IMFが2010年の世界経済予測を上方修正。でも日本は…

国際通貨基金(IMF)は、2010年の世界経済の実質成長率予測を、2.5%から2.9%に引き上げたそうです。

【NIKKEI NET 2009/09/05より引用】
10年の世界経済、実質2.9%成長に IMFが予測上方修正
 【ロンドン=大隅隆】国際通貨基金(IMF)は、2010年の世界経済の実質成長率予測を7月時点の2.5%から2.9%に引き上げた。ロイター通信が伝えた。09年もマイナス1.4%からマイナス1.3%に上方修正した。
【引用おわり】

実質成長率予測を上方修正とはいいニュースです。
予想どおり、来年はいい年になるといいですね。

しかし、世界経済は上方修正しているのに、日本は据え置き。う~む…。
金融危機が起きた当初、「日本は直接の影響は少ない」などと言われていましたが、実際には、欧米よりも株価の下落率は大きかったです。
ちなみに、2008年の株価下落率は、日本42.1%、米国33.8%、英国31.3%でした。(出典:asahi.com
その上、回復局面(かどうか今は分かりませんが)でも、経済成長率の上方修正に乗り遅れています。
日本経済、何がいけないんでしょうね。

もっとも、ロイターの元記事によると、ドイツなんかは上方修正しても0.1%のマイナス成長。日本はプラス1.7%で据え置きなので、経済成長している分だけまだマシか。
ガンバレ、ニッポン!

ところで、インデックス投資家としては、こういう経済成長率予測のニュースを見て、どう行動するのがいいのでしょうか。
成長率予測の高い国を買い増して、マイナス成長予測の国を売るのがいい?
あるいは逆バリで、マイナス成長予測の国を買い増すのがいい?
それもいいかもしれません。

でも個人的には、「ああ、あのどうしようもない金融危機の後も、世界は経済成長に向けて頑張っているんだなぁ」と世界経済全体の長期的成長への確信を深め、ニンマリするだけです。
あとは、世界中に分散投資したアセットアロケーションを保ちながら、投資を継続する。
要するに、何も変わりません。
関連記事


  





コメント

円が強くなっていることを考えなければ話になりません

円高に振れたってだけなのでは?

通貨を揃えてSPY、EFAと比較すると、
過去1年のリターンは日本が一番いいです。
私はそれぞれの株価指数をそのまま比べるより、
こっちのほうが実際の価値の比較になっていると思うのですが。

http://finance.yahoo.com/q/bc?t=1y&s=EWJ&l=on&z=l&q=l&c=EFA&c=^GSPC

カルパースからクレームが来ている

実は、この件については海外の年金運用機関から日本株については改善が求められています。
例えば、日本企業が敵対的買収から身を守る為に再び株式持ち合いを開始してから株価が今回の金融危機で大きく下落する結果となった今では、海外の年金基金はたまった物では無くなっています。
2008年の株価下落率では日本が先進国では大きかったのに加えて、株式持ち合いなど、株主利益を考えずに経営者の保身だけを考えているとの批判も有ります。
今回の金融危機でサブプライムから遠く離れた存在である日本株式が他の先進国よりも下落している理由にはこう言った理由が有ります。

本来、上場企業は株主利益増大により株価の最大化を図る事で敵対的買収から身を守る事が出来ますが、この辺りが理解されていないのに加えて、日本の新興市場(マザーズなど)では、お金の調達コストは株式が最も高い筈なのに「配当さえださなければお金の調達コストはタダ」と考えている経営者も多く、その後の株主利益を考えない企業が非常に多く存在します(存在しましたと表現すべきか迷いますが・・・)。

ですから、経済成長率も重要ですが、経営者が株主に対して向き合っているかも重要でして、これも長期的には我々インデックス投資家にも降りかかってきます。
国際分散投資の目的の1つにリスクの分散が挙げられますが、こう言った日本特有の経営リスクの分散にも有効だと考えています。

>111さん、ヨシムラさん

通貨をドルに揃えると、また違った景色が見えてきますね。
たしかに、SPY、EFAよりも日本の方が良く見えます。
勉強になります。
通貨を円に揃えるとどうなるかが見てみたいところです。


>タカちゃんさん

株式持合いの復活で傷を深めてしまった企業は多そうです。
株主利益という意味では、日本はまだ発展途上なのかもしれませんね。

予想は予想に過ぎないかと

 IMFの予想はいつも修正、修正また修正であてにはならないと思います。予想にもとづいて投資行動を変更してもパフォーマンスが改善する可能性、悪化する可能性は五分五分ではないでしょうか。
 私には欧米の経済状況は90年代の日本がたどった道を再現しているように見えます。そのうち”流動性の罠”なんて言葉がささやかれ始めるようになるのではないかと思います。

>末吉さん

「よそうはうそよ」ですね(^^)
基本的には、株価動向はランダムだと思っていますので、短期的な予想に基づいて売買しようとは思いません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)