電子マネーとおサイフケータイ、自分の場合

電子マネーの発行枚数が伸びているようです。

NIKKEI NET 2009/07/11より引用】
電子マネー、1億枚突破 8規格、08年度日銀調べ
 日銀が10日発表した2008年度の電子マネーに関する調査結果によると、3月末の発行枚数は前年比30.3%増の1億503万枚で、初めて1億枚を突破した。年間の決済金額は8172億円で前年度比45%増えた。電子マネーは「1人1枚時代」を迎え、運営会社を超えた連携によって利用できる場所も拡大。少額決済の手段として浸透してきた。
【引用おわり】

自分の場合、おサイフケータイに、SuicaとiDを入れて使っています。

Suicaは、JR定期券として使っているのと同時に、電子マネーとしても使っています。
乗り換えの切符代や駅ナカ・駅ビルでの買い物に重宝しています。
電子マネーのチャージはもちろんクレジットカードでやっています。

iDは、コンビニや飲食店で使っています。
今朝も、都議会議員選挙に行きがてらの朝マック(330円)で使いました。ちなみに、マクドナルドだとケータイアプリで、注文→クーポン割引→支払いまでおサイフケータイ1台で完了できて便利です。
iDはポストペイ型の電子マネーなので、支払いは後からクレジットカード払いになります。

無駄な買い物はしないのが一番です。
でも、どうしても買わなければならないものは、大きな買い物はクレジットカードで支払うことはもちろん、小額の買い物でもなるべく電子マネーで支払うことで、無駄なくクレジットカードのポイントを貯めています。
おサイフケータイのおかげで、けっこうな早さでクレジットカードのポイントが貯まるようになりました。
貯まったポイントはギフトカードなどの金券に換えています。これが馬鹿にならない金額になり、家計にとって助かっています。

おサイフケータイといえば、先日、ヨドバシカメラで空のDVD-Rをまとめ買いした時、店員さんに、「ゴールドポイントカード(会員カード)をケータイに入れることができますよ」と教えてもらいました。
財布の中のカード数を1枚でも減らしたい自分としては、喜んでやってもらいました。
これでヨドバシでの買い物の時にゴールドポイントカードを忘れることもなくなりました。

電子マネーだけでなく、お店の会員カードまでおサイフケータイに入るんですね。
便利な世の中になったものです。


<ご参考>
この本には電子マネーの歴史についても詳しく書いてありました。ご興味があればどうぞ。

関連記事


  





コメント

よりシビアな管理が必要そうです

中には年金、健康保険、公共料金をクレジットカード払(一括払い)にして、金利を払わずマイルを貯めている人もいます。

ただ、おサイフケータイの場合はトイレの便器に落としたり、防水機能が無い携帯の場合は汗や雨に弱い欠点も有ります。
その他にも携帯が盗難されるリスクも有り、それだけシビアな管理が必要になります。
それから、カードを作る時は自分に合った機能が付いている場合なら良いとしても、そうでない場合も銀行に行けばカードを作る事を勧められる場合も多く、より見極めが重要になっています。
僕の知っている人でアメリカンエクスプレスカード(緑)を持っている人もいますが、年会費以上のメリットって有るの!?って聞きたいです。
低所得者からは金利で稼いで資産家からは信託報酬で銀行に稼がれると言うビジネス構造が有るので、カードを作る時は最新の注意が必要ですね。

確かに便利ですね

最近、コンビニでは現金で買い物をした事が無いです。
一時期電子マネーが使えないセブンイレブンでは買い物をしない位でした。
今はQuickPayが使えます。水瀬さんもどうですか?(笑)
電車に乗る時も切符は買わないし。

私もお財布携帯派なのですが携帯を机の上にほったらかして席を外す人は使わない方がいいのは言うまでもありませんね。

うちの場合田舎ですので、電車もバスもほとんど使いません。
個人的に言わせてもらえば、普通のクレジットカードの低額決済がサインレスになれば、電子マネーなんて要りません。
世の中、もっとシンプルになりませんかねぇ。

ちなみに、私が持ってるクレジットカードは、普段一番利用するスーパーのハウスカードで、年会費無料、一万円以下ならサインレスです。系列のコンビニもサインレス。
これが系列以外にも拡大してくれれば便利だし、電子マネー必要ないです。

>タカちゃんさん

便器に落としたり盗難されることに気をつけなければならないのは、なにもケータイに限った話ではなく、本物のお財布でもなんら変わりません。
むしろ、電子マネーは盗難時に利用を止められたり、別のケータイで復活させられる分、本物の財布よりもセキュアとも言えます。

お財布、定期券、ケータイ、いずれも普段から注意して扱うべき物だということでしょう。


>ぷれでたさん

僕もコンビニで現金は使わなくなりました。
もれなく1%引きで購入しているのと同じことになるのでお得ですし(^^)

クイックペイは、使える場所がもう少し増えたら利用を考えてみますね。


>読み専門ですがさん

電子マネーは、自分にとってメリットがあると思う人が使えば、それでいいのではないでしょうか。
無理に使う必要はありません。
電子マネーがいくら増えても、現金はなくならないと思いますし。

横から失礼します

コンビニで電子マネーは本当に便利ですよね。
私も現金で払うことが無くなりました。iDを使用しています。
将来的には、ツタヤのカードや病院の診察券、
マンションのオートロック玄関の鍵等もおサイフケータイで
可能になったらいいなと思います。

あと、投資信託を買うときに、わざわざ入金作業をせずとも
フェリカポートやパソリにiDやQP等をかざすだけで
即買えるようにしてくれたらいいな~。

お財布ケータイでマンションの鍵はすでに結構多いですよ。友人のマンションですが、部屋の鍵から宅配ボックスの利用まで全てケータイでOKです。
さらに宅配ボックスに荷物が入るとメールで通知されたりして便利な世の中になったものです。

卵はひとつのかごにいれるな

はじめまして。ROMのみでしたが、今回初めて投稿させていただきます。

個人的には電子マネーは5種類(Edy,PASMO,WAON,NANAKO,SUGOCA(地元))持っていますが、すべてカードにしています。携帯だとどうしても「一つのかご」に入れているのと同じ感覚になり、資産運用と同じで落ち着かないのです。各カードに分散しているなら、不正使用されてもリスクは減るので・・・この中でクレジッドでチャージできるのは私の場合Edyのみなのでedyが中心となります。

クレジッドカードはまだまだ磁気カードが多い現状を考慮すると、小額決済もすべてクレジッドで行うのは危険だと思います。

>インデックスROMROMさん

TSUTAYA等のTポイントカードはおサイフケータイに入らないのだろうか…?
ヨドバシのゴールドポイントカードが入るのだから入りそうな気はするのですが…(^^;

後ろから田舎者さんがコメントしてくださっていますが、マンションの鍵は実現済みのようですね。


>田舎者さん

鍵だけでなく、宅配ボックスに荷物が入るとメールまで来るんですか!
ケータイひとつででいろいろできるんですね。


>しゅうさん

はじめまして、しゅうさん。
あえてカードで分散するというのもひとつの見識だと思います。

私も複数のクレジットカードと電子マネーを使っていますが、クレジットカードの欠点は処理が遅いことと感じています。サインレスになっても、現状では電子マネーのレジ前の機械に当てるだけの1秒で終了には敵わない。

これが解決するようになればクレジットマネーが電子マネーを駆逐する気もするのですが、認証の関係もあってなかなか難しそうですね。


(って、これは岩田氏がその著書の中で書かれていることですね)

>吊られた男さん

オンラインの認証が走るとどうしても時間がかかりますね。
特に朝の通勤中で急いでいる時などには、支払い処理の早さはとても重要だと感じます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)