ひとり酒は脳卒中リスクが高い??

なんと、ひとり酒は脳卒中リスクが高いそうです。

(投資に関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

NIKKEI NET 2009/05/21より引用】
「ひとり酒」は脳卒中リスク高い? 男性の飲酒、適量でも
 厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)は21日、適量でも1人で酒を飲む男性は、友人や家族との社会的交流の多い男性に比べて、飲酒による脳卒中のリスクが高くなるとみられるとの調査結果を発表した。仲間と楽しく飲んだほうがストレスを発散でき、脳卒中の予防につながる可能性があるという。
【引用おわり】

スマン、仲間と飲むのも好きですが、ひとり酒も同じくらい好きなんです。
最近のお気に入りはこれ
毎日の晩酌は欠かせません。(いちおう休肝日はもうけてます)
ちょっと飲みながらのブログ更新も楽しいものです。

この楽しみを奪われるほうがよっぽどストレスなんですけど…(^^ゞ
関連記事


  





コメント

こんにちは

僕はお酒があんまり強い方ではないので1人で飲むことはめったにないですね。

嫁さんと飲むか友人とわいわい飲むかだと気分よくていいんですけど
会社の付き合いで飲むのはしんどいですね。

脳卒中リスクは相手にもよるのではないかなーなんて思いました。
ではまた!!

一人で酒を飲むと言う行為じゃなくてその背景に原因がありそうですね。
まず結論ありきの調査ではと勘繰ってしまうのは考えすぎでしょうか。記者による誇張もしくは歪曲がないかも気になるし。

初めまして。

いつも参考にさせてもらっています。
貴サイトで紹介されていたランダムウォーカーも読みました!
私もインデックスをメインに運用しています。(最近始めたばかりですが)
私も1週間前くらいからブログ作りました!
ブログの作り方なども勉強させてもらっています。


私は酒が弱いのでほとんど飲まないです。
酒が弱い人が酒を飲むと胃ガン(だったかな)になる確率が150倍くらいにあるとか・・・

酒は個人の適量です。

太字の文お疲れ様です。
ひとり酒という言葉では足りません。
その方の人間関係、心の状態、その前後のコミュミュケーションプロセスが問題です。
この新聞記事自体の取り上げ方に問題があると思います。

別新聞(毎日新聞)の記事を見ましたが、どうも内容に微妙な違いがあるようですね。
実際には飲酒と頼れる人がいるかの因果関係がポイントのようで、ひとり酒に焦点を当ててしまうと誤解を招きそうです。NIKKEI NETは読者の興味を引く為に意図的にそうしているのでしょう。
結局のところ「適度な飲酒はストレスの解消に役立つ」「頼れる人がいないとストレスが溜まりやすい」という当たり前のことでしかないような。
ストレスをためず飲酒は適量を守ってと言う、やはりごくごく当たり前のことが結論のようです。

緩熊さんがうまくまとめてくれたので、特にコメントなし!(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)