確定拠出年金の掛け金、非課税限度額を引き上げ

水瀬ケンイチ

確定拠出年金掛け金の非課税限度額が引き上げになるそうです。

NIKKEI NET 2009/07/23より引用】
確定拠出年金の掛け金、非課税限度額を引き上げへ
 政府は23日の事務次官会議で、確定拠出年金の掛け金の非課税限度額を引き上げる確定拠出年金法施行令を改正する政令案を了承した。老後の生活の安定に向けて、個人の自助努力を支援するのが狙い。24日の閣議で決定する。


 確定拠出年金しか企業年金がない場合には、従業員1人当たり月4万6千円だった非課税限度額を5万1千円に引き上げる。企業年金がある場合には月2万3千円を2万5500円にする。個人型の確定拠出年金では月2万3千円と従来よりも5千円引き上げる。
【引用おわり】

本来は、労使双方が掛け金を出し合う「マッチング拠出」を認める確定拠出年金法改正案が国会で成立する見込みだったところ廃案になってしまったため、非課税限度額の引き上げのみの実施になったということですので、手放しでは喜べないのかもしれません。

でも、非課税枠いっぱいに投資していて、「もっと投資したい!」とお感じのかたもいらっしゃると思いますので、よかったのではないでしょうか。
自分自身は、確定拠出年金対象者ではないので、指をくわえてみているしかないのですが。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ