楽天証券、「中央三井外国株式インデックスファンド」「中央三井外国債券インデックスファンド」をノーロードで

水瀬ケンイチ

あまり取りあげられていないニュースです。
楽天証券がひっそりと、8月28日より「中央三井外国株式インデックスファンド」「中央三井外国債券インデックスファンド」を販売手数料なし(ノーロード)で取り扱い開始しています。

「中央三井外国株式インデックスファンド」(信託報酬0.84%)・「中央三井外国債券インデックスファンド」(信託報酬0.735%)と言えば、隠れコストも抑えられた低コストのインデックスファンドです。
しかし、取扱金融機関であるソニー銀行などでインデックス投資をしている人たちから、ながらく、「販売手数料さえなければな~」と言われていました。
それが楽天証券では販売手数料なしです。

ソニー銀行でこれらのファンドに投資をされているかたは、購入金融機関の変更を検討されたほうがよいかもしれません。


もっとも、いまや「STAMグローバル株式インデックス・オープン」(信託報酬0.777%)・「STAMグローバル債券インデックス・オープン」(信託報酬0.672%)のほうが更によいかもしれませんが…(^^;

(関連記事)
2009/01/23 ソニー銀行はインデックス投資には向かない


<ご参考>
楽天証券は以下から資料請求できます(無料)。
楽天証券
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ