信託報酬0.2625%の日経225連動インデックスファンドが出る!?

信託報酬0.2625%の日経225連動インデックスファンドが出るとの報道です。

QUICK MoneyLife 【第111回】投信フォーカス
「知られざるインデックス運用の世界」をニッセイアセットマネジメントに聞く――ノーロードで信託報酬率(0.2625%)が業界最低の日経平均連動型を一般投資家向けに投入

噂のファンドの概要は以下のとおり。

■ニッセイ日経225インデックスファンド
(申込手数料:0% 信託報酬:0.2625% 信託財産留保額:0%)

今までの日経225連動インデックスファンドより、ひとまわりもふたまわりも低コストです。
記事によれば、現在401k(確定拠出年金、DC)のみに提供されているが、6月にも大手証券会社の一角で一般投資家の購入が可能となる見込みとのこと。

記事が本当ならば、大手証券久々のスマッシュヒットとなるでしょう。
また、ネット証券が追随するかどうか、たいへん興味深いところです。

このように、DC専用のインデックスファンドがどんどん一般向けに開放されてくれば、外国株式インデックスファンドや外国債券インデックスファンドの信託報酬競争も加速されていくのではないかと思います。

米国では、ETF vs インデックスファンド論争が盛んなようですが、日本ではまだインデックスファンドとETFのコストの間に開きが大きいこともあり、まだまだ論争の緒についていない段階だと思っています。(一部ではSTAMのコストでいいやという意見も聞かれますが)
(関連記事)
2007/08/15 ETFとインデックスファンドのどちらが優れているか?

これを機に、信託報酬競争が加速し、日本でもETF vs インデックスファンド論争の舞台が整うことになればうれしいのですが、はてさて、いったいどうなることでしょう。
今後の正式発表を待ちたいと思います。

関連記事


  





コメント

> これを機に、信託報酬競争が加速し、日本でもETF vs
> インデックスファンド論争の舞台が整うことになればうれしい
> のですが、はてさて、いったいどうなることでしょう。

いいですね!
こういう、信託報酬の値下げ競争は大歓迎です。

>ETFとインデックスファンドのどちらが優れているか?
この記事読みました。

海外ではどっちもどっこいどっこいなんですね!
それならランダムウォーカーにもあった議論が出るのもわかりますが
日本じゃ、明確な信託報酬の差がありますもんね。
私も調べてみよう。

これは・・・

本当なのでしょうか?

今、SBI証券が扱っているノーロード型の日経225連動インデックスファンドを見てみましたが、各ファンドの信託報酬は、

三菱UFJ-インデックスファンド225 0.546%
T&D-225インデックスファンド 0.5565%
MHAM-株式インデックスファンド225 0.5775%
野村-株式インデックス225 0.651%
DIAM-日経225ノーロードオープン 0.84%

てな感じです。

これよりも安いのがあるのかどうかは知りませんが、少なくともこれらのファンドよりは半額以下のコストですね。

しかも、あまり安売りはしないイメージのある大手証券(どこだろう?)が何故に?

なぞが深まるばかりですが、記事を読むと本当っぽいし。本当であれば喜ばしい限りですね!他の運用会社も追随してほしいものです。

これだとリレー投資はコスト的にメリットなくなりそうですね。
本当に出てから考えますが、ETFを売って乗り換えるかもしれません
(普通逆でしょうけど)
1万円以上であれば端数考えずに買える点と分配金の再投資の楽さ
(まあ、このコストだと分配金はないでしょうけど)
SBIでも10万未満で手数料無しは無くなったなどなどですね。
私の場合は個別株も相応に持っているのでその配当金をETFに
投資するよりこういうインデックスファンドのほうがありがたいです。

>ひろんさん

大歓迎です!


>たまさん

はやく米国のようにETFとインデックスファンドが同等レベルのコストになってほしいですね。


>Billyさん

>> 本当なのでしょうか?

これはいち報道に過ぎないので、本当かどうかはわかりません。
正式発表を待ちましょう。


>龍王さん

手間という面ではインデックスファンドに一日の長がありますよね。
僕もコストが同等ならインデックスファンドを選ぶと思います。

手間

私もインデックスF225、10万円分だけ去年10月に買いました。(余談ですが、その後、ぐっと落ちて、今週やっと元金に戻りました( ノД`)シクシク…)その時に、信託銀行のおねぇさんが言ってたのは、インデックスは手間がかからないので、信託報酬が安いんですと。確かに、どこにいくら投資しようか。。とか全く考えなくてもいいので、タダでもいいくらいですよね(笑)

>ダモさん

横から失礼します。
インデックス連動も手法が複数あり、手間はかかります(銘柄選択をしなくてもいいという意味では手間がかかりませんが、日々売買のために必要なキャッシュをどうするか、完全法と呼ばれる全銘柄を持つと顧客の売買の度に株式手数料がかかり指数との乖離要因になります)ただ、アクティブファンドと比較するとコストが抑えやすいので投資家の最低限のコスト負担は必要と思っています。

>ダモさん

手間と言っても、僕が言っている手間は投資家側の手間で、ダモさんが仰っているのは運用側の手間ですね。
運用側の手間については、kenzさんも仰っているように、インデックスファンドも結構手間がかかるようです。
山崎元氏も下手なアクティブファンドよりも運用に手間がかかるとどこかで書いていたような気がします。


>kenzさん

フォローいただき、ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

信託報酬0.2625%の日本国内株投信販売!?

##やる気のない吊られた男ですが、これは書かねば 内藤忍氏のSHINOBU'S WORLDの記事(【速報】ノーロードで信託報酬0.2625% 日経平均連動型インデックスファンド)で知りました。 「知られざるインデックス運用の世界」をニッセイアセットマネジメントに聞く――

信託報酬率(0.2625%)日経平均連動型を一般投資家向けに投入

朝から記事を見てビックリしましたが来月(6月)からDC向けのインデックスファンドが一般投資家向けに投入される見込みのようです 「知...

ニッセイ日経225インデックスファンド

「知られざるインデックス運用の世界」をニッセイアセットマネジメントに聞く――ノーロードで信託報酬率(0.2625%)が業界最低の日経...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)