早期リタイア時のことを考えると日本市場は…

水瀬ケンイチ

今日は、日経平均+355.10円(+2.31%)と、意外にあっさり反発してきました。
結局、昨日言っていたETFの買い増しはできず。
ちょっとだけ残念です。

それにしても、以前ブログでも何度か、「日本市場はエマージング市場扱いをしている」などと生意気を言わせていただいたことがありましたが、今回の東証全銘柄売買停止を含めシステムダウンやら誤発注やら、最近の市場の混乱を見るにつけ、ため息が出ます。

僕は早期リタイアを目指して投資をしているわけですが、運良く早期リタイアできた後、あるいはあと少しで早期リタイアという時のことを考えると、各アセットクラスへ分散していたとしても、ウン千万円規模の資金を日本株式(おそらくTOPIXのETF)に投資しているはずです。


そんな大金を投じ、言わば自分の人生を預けるには、今の日本市場はちょっと脆過ぎると思います。
早く米国市場のようなタフさを身につけてほしいと願うばかりです。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ