国内ETF市場、個人が存在感

国内のETF市場で、個人投資家の存在感が増しているそうです。

NIKKEI NET 2009/07/27より引用】
ETF市場、個人が存在感 東・阪証取で首位も
 国内の上場投資信託(ETF)市場で個人投資家の存在感が増している。2009年1~6月の個人の売買金額シェア(委託売買ベース)は外国人を上回る45%を確保。すでに個人が中核を占める大阪証券取引所に続き、東京証券取引所でもシェアが外国人を6年ぶりに上回る可能性が出ている。上場銘柄数がこの6月末までの1年間に8割近く増加。商品性の多様化も進み、銘柄選別の巧拙が問われる個別株への投資などより手掛けやすい点が注目されている。
【引用おわり】

長期投資家が買っているのか、短期投資家が売買を繰り返してるのか分かりませんが、どちらにしてもいいことだと思います。
ただ、記事では「商品性の多様化も進み」と言っていますが、日本株式クラス以外で個人投資家の資産運用のコアになるような銘柄は、まだ揃っていないのが現実です。
新興国国別ETFやコモディティETFはあってもいいとは思いますが、順番として、広範に分散された外国株式クラスのETF、外国債券クラスのETFなどが求められていると思います。

証券取引所・運用会社など関係者の皆さまにおかれましては、存在感が増してきたという個人投資家のニーズを、きちんとつかんでほしいと思います。
スポーツカーや軽トラばかりではなく、まずはカローラを。
関連記事


  





コメント

桃栗3年・・・

 外国株式(KOKUSAI対象のものがいいです)ETFの国内上場、何年待っていることやら。

 ネット証券で海外ETFを扱い始めた時、TOKが出たとき、バンガードのETFが出た時と幾度となく、海外ETFに移そうか悩みつつもここまで来たので、もうインデックス投信のまま待つことにしました・・・。

 でも昨今の動きだと、低手数料のインデックス投信が出てきそうな気がしますね。委託手数料0.5%(0.35%くらいがいいな)を切って、リレー投資不要、おまけに再投資もしてくれれば、ETFとどっちがいいかな。

>小太郎さん

柿8年ですね(^^;;

信託報酬0.3%台のインデックスファンドなら、もはやリレー不要のような気がします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

注意!今の上昇相場で買っているのは個人のみ!

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事「国内ETF市場、個人が存在感 」によると東証ではETFシェアが外国人を6年ぶりに上回る可能...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)