SBI証券、米国ETF12銘柄&香港ETF10銘柄追加

SBI証券が、7月6日に米国ETF12銘柄、8月上旬に香港ETF10銘柄を追加するようです。
追加銘柄は以下のとおり。

■米国ETF
・iシェアーズ S&P グローバル資本財セクター インデックス ファンド(EXI)
・iシェアーズ S&P グローバル金融セクター インデックス ファンド(IXG)
・iシェアーズ S&P グローバル ヘルスケアセクター インデックス ファンド(IXJ)
・iシェアーズ S&P グローバル テクノロジーセクター インデックス ファンド(IXN)
・iシェアーズ S&P グローバル電気通信セクター インデックス ファンド(IXP)
・iシェアーズ S&P グローバル素材セクター インデックス ファンド(MXI)
・iシェアーズ S&P グローバル一般消費財セクター インデックス ファンド(RXI)
・SPDR ゴールド シェア(GLD)
・iシェアーズ KLD セレクト ソーシャル インデックス ファンド(KLD)
・iシェアーズ MSCI マレーシア インデックス ファンド(EWM)
・iシェアーズ MSCI メキシコ インベスタブル マーケット インデックス ファンド(EWW)
・iシェアーズ S&P ラテンアメリカ40 インデックス ファンド(ILF)

■香港ETF
・Lyxor ETF ナスダック100(02826)
・ハンセン指数ETF(02833)
・Lyxor ETF MSCI 台湾(02837)
・ハンセン FTSE/新華チャイナ25(02838)
・W.I.S.E.-CSI300 チャイナ トラッカー(02827)

ざっくり言って、米国ETFは、セクターETFと新興国国別ETFなどが追加になります。
ジェレミー・シーゲル氏の提唱するD-I-V戦略にもあるセクター戦略を実行するためには、セクターETFは必需品です。 (セクター戦略にご興味があれば、「株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす」を読まれることをオススメします)
また、香港ETFは、LyxorのETFシリーズで、ワールドインデックスやエマージングインデックス、インテリジェントインデックスなどが追加になります。

いずれも、楽天証券など他のネット証券で既に取り扱いがあるものばかりで、特段の目新しさはありません。
ただ、今までSBI証券は、どういう狙いなのか分かりませんが、少しずつ小出しにしか銘柄追加せず、取扱銘柄全体のラインナップが他社に対して大きく見劣りしていました。
それが今回の大幅追加で、かなり追いついたと言えるでしょう。
個人投資家の選択肢が増えることはよいことだと思います。

SBI証券さん、グッジョブ!(^^)b


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
SBI証券
関連記事


  





コメント

海外ETFの取り扱いが多いのは、主に楽天とSBIですが、その選択にあたって考慮した方が良い事というのはあるのでしょうか?
いろいろ調べた結果、単純な取引手数料はSBIが有利です。
更にFXを利用すれば為替手数料が安くなるらしい?と言う事が分かりました。

コストという面では断然SBIかな?とおもうのですが、それ以外に見逃している事があったらご教示ください。




> レオさん
私はSBIでのみ海外ETFを買ってますが、不便だなと思う所は下記ですね
1. FXの現引きは確かにコストが安くつきますが(1銭)、最低取引量が1万通貨単位の為、約100万円を一括でドルに買える必要があります
(外国為替で少しずつドルを買う場合と比べると、為替リスクが高くなります)。
2. 米ドルMMFから直接海外ETFを購入することができません(米ドルMMFにしていた場合、手動で売って米ドルにしたうえで海外ETFを購入する必要があります。楽天証券ではこれが自動化されているらしいです)。

なお為替手数料に関していえば、今月末までは楽天証券の方が有利です(25銭→0銭)。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/20090624/

>レオさん

米国ETFの売買手数料が一番安いのはSBI証券($26.25)ではなく、マネックス証券($25.2)ですよ。
SBI証券は、SBI FXαからの現引きができるので為替手数料は安くあがると思います。(楽天証券では外貨による入金が出来るので、他のFX業者で現引きして送金することは出来ます)
楽天証券は、売買手数料は少し高い($31.5)ですが、最大の銘柄ラインナップを持ち、新たな商品・サービス・キャンペーンの展開に積極的です。
あとはご自身のお好みで(^^)


>名なしさん

情報ありがとうございます。
利用者のまさに「活きた情報」ですね。

>名なしさん

そうでした!FXの最低取引量が1万通貨なのをコロッと忘れていました(^^;ご指摘ありがとうございます。
楽天の為替手数料無料は期間限定とはいえなかなか良いですよね。時々やってくれないかな。

>水瀬さん
はい。マネックスが一番安いのは知っていました。ただ、取り扱っているETFが少ない・・・。楽天とSBIではSBIが安いという意味で書いたのですが、ちょっと書き方が悪かったみたいですね。すみません。

楽天はたしかに新しい商品が早いし、多いのが魅力ですよね。
この調子で海外ETFも特定口座にしてくれませんかね(笑)

>レオさん

うーむ。レオさんは古い情報をご覧になっておられるのかもしれません。
マネックス証券の米国ETFの銘柄数は、SBI証券(今回の大幅増を入れても)よりも多いです。
ご確認ください。
http://www.monex.co.jp/ServiceInformation/00000000/guest/G2700/gaikstk/stocklist.htm

>水瀬さん
どうやらそのようですね(汗
投信に関しても自分の欲しい物が無かったりしたので、海外ETFもそうだろうという、思い込みもあったのかもしれません。
ご指摘ありがとうございます。

時代(情報)は古くなる事、
自分でしっかり確認する事も投資においては必要な事だと
あらためて感じました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)