海外ETFとインデックスファンドの比較記事

今朝の日経新聞33面に、海外ETFとインデックスファンドの比較記事が掲載されていました。
特に、比較表がよくまとまっていたので、ブログにも載せておきます。

日経新聞2009年9月7日33面
(画像をクリックで拡大)

「購入に必要なコスト」はインデックスファンドの勝ち、「保有コスト(信託報酬)」は海外ETFの勝ち、といった感じで、項目ごとに解説と星取表がついています。
比較表では、どちらの商品にも一長一短あることがわかるようになっており、記事では、どの項目を重視すべきかの指針(まあ信託報酬なんですけど)も書いてあります。

商品紹介もされており、海外ETFではVT、TOK、SPY、VWOなど、インデックスファンドではSTAMグローバル株式インデックス・オープン、STAMグローバル新興国株式インデックス・オープン、中央三井ダウ・ジョーンズインデックスファンドなどと、チョイスが素敵です。
記事の途中では、MSCIコクサイ連動のインデックスファンドからTOKに、「リレー投資」をする個人投資家も登場しています。
そして、「VTを軸にしつつ、中国株や小型株などのETFを味付けに加えて投資」というツウ好みの提案もあります。
なかなか盛りだくさんです。

記事の最後は、竹川美奈子さんのコメントで締めてあります。
「入り口はインデックス投信で十分。運用資金が増え、投資知識を身につけてからETFを活用すればいい」
ごもっともです。

この記事を見て、インデックス投資に興味を持ってくれるかたが増えてくれると、うれしいような、悲しいような。
効率市場のパラドックスによる複雑心理描写です(笑)

一歩進んで、「海外ETFが特定口座対応したらいいのに!」とか「インデックスファンドの信託報酬がもっと下がればいい!」とか思ってくれるかたが増えてくれるとうれしいです。
関連記事


  





コメント

どっかの雑誌のように、コストの高いものをチョイスしてると思ったら・・・
記事を書いた人はもしかしてインデックス投資家でしょうかね。

我々のやってることが、記事にまとめて書いてあって読んでて清々しさすらありました。
あとは水瀬さんが雑誌やブログでの『海外ETFが特定口座対応を!!』を、みんなで連呼していくだけですね。

本当によくまとまってる記事でしたよね。
私はてっきり水瀬さんが協力されているのかなぁなどと思ってしまったくらいでした。
インデックス投資が浸透することはうれしいのですが,一方で複雑なのも事実ですよね(笑)。
個人的には,先日の日経マネーに続きEEMをVWOに乗り換えないとなぁと改めて感じました。

特定口座になった場合でも、
配当はやはり2重で税金がとられるのでしょうか?

また、野村の口座も再検証していただけないでしょうか?
購入手数料が高いですが、口座維持手数料も無料になったようです。

だいたいいくら払えば、
特定口座に入れることができるか目安になるのかなと思います。
また、それによって、
インデックスと、野村でETFのコスト比較なんてあったら
面白いのかな~という気がしました。

ながながとすみませんでした。
よかったら、おねがいします。

>にっしーさん

たしかに清々しさを感じますね。
実際にインデックス投資家さんなのか、もしくは相当きっちり勉強されているかただと思われます。


>denizさん

自分が監修したわけでも何でもありませんって(^^;;

EEMからVWOへの乗り換えは悩ましいところですよね。
たしかにエクスペンスレシオには差がありますが、乗り換える程かどうかは、資産規模や損益状況などによりケースバイケースかもしれませんし。


>tt.modeさん

よく「問題を手際よく表現した時には、半分は解決されている」と言われています。
そこまで問題点を明確化できているのなら、質問するべき相手はいち個人投資家である僕などではないことにも薄々気づかれているのではないでしょうか。
ぜひ然るべきところに質問して、ご自身で解決してください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)