インデックスブロガーが男ばかりの理由再び

先日の梅屋敷の集いで、内藤忍さんや竹川美奈子さんが口々に仰っていました。
「なぜインデックスブロガーは男ばかりなのか?」

それぞれ、ブログ記事も書かれておられます。
SHINOBY'S WORLD 梅屋敷の会に女性インデックスブロガーがいないのはナゼか?
About Money,Today 梅屋敷の集い

それに触発されてか、rennyさんはアンケートを取られています。
rennyの備忘録 約1年ぶりのアンケート
やはり、男ばかりのようですが…(^^;

実は、自分の中では1年前に、この問いに対する答えのようなものが出ていたりします。

2008/04/09 インデックス投資ブログはどうして男性ばかり?
2008/04/11 「インデックス投資ブログはどうして男性ばかり?」の答えのようなもの

女性インデックス投資家がブログなどをやらないというのは、QOL(Quality of Life)を大切にする正しいインデックス投資家像というわけです。
なので、女性インデックスブロガーが少なくてももう嘆きません。
もしお会いできたら、びっくりですが。
関連記事


  





コメント

ちょっと爆弾発言!?

女性投資家はFXが派手に出てきます。
FXは金融危機の傷が癒えない今ではますます面白い物へと変貌しています。
と言うのも、今回は為替が大きく乱高下したので、儲かっている人は大儲け状態です。
なんか宝くじで3億円当たったような感じです。
僕の職場では、女性の人がFXをやっていて、これが止められないと言っていました(儲かったどうかは不明です)。

確かに女性のインデックス投資家ってあまりいないように見えますが、それは表舞台に出てこないと言う意味も有り得ます。
FXは大儲け出来る人は派手な事を書きますが、インデックス投資って地味な投資に加えて、生活の一部に浸透しているので実はやりくり上手な主婦的な面の強さがあるような感じがします。
もう少し言い方を変えるのならば確定拠出型年金でインデックスファンドを好んで選ぶ事は表舞台には出てこないけど、立派なインデックス投資家と考えます。

こんばんは

インデックス投資の性格上、そのことをブログで書くとなると、実際のところ書くことがないという点につきるように思います。
インデックス投資をされているブロガーはそこそこ知っていますが、インデックス投資のことを時々は書かれても、普段は他のことを書かれています。

本来、ブログを書いたり、頻繁にROMする必要も薄い投資法という風に考えれば、女性のほうが現実主義でブログを書いても書かなくてもさほど結果が変わらないのであれば、ブログを書こうと思わないのも普通な気がしています。
(あくまで個人的な感覚です)

男は、ちがうような感じですね(笑)
決め付けはいけませんが、結果から想像すると、そんなことかなって。。。

女性は後腐れなしの潔い人が多い!

FXも中国も女性は多いですよ^^;
トレードの時も、意外と信用取引のレバが大きいし・・

ただ、損切りも結構大胆にやってきます。
恋愛も株も、男性の方が固着する傾向が強いようです。
(インデックスのことを気付かない人も多いですが)

>タカちゃんさん、預金王さん

それぞれご意見には賛否ありますが、そもそもこの記事のテーマは、女性投資家自体ではなく、女性インデックスブロガーについてですよー(^^;


>うさみみさん

女性のほうが現実主義というのは僕も同感です。
皆さん、しっかりされてますよね(^^)

ブログを作らない理由の個人例と仮説

過去、金融とは全く関係ないブログ開設を検討しましたが止めました。理由は誹謗中傷が怖い・自分をさらすのが怖い上に、アクセス無いのも怖い。その割にメリットが低い。そんなトコです。今はテーマを絞り込んで(ダイエットと家事)自分の意欲を出す為に書こうかと再企画中ですが、不特定多数にさらされる恐怖はありますね。

一方で発信欲や反応して貰う心地よさはあるから迷います。仕事に関連させればインセンティブになるかな?

それでも投資ブログは書かないでしょう。理由は以下に
・時間があればトレードの勉強する。
(元々FXとの2本建て。本業に力入れる為インデックスに絞った。)

・投資は人それぞれこだわり強いから喧嘩したくない。

(401K、元本保証の定期預金にしたい!と泣く夫を力づくでインデックスに。 経済合理性考えて民間医療保険止めた時も同様。 実家も婚家も投資にはアレルギー強く、保険も金融商品なのに「入るのが常識だから」。 母に至っては、元本割れの確証を得てる保険を、「理屈では分かるけど入ってないと何言われるか分からない」と続行。 貯蓄があれば民間医療保険は不要、と友人に話したら「具合悪い時に貯蓄迄減るのは嫌」と。  この種の例は枚挙にいとまがないですし、私が正しい訳でも無いのに偉そう又は双方感情的になるので話題として避けてます)

・アウトプットにメリット感じない。
(人様のブログから情報収集していながら酷い言い草ですが、投資で勉強したい事、沢山あります。インデックス投資の実務にはほぼ必要無くても経済への関心高まりますから。書くより読みたい!)

まとめると、皆様と同じです。

時間掛からないからインデックスなのに時間掛かるブログやるのは矛盾、と(あくまで金融投資の合理性に絞った話です。ブログ立ち上げるメリットは勿論ありますから)

何故女性が少ないか、の仮説として争いを避けたい為、は如何でしょう。
集めた知識を披露する欲(あえてオタク属性とでも)は女性にも勿論ありますが男性の方が強いように感じます。性的フェティシズムも、女性は即物的だから少ないと言われています。

その上金融絡みは中立の薀蓄合戦で終わらなそうですから発信するのが怖い怖い。

また、男性の視線も気になります。偏見の自覚ありつつも、理屈っぽい女性は嫌われるのでは・無能が可愛がられるのでは、の恐怖心を消せない女性は多いと思います。金融リテラシーは家計のやり繰りをしっかりする程度が妻にいい・経済合理性追求してるのは自分が優位に立てなくてやだ、と思われるのじゃ。知識はひけらかしたくない。冷たい・金の亡者と思われたくない・ロマンチストの振りしたい等

ジェンダー考え出すと止まらないのでこの辺で。十分長くてごめんなさい!






>眼鏡さん

的確な分析、ありがとうございます。
どれもなるほどと思いました。
特に、「争いを避けたいため」というのは新しい視点の発見でした。
ありがとうございます。

女性インデックスブロガーのリスクの取り方?

お久しぶりです(っていつも書き込むときはこれか)。
いろいろ考えてみました。

そもそもインデックスブロガーと名乗れる女性が少ないとか
(わたしのように気が多くて、インデックス一本に集中できない人もいるかも)

女性の方がプライバシーすれすれの投資関係の情報を発信するのに余計にためらいがある
(明らかに財産や身の安全上リスクの高い行為ですし)

既婚女性の場合、主に夫が稼いだお金で投資している可能性がある
(インデックス投資をしていても、ブログに書くのはへそくりの積極投資だけ、とか)

趣味や興味の対象が多いので、投資はその一つでしかない
(自分もブログは趣味や分野別に4~5個アクティブに書いてます)

オフに参加する女性の割合そのものがそもそも少ないですしね。

まだまだ他にもありそうです。男性クラブに参加するためらいとかね(笑)

インデックスが合理的として、ブログを書くか書かないかといえば書かない方が合理的だと思います。
ただし、ブログを書くことによるメリットもあるので、書くという選択肢もありだと思います。

なお、全員が合理的な選択(ブログを書かない)をした場合、合成の誤謬が発生し、結果としてインデックス投資家が損する可能性が高いと思います(情報面、投資家の声が届かないなど)。
その為、ブログを書くという選択をされた方には投資同様継続することを大切にしてもらいたいなと思います。

また、最終的にブログの継続と投資の継続が両立出来たとすれば、ブロガーの皆さんにとっても満足のいく結果になると思います。

>かば♪さん

お久しぶりです。
いろいろな考察ありがとうございます。
旦那様が稼いだお金で投資している場合は、ブログなど書きづらいですよね。
なるほどな~と思って読ませていただきました。


>名なしさん

矛盾を抱えつつブログ運営を続けるおしゃべりなインデックスブロガーたちの存在を大切にしてあげてください(笑)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ご回答ありがとうございました!

JUGEMテーマ:インターネット  7月23日~8月1日で当ブログで実施したアンケートの結果が出ました。854件のご回答を頂戴しました。沢山のご回答、誠に有難うございました。また貴重なコメントをいくつも頂戴し、興味深く読ませていただきました。アンケート結

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)