電子マネーとおサイフケータイ、自分の場合

水瀬ケンイチ

電子マネーの発行枚数が伸びているようです。

NIKKEI NET 2009/07/11より引用】
電子マネー、1億枚突破 8規格、08年度日銀調べ
 日銀が10日発表した2008年度の電子マネーに関する調査結果によると、3月末の発行枚数は前年比30.3%増の1億503万枚で、初めて1億枚を突破した。年間の決済金額は8172億円で前年度比45%増えた。電子マネーは「1人1枚時代」を迎え、運営会社を超えた連携によって利用できる場所も拡大。少額決済の手段として浸透してきた。
【引用おわり】

自分の場合、おサイフケータイに、SuicaとiDを入れて使っています。

Suicaは、JR定期券として使っているのと同時に、電子マネーとしても使っています。
乗り換えの切符代や駅ナカ・駅ビルでの買い物に重宝しています。
電子マネーのチャージはもちろんクレジットカードでやっています。

iDは、コンビニや飲食店で使っています。
今朝も、都議会議員選挙に行きがてらの朝マック(330円)で使いました。ちなみに、マクドナルドだとケータイアプリで、注文→クーポン割引→支払いまでおサイフケータイ1台で完了できて便利です。
iDはポストペイ型の電子マネーなので、支払いは後からクレジットカード払いになります。



無駄な買い物はしないのが一番です。
でも、どうしても買わなければならないものは、大きな買い物はクレジットカードで支払うことはもちろん、小額の買い物でもなるべく電子マネーで支払うことで、無駄なくクレジットカードのポイントを貯めています。
おサイフケータイのおかげで、けっこうな早さでクレジットカードのポイントが貯まるようになりました。
貯まったポイントはギフトカードなどの金券に換えています。これが馬鹿にならない金額になり、家計にとって助かっています。

おサイフケータイといえば、先日、ヨドバシカメラで空のDVD-Rをまとめ買いした時、店員さんに、「ゴールドポイントカード(会員カード)をケータイに入れることができますよ」と教えてもらいました。
財布の中のカード数を1枚でも減らしたい自分としては、喜んでやってもらいました。
これでヨドバシでの買い物の時にゴールドポイントカードを忘れることもなくなりました。

電子マネーだけでなく、お店の会員カードまでおサイフケータイに入るんですね。
便利な世の中になったものです。


<ご参考>
この本には電子マネーの歴史についても詳しく書いてありました。ご興味があればどうぞ。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ