楽天証券、日本株売買手数料最大58%下げ

水瀬ケンイチ

楽天証券が、日本株の売買手数料を引き下げるようです。

NIKKEI NET 2009/07/11より引用】
日本株売買、手数料最大58%下げ 楽天証券、SBIに対抗
 楽天証券は8月3日から、日本株の売買手数料を最大で58%引き下げる。インターネット証券で最大手のSBI証券に対抗するため、同社とほぼ同じ水準まで下げる。ネット証券の日本株の手数料引き下げ競争は休止状態にあったが、再燃する可能性が出てきた。

 手数料を引き下げるのは日本株の現物取引。1回の約定で10万円までの取引の売買手数料について、従来の472円から198円に値下げする。SBIは200円で、同社を意識した料金設定にしたという。 (07:00)
【引用おわり】

基本的に、売買手数料の値下げは、個人投資家にとっていいことだと思います。
でも個人的な話をさせてもらうと、本当に値下げしてほしかったのは、日本株の売買手数料ではなく、外国株の売買手数料のほうです。



日本株の売買手数料は、かつての引き下げ競争により、すでに低い水準に抑えられているし、個人投資家の売買スタイルにフィットするようないろいろな料金体系があります(取引額に応じた従量制や定額制など)。

対して、外国株の売買手数料は、まだ割高感が残る上にほぼ定額制固定です。
改善の余地はこちらにあるような気が。
それに、ただでさえ安い日本株の売買手数料の更なる引き下げによって、楽天証券の経営体力が…などと余計な心配をしてしまいます。

まあ、楽天証券も勝算あっての値下げでしょうし、たまたま自分の投資スタイルが投資信託と海外ETF中心で、日本株扱いの売買をあまり使わないからそんなことを思うだけかもしれませんね。
繰り返しになりますが、売買手数料の値下げは基本的には個人投資家にとっていいことです。
恩恵を受けるかたも多いでしょう。

楽天証券さん、グッジョブです!(^^)b

(追記)2009/07/11 9:50
じゅん@さんから、「米国株の売買手数料についても、従来の31.5ドルから26.25ドル(SBI証券と同じ)まで下げると、今朝の日経朝刊の方には出ている」との情報をいただきました。
海外ETFの売買手数料も値下げということになります。

楽天証券さん、ゴメンナサイ&Wグッジョブです!


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から口座開設できます(会社名をクリック)。
楽天証券
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ