楽天証券、日本株売買手数料最大58%下げ

楽天証券が、日本株の売買手数料を引き下げるようです。

NIKKEI NET 2009/07/11より引用】
日本株売買、手数料最大58%下げ 楽天証券、SBIに対抗
 楽天証券は8月3日から、日本株の売買手数料を最大で58%引き下げる。インターネット証券で最大手のSBI証券に対抗するため、同社とほぼ同じ水準まで下げる。ネット証券の日本株の手数料引き下げ競争は休止状態にあったが、再燃する可能性が出てきた。

 手数料を引き下げるのは日本株の現物取引。1回の約定で10万円までの取引の売買手数料について、従来の472円から198円に値下げする。SBIは200円で、同社を意識した料金設定にしたという。 (07:00)
【引用おわり】

基本的に、売買手数料の値下げは、個人投資家にとっていいことだと思います。
でも個人的な話をさせてもらうと、本当に値下げしてほしかったのは、日本株の売買手数料ではなく、外国株の売買手数料のほうです。

日本株の売買手数料は、かつての引き下げ競争により、すでに低い水準に抑えられているし、個人投資家の売買スタイルにフィットするようないろいろな料金体系があります(取引額に応じた従量制や定額制など)。

対して、外国株の売買手数料は、まだ割高感が残る上にほぼ定額制固定です。
改善の余地はこちらにあるような気が。
それに、ただでさえ安い日本株の売買手数料の更なる引き下げによって、楽天証券の経営体力が…などと余計な心配をしてしまいます。

まあ、楽天証券も勝算あっての値下げでしょうし、たまたま自分の投資スタイルが投資信託と海外ETF中心で、日本株扱いの売買をあまり使わないからそんなことを思うだけかもしれませんね。
繰り返しになりますが、売買手数料の値下げは基本的には個人投資家にとっていいことです。
恩恵を受けるかたも多いでしょう。

楽天証券さん、グッジョブです!(^^)b

(追記)2009/07/11 9:50
じゅん@さんから、「米国株の売買手数料についても、従来の31.5ドルから26.25ドル(SBI証券と同じ)まで下げると、今朝の日経朝刊の方には出ている」との情報をいただきました。
海外ETFの売買手数料も値下げということになります。

楽天証券さん、ゴメンナサイ&Wグッジョブです!


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(会社名をクリック)。
楽天証券
関連記事


  





コメント

米国株の売買手数料についても、従来の31.5ドルから26.25ドル(SBI証券と同じ)まで下げると、今朝の日経朝刊の方には出ていますね!

外国株

朝刊の4面には外国株の手数料も26.25ドルまで下げるという記事が載っていますよ~。
あいかわらず1000株までの固定料金的な価格体系ですが・・・。

>じゅん@さん

ご指摘ありがとうございます。
さっそく記事に追記させていただきました。
日経は平日売店購入者なので、土日の記事には弱いです…(^^ゞ


>Falgonさん

じゅん@さんのご指摘で、記事に追記させていただきました。
しかし、記事をアップしたわずか30分以内にすぐに間違いの指摘が続々いただけるということは恵まれていると再認識させられました。
ありがとうございます。

手数料下げは歓迎ですが・・・

確かに手数料が下がれば全ての投資家にメリットが有ります。
但し「海外ETF投資に残る大きな課題」でも書きましたが、コストとは手数料だけでは有りません。
税金や健康保険なども含めてコストであると言えます。
最近は非正規雇用を中心に国保が増えていますから、コストを考える時は手数料だけではなくて、全てのコストのトータルで考えた方が良いと思います。
これからは手数料&信託報酬は下がっていくと思いますが、その一方で健康保険や税金の方がコストの比率は高まっていくと思われます。
CAPMの6つの仮定の中で全ての投資家はコスト0&課税されない(健康保険にも影響しない)と言う前提が有り、全ての仮定が現実になった時はマーケットポートフォリオは同じリスクならばもっとも高いリターンと言われますが、実際には国保や介護保険などのコストがある為、完璧とは言えないと思います。
つまり、インデックス投資で成功させるにはトータルコストが最も下がるように考える必要が有ります。
今回は手数料が下がると言うのは大歓迎ですが、その一方で別のコストが高くなっている現状も考えて投資を行う事が重要だと考えています。

>タカちゃんさん

そのためにも、次は海外ETFの特定口座対応を求めていきましょう。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

楽天証券が手数料を最大58%値下げ

本日の日経新聞に掲載されていました。 楽天証券の日本株と米国株の売買手数料が 格安と言われているSBI証券の水準まで値下げするそうです。 NIKKEI NETから引用します。  楽天証券は8月3日から、日本株の売買手数料を最大で58%引き下げる。インターネット

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)