バートン・マルキールセミナーレポート(その3)

バートン・マルキールセミナーレポート(その1)
バートン・マルキールセミナーレポート(その2)
の続きです。

あらかじめ募集していた質問で多かった4つを取りあげ、マルキール氏が答えるという質疑応答です。
それではどうぞ。

【Q1】
今株式を買うべきか?株式比率が下がっている今リバランスして追加投資すべきだと思うが、リスクが上がっているので勇気が出ない。

【A1】
先ほどお話したように、株式は今安売り状態。服はセールの時に買うのが魅力的だが、それと同じで株式にも投資するべき。設定した目標比率に従ってリバランスもするべき。
深刻な景気後退でリスクが高まっているが、株式のリスクプレミアムに反映されている。
長期的には今投資しておくと将来のリターンは高くなるのではないか。2~3年後にはインフレ懸念も出てくるだろう。今株式に投資するのをやめておくというのは間違いだ。


【Q2】
世界同時不況下でも分散は有効か?また地域の分散と商品の分散のどちらが大切か?

【A2】
両方重要。
たしかに相関性は上昇した。金融危機時は係数1に近づく。
しかし、世界全体に分散することは必要。急速に伸びている中国・ブラジルのような国々や、オーストラリアのような資源国は、今後再びインフレが台頭してきた時の資産防衛策として必要。


【Q3】
今回のような金融危機の発生頻度は今後増えると思うか?

【A3】
私は今回のような金融危機がすぐに再燃するとは考えていない。
たしかに金融の規制に失敗はあった。グリーンスパンもそれを認めている。今後は、金融機関の自己資本比率は高いものが求められるようになるだろう。
しかし、将来にわたってバブルが発生しないかと言われれば、過去、常にバブルは起きてきたので今後も起こるだろう。
ただし、今回のような皆が借り入れを増やしてしまうような形での金融危機はもう起きないのではないか。


【Q4】
今の日本市場には魅力があると思うか?

【A4】
今の日本市場は稀に見るほど魅力的だと思う。
過去の日本株式への投資がいかに辛かったか語る必要はないと思うが、バリュエーションで見ると世界でももっとも割安な水準の国のひとつ。
デフレ論調は変わらないだろうが、過去と現在を同じに見てはいけない。いずれインフレは起きるだろうし、日本市場は魅力的だと思う。


お客さんの質問で多かった4つを取りあげたとのことでしたが、自分でも聞いてみたかったことが多く、みんな思っていることは似ているんだなあと思いました。
マルキール氏の答えを信じるのも信じないのも自己責任です。

個人的には、A1~A3は同感なのですが、A4はちょっとどうかなと思いました。
なぜなら、世界のPERを見ると、NYダウ30種 23.88倍、英国FT100指数 12.07倍、ドイツDAX指数 13.45倍、フランスCAC40指数 10.64倍、香港ハンセン指数 15.31倍、ブラジルボヘスパ指数 12.31倍、インドムンバイSENSEX30種 14.58倍等々に対して、日経225は43.83倍と割高だからです。(2009年5月17日現在)
まあバリュエーションはPERだけではないので、また違った見方もできるのだとは思いますが。(例えばPBRで見たり)


さて、バートン・マルキールセミナー全体を通しての感想です。
やはり、何度も何度も読んだ本の著者の生の声を聞けることは、何とも言えない感慨深いものがありました。
また、セミナーに落選してしまったかたもおられる中で贅沢な話ですが、もし話が「ウォール街のランダム・ウォーカー」に書いてあることばかりだと物足りないかも…とひそかに心配していました。
しかし、話の大半は現在の金融危機の分析と今後の見通しにさかれており、まさに今しか聞けない内容だったと思います。
もちろん、インデックスファンドの優位性等いつもの主張も直接生の声で聞けて、自分のなかでインデックス投資を続ける励みになりました。

このセミナーに参加できて、本当によかったと思いました。
このレポートが、読んでくださった皆さまの何かのご参考になれば幸いです。


P.S
この後、第二部として、マネックス内藤氏・バンガード加藤氏・セゾン投信中野氏によるパネルディスカッションがあったのですが、ここまでのレポートで力尽きてしまいました。
もうだめ…バタッ (o_ _)o
関連記事


  





コメント

お疲れ様です。貴重なレポートありがとうございました。
まずはお休みください。
んで、パネルディスカッションのレポート方もぜひ(^^

有楽町は遠いけど・・

おつかれです^^

よかったですね!

前席のブロガー集団は目立ってましたよ。

おつかれさまでした(*^^*)

こんばんは、水瀬様。
まずは、お疲れ様でした。

また詳細なレポート、ありがとうございます。
すごく参考になりました(*^^*)

ちなみに私は落選しました( p_q)エ-ン
以前マネックスで、ヴァンガード社の3ファンドを保有してたのですがその後売却して、マネックスさんとの取引は4年以上しないまま経ってますからね。まぁダメもとで申し込んだのですが、少し残念でした。

私自身は、水瀬さんとは少し違うアセットクラス(新興国・商品指数が中心)で長期投資をしてますが、いい意味での臆病な分散投資を続けていこうかなという再確認できましたね。

本当に生で聞けるのは貴重な体験でしたね(*^^*)


おつかれさまでした&ありがとうございます

おはようございます。
おおむね予想通りの講演だったようですね。
一貫した投資哲学を持っているならば、大前提(世界の成長)が続く限りは揺らぐ必要はない(特に短期=1~2年)ということを確信させてくれた有意義な講演だったと思います。
ファンドマネージャー(プロ)は3カ月、6カ月、1年などの運用成果を問われるでしょうが、インデックス投資家は最低限10年単位での資産増加で見ればいいのではないでしょうか。
仕事でも(もちろんケースバイケースですが)一人前になるには10年程度(2万時間)程度はかかるのが普通です。
10年までは修行時間であり、10年以降は10年前と比べて自分の資産がいくら増えているかを検証すればいいのです。
方法が正しければ(私は正しいと思いますが)10年前と比べて資産は増えているはずです。
証明されるのは2017年(過去の資産最高額の10年後・今年はすでにプラス)なので、8年後が楽しみです。

Q4は意見が分かれそう・・・

僕もQ4は疑問です。
株価が割安かどうかをマルキール先生はあげているけど、本当に重要なのは長期トレンドで日本株式でリターンが取れるかどうかです。

【Q4】
今の日本市場には魅力があると思うか?

これはマルキール先生と他の人では答えは違ってくるはずです。
果たして答えは・・・10年後の株式市場が出してくれます。

ちなみにQ1~Q3まではマルキール先生の答えに納得です。

あくまでもQ&Aであって最後は自己責任なので、マルキール先生の意見を参考にやっていければと思います。

それから、遅くなりますがバートン・マルキールセミナーレポートをありがとうございました。

心強いです!

お疲れ様です。
詳しいレポートありがとうございました♪

それにしても一貫した哲学って凄いですね。
生で聞いてみたかったです~。

僕としては、
"コア&サテライトアプローチの優位性" この話が出たって言うのは嬉しい事でした!
もっとインデックスファンド頑張って欲しいですし、それに負けずに自分も頑張りたいです。

お疲れ様でした

さすがアップするのが早いです(^^)
御本人の話が直接聞けたのは良かったみたいですね。

それにしてもパート1の

>一般消費者は締め出され、

は分かるのですが

>学生ローンを借りることも出来なくなった。

学生ローンが普通なのか? さすが借金大国と妙に感心してしまいます。

>【Q4】今の日本市場には魅力があると思うか?

ですが個人的には中立です。
トヨタのプリウスの話とかを聞くとさすが技術力あるよなと思います。
日本経済全体がパッとしなくてもトップ企業それなりに行くような気がするのですが。

>レオさん

(^^;;


>預金王さん

ご参加されていたのですか。
お疲れさまでした。


>恵(KEI)さん

クレディセゾンのカード会員も申し込めたみたいですし、取引内容というよりも単に倍率の問題(なんでも3倍とか)だったのではないでしょうか。

本記事が参考になったのであれば幸いです。


>江戸の隠居さん

>>一貫した投資哲学を持っているならば、大前提(世界の成長)が続く限りは揺らぐ必要はない

バンガードジャパンの加藤氏によれば、マルキール氏はもう30年間同じ投資哲学を語っているそうです。
どうりでプレゼンが上手なわけです。


>タカちゃんさん

セミナーで言っていることを信じるも信じないも、自己責任ですよね。
僕は投資セミナーでは、講演の内容よりも、講演者や会場の熱気によるモチベーションの向上を目的にしているような部分が大きいです。
それも自己責任ですが(^^)


>かえるさん

コア・サテ戦略どころか、マルキール氏はウォール街のランダム・ウォーカーのなかで個別株投資の方法まで書いています。
機会があったら見てみてください。インデックス投資家の個別株投資というやつを(^^)


>ぷれでたさん

米国の学生はローンで学費を調達して大学へ行くのが普通だとどこかで読んだことがあります。たしか、親にお金を出してもらって遊び呆けている日本の大学生との対比という文脈で書いてあったように記憶しています。

金融商品深堀りチェック

5/18付の日本経済新聞朝刊の「金融商品深堀りチェック」のコラムに対する、水瀬さんのコメントを期待してます。
忙しくなかったら、是非コメント書いて下さい。(ちょっと、ありきたりの内容ですかね・・・・)

自信がもてますね

レポート紹介お疲れ様でした。

長期運用はインデックスで積み立てているSONも自信が持てる内容です。

そしてSONは日本の力を信じてますのでQ4の回答もYESです。

人それぞれ考え方は違っても
結果的に納得のいく投資にたどり着ければいいんですけどね。

ではまた!!

私も参加しました

初めまして。私も運良く当選したので参加しました。

大概は、レポートされていたり、コメントされていらっしゃるので私ごときがコメントするところではありません。マルキール教授のお話も、英語を母語としない、非専門家向けと言う事もあり、ゆっくりとわかりやすく、同時通訳が必要ないくらいでした(個人的には、同時通訳が鬱陶しくなり、すぐに外しちゃいましたが)。

日本人の感覚だと、「学生ローン」と言えば学生向けの消費者金融か銀行の教育ローンと言った事を想像されるかも知れませんが、日本で言う「奨学金」と同義で使われている言葉のようです。

独立行政法人「日本学生支援機構」(旧、日本育英会)の奨学金も彼らに言わせると立派な学生ローンです。ごく一部の例外を除いて返済の義務を負っていますから。

で、いわゆる「奨学金」と言われるものは、給付されるもので返済義務の一切無い者の事を指すらしいです(かつて米国からに留学生に聞いた話)。

ローンで学費を借りると言う事が日本でも可能なら道が開ける人も多そうですが日本では難しいですね。
学費が工面できずに進学できなかったり退学したり、水商売に手をだしたりした知り合いが結構いるもので…。

レポートありがとうございます!

わかりやすいレポートありがとうございます。
積み立てで買っているセゾンと住信のグローバルインデックスは細々と続けていますが、スポットで買っていた分を最近は貯金していました。

投資にまわす割合を以前くらいに戻すか、今しばらく安全運転を続けるか思案のしどころです。

これこそ、自己責任で悩んでみようと思います。

マルキール氏のぶれない主張に感動です。
たしかに、20年先を見据えての投資では、短期の変動はチャンスと捉えられますね。

>ローンさん
clio172さんがおっしゃっている 独立行政法人「日本学生支援機構」は、かなり審査がゆるいはずですよ。

学費だけでなく、生活費としても借りている人も多いとか。
お知り合いに教えてあげて、検討してみればどうでしょうか?

たしか、2割くらいの学生が卒業してから返さなくて、次の世代の学生に貸すお金が減っているので、返さない人を信用調査機関に通告すると表明したので、学生が反対デモをしているニュースを見ました。

>蓄財王さん

インデックスファンドの優位性、コストの重要性、ETFのメリット・デメリット、金融機関対応など、インデックス投資の要諦がきれいにまとめられています。
脇の編集委員解説では、いわゆる「効率市場のパラドックス」まで平易に解説されており意外に奥が深い。
その割には投信の基準価額のことを「基準価格」と書いていたりしてちょっとだけ残念(笑)

しかし全体的には、金融機関の得にならない記事を、あえて投資家側の立場で思い切って書いてくれた、そんな好印象の記事でした。


>SONさん

そうそう。市場は広く深いので、いろいろな方法で儲けられ得ると思います。自分で納得した投資法で各自が頑張ればいいと思います。


>clio172さん

米国では、学生ローンは奨学金と同義なんですね。知りませんでした。
貴重な情報、ありがとうございます。


>ローンさん

日本でももっと寄付制度が発展していれば、そういう学生さんも救われるのかもしれませんね。
寄付控除の適用団体が限られすぎていると感じています。


>しんたさん

レポートが何かのお役に立ったのであれば幸いです。
書いた甲斐がありました。

ところで、奨学金の用途は学費でも生活費でもいいのですが、借りたものは返す、返せないなら借りない、そういう習慣をつけないと社会に出てから取り返しのつかない失敗をしてしまうような気がしないでもありません。
投資だけでなく、借金についての正しい知識も、大切な金融リテラシーの一種だと思います。

感謝

はじめまして。最近投信を始めたさとしと申します。

数冊の入門本からインデックスが良さそうだというところまでは辿り着いていたのですが、水瀬様の本レポートから勉強すべきはバートン・マルキールだと感じました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マルキール教授のインタビュー

NHKBSの経済最前線という番組でバートン・マルキール教授のインタビューを放送してました。

セミナーで語られた内容を要約し繰り返し述べられていたようですね。

しんたさん
情報ありがとうございます。
ただ、直近で困っている知人は家庭の事情で進学出来なかった社会人なもので奨学金の対象から外れるのではないかと…。昼の仕事では進学の為の学費がなかなか貯まらず夜の仕事を始めてしまったので何とかならないかと思ってはいるのですが…。

かなり興味深い内容ですね。
こういうのを生で聞ける機会があってうらやましいです。
自分で運用するようになって、さらにブログ始めて記事を書くようになって俄然いろんなことに興味出てきました。
一度、マネックスあたりがやってる勉強会にでも行ってみようかな・・・

>さとしさん

インデックス投資の古典と言ってもいいかと思います。
ぜひ勉強してみてください。


>新田原アグレッサーさん

見たかったですね~それ(^^ゞ
BS見られないのが残念です…。


>にしむさん

資産運用にしてもブログにしても、始めると自分の興味が広がってきますよね。
どちらもいつも良いことばかりではないですが、得るものも大きいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

バートン・マルキールセミナー

水瀬 ケンイチ様のサイトでバンガード・グループが主催したセミナーのレポートを掲載されていました。 ・梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(水瀬 ケンイチ様のブログ)  - バートン・マルキールセミナーレポート(その1)  - バートン・マルキールセミナーレポート

今後のポートフォリオ

水瀬さんのバートン・マルキール氏の講演内容要約は興味深いですね。 私は落選しました( p_q)エ-ン マネックスとの取引はもう4年以上なんもないしね、まぁしょうがないよね。という感じです。 やっぱり、でも記事読むと行きたかったなぁー。 だって、そうそうできない

資産配分変更と今日の投資成績

2009年5月18日の資産配分はこんな感じです。 バートン・マルキール氏も推薦している、新たな資産クラスへの配分を開始しました。

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)