バートン・マルキールセミナーレポート(その2)

バートン・マルキールセミナーレポート(その1)」の続きです。

・今後の見通し。停滞は長期にわたるかもしれない。2009年はよくて横ばい。
・だからといって、世界大恐慌ではない。
・過去の世界恐慌の時と違う点がある。
・大規模な財政出動、金融刺激策が行なわれている。
・世界恐慌の時は25%通貨供給量が減ってしまったが、現在は世界の中央銀行による流動性供給が行なわれている。
・世界恐慌の時は各国がいろいろな税を互いに課していたが、現在は保護主義の防止が講じられている。

(水瀬コメント)
見通しは必ずしも明るくはないが、かつての世界恐慌ほどではないとのこと。


・私たちは必ず回復するだろう。おそらく2010年頃から。
・今は新聞でデフレ、デフレと騒がれているが、そのうち物価上昇してくるだろう。
・インフレは死んでいない。
・株式市場を見捨ててはいけない。
・株式のリスクプレミアムはいまだ健在。5~6%。
・シラーの株価収益率で見ると、1999年45倍、1925年35倍、今13倍と魅力的。
・配当利回りで見ても魅力的な水準。

(水瀬コメント)
「私たちは必ず回復するだろう」
マルキール氏から力強いメッセージです。


・コストの重要性。低コストのファンドは高コストのファンドより高いリターンを上げる。
・インデックスファンドは完璧な低コスト商品。
・S&P500に負けた大型株ファンドの割合。2008年末までの期間が、1年で61%、3年で64%、5年で62%、10年で54%、20年で68%。
・米国ではインデックスを2%以上上回るのは難しい。
・2007年まで9年連続でS&P500を上回った14本があるじゃないかと言われるが、そのうち2008年も上回ったのは1本のみ。これは恒常的な傾向ではない。日本でも同じことだ。


(水瀬コメント)
低コストなインデックスファンドの優位性をデータを使って懇々と説いていました。
マルキール氏の説明にも力がこもっていました。


・コア&サテライトアプローチの優位性。
・すべてインデックス運用にしろとは言わない。
・金融業界の人に、アクティブ運用はインデックス運用に勝てないと言うことは6歳の子どもにサンタクロースはいないと言うのと同じで受け入れがたい考え方。
・コアにインデックス運用を持ってきて、サテライトとしてアクティブ運用を用いるというのはよい戦略。
・私自身も採用しているおすすめしたい戦略。

(水瀬コメント)
よく誤解されていますが、マルキール氏(および「ウォール街のランダム・ウォーカー」)はガチガチのインデックス原理主義者ではありません。
アクティブ運用にも一定の理解があります。
ご本人もコア&サテライト戦略で運用しているとのこと。


・最後に2つのことを持ち帰りいただきたい。
 ①回復は遅々としたものになるが、私たちは必ず回復する。
 ②私たちが確実にできることは、コストを下げて取り分を増やすこと。


(水瀬コメント)
今日のセミナー内容は、この2点に集約されていると言っていいでしょう。
もはやコメントは不要かもしれません。


この後、あらかじめ募集していた質問で多かったものに、マルキール氏が答えるQ&Aがありました。

(次回に続く)

関連記事


  





コメント

僕もコア・サテライトかも!?

確かに僕もコア・サテライトに近いです。
ただ、将来はアセットアロケーションをアクティブにする方向で考えています。

これからはインデックスは更にコストを下げる為の戦略を考えています。
最近は確定拠出個人型でも信託報酬が低いインデックスが登場し、「何でこんな所に!?」と思える金融機関で扱っていました。
コストを下げる事はリターンに直結する事なので、現在、いろんなシミュレーションをやっています。
マルキール氏が言っている「配当利回りで見ても魅力的な水準。」と言うのは現在、僕がやっている戦略です。
これに加えて、確定拠出が使えるようになれば戦略に幅が広がります。
強いて言えば、2号の人は会社に言わなくても自分勝手に確定拠出を使えるようにしてくださいって本当は言いたいですが・・・無理かも。

応募の倍率は3倍だったと

本日のセミナー、お楽しみさまでした。(^^)
最前列には名だたるブロガーの皆様がご着席だったのですね。たぶん私の視界の中に、ブログでよくお見かけする方々がいらっしゃるのだろうなぁと思ってマルキール氏を見るのと同じくらい興味深々でした。
マルキール氏の基調講演のあとのお話も面白かったですね。
>インフレは死んでいない。
としっかりメモしておきました。

 詳細なレポート、ありがとうございます。
 セミナーに行けなかった者にも内容が非常によく伝わります(でもやっぱり行きたかったな~)。
 「必ず回復する」というメッセージは、出てくることが想像されましたが、あらためて聞くと投資を続けることに対して心強く思います。幸い、まだ投資期間が長く残っているので、これまで通りのんびりと投資を続けていきたいと思います。

>タカちゃんさん

記事本分にも書きましたが、マルキール氏自身もコア・サテライト戦略でアクティブファンドも持っているそうです。
インデックスを上回るアクティブファンドの選定は、かなり難しそうですが。


>あづささん

最前列はメディア席でしたよ。
2列目にブロガーたちが集まっていました。

>> >インフレは死んでいない。
>> としっかりメモしておきました。

僕のメモでは、「私たちは必ず回復するだろう」が太字になっていました(^^ゞ


>fundstoryさん

残念ながら落選になってしまったかたにも、本記事が何かのご参考になったのであれば幸いです。

実りあるセミナーでした

はじめまして
昨日のこのセミナー、私も参加いたしました。
聴くことに集中していて不正確なメモしか取れなかったので、水瀬さんの詳細レポートでしっかりと復習させていただきました。ありがとうございます。

私の少ないメモの中でも「We will recover.」は太字になっています!最後のまとめでも繰り返されていてマルキール氏の強い想いを感じました。

第一部でマルキール氏が低コストのファンドを選ぶことの重要さを強調し、第二部でバンガードのファンドが他のファンドに比べていかに低コストであるかを具体的に示す、見事な連携でした。

>九条あおこさん

はじめまして、九条あおこさん。
英語に集中するとメモどころじゃなくなりますよね。
自分も途中でイヤホンを外してしばらくマルキールさんの肉声を聴いてみたのですが、メモが進まず断念しました…(汗)

「We will recover.」かみしめたい言葉でした。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

インデックス投信のバートン・マルキール氏セミナー(メモ)

バートン・マルキールセミナーレポート(その2)(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)から勉強させていただきました。 バートン・マルキ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)