日本の投資信託市場は中国に次ぎ世界三位の評価

日本の投資信託市場が投資家の利益につながっているかどうかの評価は、世界3位とのこと。

【日経新聞 2009/05/27朝刊より引用】
投信市場「投資家利益」 民間調査で日本は3位
 日本の投資信託市場は中国に次ぎ世界三位の評価――。米国の金融商品評価会社モーニングスターが世界の投信市場について、投資家の利益につながっているかどうかを調べた結果、日本は米国、中国に次ぐ評価となった。投資家保護、手数料など六項目について、採点したところ、日本は商品の多様性などが評価された。ただ、税制や情報開示は評価が低かった。
【引用おわり】

(詳細はプレスリリース参照)

意外に評価が高いなというのが第一印象です。
英国やオーストラリアなど16カ国を対象に、3位というのは健闘ではないでしょうか。
欧州勢よりも上なの?やるじゃんという感じです。

ただ、日本の改善すべき課題として、目論見書が分厚く読みにくいことや、長期投資を促すような税制優遇策がとられていない点があげられていました。
ごもっとも。
この辺が改善されると、さらなる投資家利益につながるということですね。
長期投資を促す税制優遇策、ぜひ導入してほしいです。

ちなみに、1位の米国は納得としても、2位の中国が異彩を放っています。
中国は何が評価されたのかというと、税負担が少ないことが評価されたようです。
香港がタックス・ヘイブンだということはよく知られていますが、それ以外の地域での税率は何%なんでしょうね?


関連記事


  





コメント

こんばんは。

えっイギリスとかより上なんですか、意外です・・・。確かに大健闘ですね(^^)。

長期投資の優遇税制はぜひほしいですね~。税金が削れる喜びは大きいっす。インデックス投資のコストは信託報酬を除けばほぼそこに集約されますものね。

>長期投資を促す税制優遇策・・・

やはり401Kですかね、特別法人税の行方が気懸りですが。配当、利子、売却益の非課税、掛金の所得控除まで含めて特典、テンコ盛りですから。例の総合型401Kは困りものですが、個人型でも総合型(企業型)でも付き合う金融機関の選択さえ間違えなければ使い勝手はある。残念ながら情報が行き渡っていない、”情報格差”があるようですが。

田舎のKenさんのコメントにあるように、別に投信、ETFの信託報酬手数料だけじゃなく、あらゆる投資に纏わる売却益に掛る”税金”もコスト。塩爺付け焼刃・非課税枠、ゼロクーポン債・非課税枠も使いましたが税制の”穴”を突くのも手取りの利益を増やす戦略ですよ。これも結構、デカイなと実感があります。個人型401Kで3匹目のドジョウ、狙ってます(汗)。

初めまして!

いつも楽しく、投資生活の参考にさせて頂いておりますm(_ _)m
中国の第2位はちょっと意外でした。
確かに税制優遇を長期保有の投資家に対してもっと行えば、さらに長期投資文化が広がる様に思います。この面でも頑張れニッポン!!ですよね。

税制はある意味当然の結果

401kについて言えば、確かに金融機関さえ間違えなければ投資信託の良さを存分に発揮できる筈です。
ただし、2号(個人型)は1号に比べて非常に厳しい自己責任が課せられます。
例えば、事業所登録、給与からの天引きさせると言う極めて厳しい自己責任が有ります。
現在、こう言った事まで会社がやってくれるほど甘くはないと思います(悪く言えばクビがぶっ飛ぶ!)。
1号の人は国民年金を納めている人が少なく、401kをやっている人が少ないと言えます。
401kを除いた投資信託の税制については長期投資の事を前提に考えておらず、長期投資での優遇策は欲しいところです。
ですから、コラムにもあるように税制の評価が低いと言うのは当然の結果と考えます。

商品の多様性が評価されると言うのは悪い意味でもそう言えます。
例えば、毎月分配型投資信託など、合理性よりも行動ファイナンス的に「買ってくれる」と言う所に目を付けているのが多いようです。
確かに商品の数や多様性は有るので、信託報酬を無視すれば自分の投資したい対象の投資信託は見つかると思います。
でも、日本の投資信託の信託報酬は高すぎる問題が有ります。

>田舎のKenさん

シティを擁する英国よりも上だったみたいですよ。
ちょっとびっくりですね。


>Werder Bremenさん

401kもいいですが、皆が広くあまねく利用できる優遇税制がほしいところです。


>ふるぴょんさん

はじめまして、ふるぴょんさん。
投信の分野で中国には負けているのはなんか悔しいです。
頑張れニッポン!!ですよね。


>タカちゃんさん

日米の信託報酬比較は以下の記事で取りあげましたが、単純平均では実は日本のほうが安いです。しかし、加重平均では米国のほうが安いです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1064.html
これが意味するところは、米国にはとんでもない高コスト商品が存在する一方、投資家がそれを避けて低コストなものに投資しているというリテラシーの高さだと思います。

改善の方向に向かって、声を上げていきましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)