こ、これは……「天からの贈り物」か?

水瀬ケンイチ

昨日は、いわゆる「ライブドアショック」は騒ぎすぎと言いました。

本日も、株価指数的には、日経平均-464.77円(-2.94%)と、下落幅は大騒ぎするほどのことはないのですが、東証全銘柄売買停止、明日以降も取引時間制限となると、話は別です。ちょっとした非常事態かもしれません。

しかしながら、長期投資家にとって、「市場の急落は、天からの贈り物」(ウォーレン・バフェット)です。この調子で、企業業績にまったく関係のない理由から、市場が更に下げるようであれば、TOPIX連動型上場投資信託(1306)を買い増ししようと思っています♪


しかし、いくら大騒ぎしたいからといって、これは無理やりすぎませんか?

【読売新聞より引用】
アジア・欧州株下落…「ライブドア・ショック」余波?
 「ライブドア・ショック」で急落した東京株式市場の影響で、18日の世界の主要株式市場も下落している。
 東京市場の株安に加え、米ハイテク企業の業績が予想を下回ったことも要因となって、世界各地で情報技術(IT)、ハイテク関連銘柄が売られる展開になっている。

 【シンガポール=菊池隆】18日のアジアの主要株式市場は軒並み下落し、韓国の総合株価指数(KOSPI)は、サムスン電子など半導体メーカー株やインターネット関連株に売りが出て、前日比2・64%安となった。
 シンガポールのストレーツ・タイムズ指数も同0・74%安と、6日連続で下落した。台湾市場は前日比3・16%、香港は0・61%下落した。

 【ロンドン=中村宏之】18日の欧州市場は、東京株式市場の株価急落などを受けて下落し、英国では代表的な指数であるFTSE100が一時、前日比で約1・1%低い5636・6まで下落した。

 一時、ドイツ株式指数(DAX)も1・8%、フランスのCAC40種は1・6%下落した。市場では「ライブドア株の売りがハイテク株売りに波及し、東証のシステムへの不安も加わって、日本株は信認を失いつつある」との指摘もある。
(読売新聞) - 1月18日22時42分更新


この程度の下落(上昇)なんて、毎日市場で起きてる当たり前の動きだと思います。やっぱり、どうしても、ライブドアショックのせいにしたいのですね (^^ゞ
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ