席は、だいたい埋まっていたように思います。
客層は、普通の証券会社のセミナーよりも少し若く、女性も思ったよりも多い感じ。
生で見るマルキール氏は、凛としていて元気でした。とても78歳とは思えません。

肝心の内容ですが、現在の金融危機の解説に多くの時間を取り、それからインデックスファンド、投資戦略について話が進みました。最後にはQ&Aがありました。
メモ内容を箇条書きに書き出してみたいと思います。ところどころに、水瀬のコメントを付けさせていただきます。



・銀行システムが古いシステム(組成して保有する)から、新しいシステム(組成してバラまく)に変わった。
・銀行は住宅ローン担保証券を2~3日保有するだけで、投資銀行やヘッジファンドに売却するようになった。
・投資銀行は、影の銀行システムとして、一部サブプライム証券が入っていても、トリプルAの格付けをつけて売っていった。
・投資銀行はレバレッジをかけすぎた。ベアスターンズは破たん前、33倍のレバレッジをかけていた。

(水瀬コメント)
金融危機の原因について、金融機関側の問題を取り上げでいました。
いい加減な格付けと過剰なレバレッジを問題視していました。


・インフレ調整後の米住宅価格は1990年代まで横ばい(住宅価格の上昇とインフレが同じ程度)だったが、2000年~2006年にかけて一気に倍に上がった。
・住宅バブルがはじけ住宅価格が暴落、不動産担保証券はトリプルAでさえデフォルト、値が付かなくなった。
・債券市場は、米国債以外は凍結状態に。
・多くの金融機関が債務超過に、残りも過小資本に。
・信用危機が実体経済に波及、金融機関が融資をやめてしまい、米国だけでなくヨーロッパやオーストラリアでも破綻。アイスランドにいたっては国が破綻。

(水瀬コメント)
住宅バブルの崩壊により債券市場が凍結し、多くの米金融機関が債務超過・過小資本になってしまった。しかも、米国から世界に悪影響が波及していってしまったということだと思います。


・一般消費者も過剰借り入れ。平均的な負債額が所得額を上回っていた。
・買った住宅に価値がつけば、2つ目、3つ目のモーゲージローンを借りて消費に回していた。
・アメリカ人にとっては住宅はATMみたいなものだと思われていた。貯蓄率は0%に。
・これらが良好な経済環境を提供していた面がある。

(水瀬コメント)
一般消費者の過剰借り入れ&過剰消費を取りあげていました。
住宅バブルだったとはいえ、住宅がATM代わりというのは、すごい感覚ですね。
ちょっとよく分かりません。


・住宅バブルの崩壊により、住宅を使って消費できなくなった。
・一般消費者は締め出され、学生ローンを借りることも出来なくなった。
・逆資産効果が生まれた。不動産市場、株式市場が暴落することで、一般消費者は以前のような消費をしなくなった。
・トヨタが赤字。自分もトヨタに乗っているが、ディーラーの販売は止まっているようだ。
・日本・中国の輸出が減少しているのも影響のひとつ。

(水瀬コメント)
住宅バブル崩壊により、米一般消費者の過剰借り入れ&過剰消費がなくなってしまった結果、世界経済全体が停滞してしまったということだと思います。


ここまでインデックスの話は一切なし(笑)
次回、今後の見通し等について話が及びます。

(次回に続く)
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ