NHKスペシャル「マネー資本主義 最終回 危機を繰り返さないために」の感想

NHKスペシャル「マネー資本主義」が最終回だったので感想を。

NHK WEBサイトより引用】
2009年7月20日(月) 午後7時30分~8時43分 総合テレビ
マネー資本主義 最終回
危機を繰り返さないために

世界的な金融不安が実態経済に深刻なダメージを残している一方で、景気の落ち込みも底を打ったとの声が出始めている。再び、バブルの誘惑に飲み込まれていくのか、それともあらたな経済システムをつくりだしていけるのか、今、私たちは岐路に立っているといえる。

NHKスペシャル「マネー資本主義」最終回ではこれまでのシリーズを振り返りながら、世界の賢人たちから寄せられたメッセージをもとに、これからの経済のあり方について探っていく。
【引用おわり】

今後、マーケットとどう付き合っていくか、考えさせられる内容でした。

番組は、金融危機により米国のカルパースや日本の青果年金基金がヘッジファンドで損失を被った様子が映し出されたり、金融緩和を推し進めた元FRB議長グリーンスパンが「過去の金融政策に欠陥があった」と言わされていたり、ゲストの西原理恵子氏が「レバ200倍のFXで1000万ふっ飛ばした」と語ったり(これは自業自得だろう)と、総じてマーケットに対してネガティブな作り。

タイムリーなネタのドキュメンタリー番組なので、トレンドフォロー型の構成になりがちであることを差し引いても、マネー資本主義に行き過ぎがあったことは共通認識のようです。

今後どうすれば良いかについては、「マネーに頼らない世界を築くべき」「もっと公共を意識した公益資本主義を進めるべきだ」という主張も共感できる一方、「資本主義は自由競争の上にしか成り立たない」「普段は資本主義で問題が起きると社会主義というシステムはいずれ行き詰まる」という主張にも一定の納得性があります。

相方と番組を見たのですが、「どっちの言うこともわかる」と言っていました。
単純な二元論ではなく、その中間くらいのうまくバランスを取った資本主義ができないものでしょうか。
程よく規制された活気あるマーケット(都合がいいことを言っていますが)を模索してほしいです。

マネーに頼らないと言っても、ある程度のマネーがなければ誰も生きていけません。
給料と公的年金だけで将来安心して暮らせる資産が築ければいいのですが、そうではない場合、どうしてもマーケットと付き合っていくことを視野に入れることになると思います。

いち個人投資家としては、

・まずはがんばって働く
・投資はレバレッジをかけ過ぎない
・複雑で理解できないものには投資しない

あたりを落としどころとして、今後もマーケットと付き合っていくのかなと思いました。
関連記事


  





コメント

西原理恵子氏が「レバ200倍のFXで1000万ふっ飛ばした」発言ですが
しっかりネタとしてマンガに描いてます(以下のHP参照)
http://fx.bang.co.jp/saibara/index.html
FXを薦めるHPで 自身の大損した体験マンガ描いてしまってます^^;


西原さんは根っからのギャンブラーなので…(笑)
頭はいいんですが、ヤバいとわかっててわざわざ足をつっこみたがる人なので普通の人はあまり参考にしない方がいいです。

難しいっす。

このシリーズ、一応全部見ましたが、難解でした、僕には。
と言う訳で、「理解できないものには手を出さない」と言う、しごく
当然な結論に達しました。それでも損はしたくないですが・・・。

自然災害の事も書きます

もう既に投資交流会でも言っていますが、あの状況では僕が正しい意見をいった所で誰も止められなかったです。
100人いれば2人ぐらいしか正しい事を言っている人がいない状況で、アラン・グリンスパン前議長さえも市場にまかせっきりで金融政策のかじ取りを誤った事を認める事態になりました。

但し、今回の金融危機はある意味不幸中の幸いだったとも言えます。
なぜならば、今回は大震災や大規模な火山現象による要因では無いので、一般人の生活を直撃するような大惨事に至らなかった事です。
大震災や火山現象によっても金融危機が生じる事は有りますから、最近の単なるレバ規制に留まらず、自然災害をも見越した更に高度な金融リスク管理ができるように皆が(金融機関に限らず個人レベルでも)考えて行く事が重要です。
それができなければ今回のサブプライム問題が発した今回の金融危機が生かされなかったと僕は断言します。

自然災害については僕は何度も書いていますが、関東で大震災が起きれば間違えなく今回の金融危機の数兆億倍以上のダメージを(←個人レベルでは住んでいる家の倒壊や会社の倒産も起こる!)被るのは間違えないでしょう。
金融危機と一言で言ってもその要因は様々で、サブプライム問題に限らず、色んな原因が考えられます。
だから、「今回の問題をレバ規制だけに留まらないようにして欲しい」と思います。

最後にですが、このシリーズを見ていて人間には欲望が有り、それがある限り人間としての成長と失敗を繰り返しながら資本主義と言うのが発展していくのかな?って思います。
そこで、これからの資本主義は「出来は悪いが皆が頑張る資本主義」ってのはどうでしょうか?

東大?の名誉教授の方が御自宅?でインタビューを受けているシーンがありましたが、そこだけ話が浮いてる気がしました。

今まで、汚水の浄化処理にたとえて、リスクをどう制御するかで数学が使われている、という流れなのに、いきなり「幸せ」なんて抽象的過ぎるものを持ち出されても議論が繋がりません。

「数式で幸せが計算できるか~!」とか「景気が底を打った? 何を根拠に言っとるんじゃ? 中小企業を見ろ!」とか、いきなり怒り出されて、インタビュアーは対応に困ったんじゃなかろうか。

>hinoさん、アルビレオ師匠

WEBサイト拝見しました。
た、たくましすぎる!!


>平野孝太郎(仮名)さん

大事な心がけだと思います。
僕も肝に銘じたいです。


>タカちゃんさん

自然災害はそれこそ「天災」ですが、金融危機は「人災」だと思います。
どちらも備えることは難しいかもしれませんが、人災の方は工夫次第でなんとかなる部分も多いのではないかと思います。
人類の創意工夫で、少しずつでも前進してほしいと思います。


>konanさん

たしかに、すこし感情的になっているシーンが映されていましたね。後で謝っていましたが。
個人的には、金融工学そのものには罪はないと思っています。
少なくとも、金融工学は氏の言うような「人の幸せを数字で計る」学問ではありませんので…(^^;;

宇沢氏の憤りの元は

宇沢弘文(東京大学名誉教授)のインタビュー部分だけが浮いていた、というコメント、たしかにあると思います。じつはこの内容はかなり前後を省いた内容だと思います。数理経済学では幸福は「効用関数」というものに置き換えて計算されますが、経済成長理論の「効用の積分=足し合わせ」には本質的に意味がないということがわかっています。それでも、積分可能性を仮定していないとモデルが作れないんですが。幸せの度合いはあくまで相対評価としての分析ができないということなんです。宇沢さんは、経済成長理論の大家ですが、モデルを作るときもかなり哲学的に追求していく方だったようです。今の金融不況を見て、そんな「哲学としての経済学を忘れた経済学者」に憤っているのでしょうね。

>くろかめさん

なるほど。そういう学問的背景があったんですか。
分かりやすい解説、ありがとうございます!

そういうことなら、もっとうまく編集してあげればよかったのにと思いますね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

マネー資本主義を見て

金持ち父さんを目指す男、Oちゃんです。 タイトルにも書きましたが… NHKで放映されたマネー資本主義を見ての感想をちょっと書きたく...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)