「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」6月分の投資を、本日6月24日(水)に行ないました。
(ご参考)ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

今月は、しばらく小上がりしていた相場が、ちょっと調整したところでの投資になったように思います。
もっと下がるかも知れませんが、先の事は分からないので今月はこの辺で投資しておこうと思いました。

購入投資信託は以下の3本です。

STAM グローバル株式インデックス・オープン
インデックスファンドTSP
※上記2ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF(VTI)及びiShares MSCI EAFE Index Fund(EFA)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF



株式クラス:債券クラスの比率は変えていませんが、先月より、債券クラスは外国債券クラスのインデックスファンドの購入に代えて日本債券クラスのMMFにしています。
日本債券クラスの比率が納得いくレベルまで増えるまで、しばらくこのままいこうかと思っています。

今までもこれからも、愚直に積み立て投資を継続したいと思います。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券
(STAM グローバル株式インデックス・オープン、MHAMのMMF 、VANGUARD TOTAL STOCK MARKET ETF、iShares MSCI EAFE Index Fund)
マネックス証券
(インデックスファンドTSP)
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ