「ニート」30代で増加と言うが…

10代、20代のニートは減っているのに、30代ニートは増加しているとのことですが…。

NIKKEI NET 2009/07/03より引用】
「ニート」30代で増加 09年版青少年白書
 小渕優子少子化担当相は3日の閣議に、2009年版「青少年の現状と施策」(青少年白書)を報告した。非労働力人口のうち、家事も通学もしていない、いわゆる「ニート」が30歳代で増加傾向にあると指摘、より若い段階での対策が必要と指摘している。
 年齢別にみると、08年の15~29歳までのニートの合計は43万人で前年からほぼ横ばい、03年に比べ5%減少した。30歳代は39万人と、03年比2割増となった。ニートになるとなかなか抜け出せない若者の増加も一因とみられる。ニートとなった原因は不登校や高校中退にたどり着くことが多いため、内閣府は早い段階での対処が重要と強調している。
【引用おわり】

自分も36歳で、今は余剰資金で投資などにうつつをぬかしていますが、いつ心身の問題で働けなくなるかわかったものではありません。
けっして他人事ではないという思いがします。
そして、この記事の統計は、ちょっとミスリードする部分があると思うので指摘させていただきます。

この白書によると、ニートの定義は、「15歳から34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者」としているようです。
つまり、30代ニートは30歳~34歳までで、35歳~39歳はニートの定義から外れるため、統計から漏れていることになります。
この白書では「30代ニート」は39万人で03年比2割増となったと言っていますが、実際には、その倍以上いてもおかしくないということです。
さらに、40代ニート、50代ニートがいても一切統計にはあがってこないことになります。
そう考えると、早い段階(おそらく中高生を想定していると思われる)での対処も大切ですが、今そこにある問題としてニートの高齢化への対処が求められて然りだと思います。

転職活動をしている複数の友人たちから、34歳を超えると求人数がぐっと減ると聞きました。
ニートの高齢化および固定化は、今後の国内経済にとって深刻な問題だと思います。
34歳までの統計だけを見て状況を判断することは、政策のミスリードにつながると思います。

関連記事


  





コメント

ついでに

ミスリードついでに、記事中でも軽くは触れられていますが、タイトルの30代で増加もミスリードも誘っているように思います。

増加と言うと今までニートでない人がそうなったかのような印象を持つ人もいるかもしれません。でも20代でニートだった人が年を取って30代になっただけですよね。だから20代のニートは減少して30代が増えた。
ニートから社会復帰する人が少ないということで、増加とは何か違う気がします。

既に指摘はありますが・・・

これは政府が真剣に考えて欲しい問題です。
既に指摘されていますが、既にニートだった人が社会に復帰できないとしたら恐ろしい事実だと思います。
団塊世代のリタイヤとニートの社会復帰が不能で有れば、間違えなく日本の名目GDPを押し下げます。
結局の所、日本の教育や労働に対する考え方(つまり、働かなければインデックス投資はできない!)と言う事実をキチンと教えていき、自分の能力を伸ばせる分野が有れば、積極的な能力開発が出来る社会を創る必要が有ります。
きつい言い方ですが、「ニートで満足するな!自分の得意分野を見せてみろ!」って言いたいです。
人間なのだから1つぐらいは得意な分野は有る筈です。
仕事をする意味や自分の夢実現を叶える投資とは何か!?を自分で考え自分で見出す力が無ければ、これからの社会に適応する事は勿論ですが、将来の日本を自分たちで潰してしまう事にも成り得ます。

ちなみに、僕の場合は平日は寝る時間が平均で4時間ぐらいしかなく、休日はある資格の勉強をしています。
僕の場合は社会的な身分は下っ端でも、インデックス投資や能力開発ぐらいは自分でやっています。
社会的な身分は下っ端の僕が出来るのだから、やればみんな出来る筈ですよ!

あら

水瀬さん 私と同期ですね^^;
会社によっては長期収入保障プランみたいな保険がありますね。
もちろんリストラには対処不能ですが、万が一自己都合による
場合には保険になります。

ニートの問題は子供の頃からの教育環境に大きく左右されるの
かもしれませんかね。豊かな社会で何もしないでもある程度の
ものは手に入るから「無気力」になるとか。

鬱になる人が多いのも「終身雇用」がほぼ崩壊し「会社への忠誠・
義務感」が薄れてるのも一因かもと思います。要は、罵倒されても
無理を押し付けられても身の保障があるからがんばるか!という
終身雇用時代とは違ってきてるという意味です。

あと年齢的な転職(私は3社目です)ですと35歳がボーダーと
思っておいて良いと思います。抜けたスキルやコネがある場合は
除きます あと外資はあまり関係ないですね
年齢が若いほどスキル・年齢が上になるほど人脈てとこでしょうかね




>吊られた男さん

現在の人口ピラミッドでは20代より30代のほうが多いので、たしかに増加ではなく年代の移行かもしれませんね。


>タカちゃんさん

タカちゃんさんの言葉に勇気づけられたかたも多いのではないでしょうか。


>龍王さん

長期収入保障プラン、会社で案内されました。
たまたま自分には割に合わなそうだったので見送りましたが、人によってはアリだと思いました。

ニート問題は本人の気力の問題もあるのでしょうが、高齢者優遇の構造や雇用の流動性不足など、労働市場のあり方そのものにかかわる難しい問題だと思います。国や企業が果たすべき役割もあると思います。

失業者、無職が増加という記事だと社会問題だと思えるのに、
ニートが増加というと個人の問題に帰結するように聞こえますね。

また、家事に従事しているかどうかで分かれるようですが、
未婚率がガンガン上がっている現状で「家事手伝い」は
ニートではないというのは奇妙な感じもします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)