信託報酬0.2625%の日経225連動インデックスファンドが出る!?

水瀬ケンイチ

信託報酬0.2625%の日経225連動インデックスファンドが出るとの報道です。

QUICK MoneyLife 【第111回】投信フォーカス
「知られざるインデックス運用の世界」をニッセイアセットマネジメントに聞く――ノーロードで信託報酬率(0.2625%)が業界最低の日経平均連動型を一般投資家向けに投入

噂のファンドの概要は以下のとおり。

■ニッセイ日経225インデックスファンド
(申込手数料:0% 信託報酬:0.2625% 信託財産留保額:0%)

今までの日経225連動インデックスファンドより、ひとまわりもふたまわりも低コストです。
記事によれば、現在401k(確定拠出年金、DC)のみに提供されているが、6月にも大手証券会社の一角で一般投資家の購入が可能となる見込みとのこと。

記事が本当ならば、大手証券久々のスマッシュヒットとなるでしょう。
また、ネット証券が追随するかどうか、たいへん興味深いところです。

このように、DC専用のインデックスファンドがどんどん一般向けに開放されてくれば、外国株式インデックスファンドや外国債券インデックスファンドの信託報酬競争も加速されていくのではないかと思います。

米国では、ETF vs インデックスファンド論争が盛んなようですが、日本ではまだインデックスファンドとETFのコストの間に開きが大きいこともあり、まだまだ論争の緒についていない段階だと思っています。(一部ではSTAMのコストでいいやという意見も聞かれますが)
(関連記事)
2007/08/15 ETFとインデックスファンドのどちらが優れているか?

これを機に、信託報酬競争が加速し、日本でもETF vs インデックスファンド論争の舞台が整うことになればうれしいのですが、はてさて、いったいどうなることでしょう。
今後の正式発表を待ちたいと思います。

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ