ETFは株式の配当等を内部留保して再投資できないのか、金融機関に聞いてみました

水瀬ケンイチ

先日の記事「シティグループ世界国債インデックス連動の国内ETFが登場!」に、ベムさんから「ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできません。早めに投資家に分配して問題ない」という主旨のトラックバックをいただきました。

ETFが内部留保したり再投資したりできないとは知らなかったので、なるほど~と思いました。
でも、自分で確認しないと気がすまない性分のため、証券会社・運用会社・証券取引所などの関係機関に、ETFの運用における配当・利息相当額の扱いについて質問をしました。
いくつかの金融機関から回答があったので、記事にとりあげます。

<質問>
ETFに含まれる株式の配当や債券の利息は、分配されるまでどのように運用されているのか?



<回答> 楽天証券・SBI証券・マネックス証券の場合
・運用会社に問い合わせてほしい (水瀬注:ごもっとも!)

<回答> 野村アセットマネジメントの場合
・キャッシュで保管している

<回答> 日興アセットマネジメントの場合
・基本的にキャッシュで保管している
・指数との連動性を保つため、一部先物で運用することがある

<回答> 大和証券投資信託委託の場合
・基本的にキャッシュで保管している
・指数との連動性を保つため、現物・先物で運用することがある


なるほど。各社とも、基本的にはキャッシュで保管しているようです。
しかし、日興AMと大和投信は、ETFに含まれる株式の配当や債券の利息について、「運用することがある」と明確な回答がありました。
特に、大和投信は現物で運用することがあると言っているので、これは「再投資」と考えても差し支えないような気がします。

運用各社の回答を聞く限り、「ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」というのは、必ずしも正確ではないのかもしれません。
まあ、各社とも「基本的にはキャッシュ」と言っているので、運用するとしてもレアケースなのでしょうね。

伝聞情報も大切ですが、自分で直接調べてみると、また違った景色が見えてくることがあります。
本件はいい勉強になりました。


<ご注意>
・水瀬の質問がヘルプデスク・コールセンターの担当者に正しく伝わっていない、あるいは、担当者が誤った回答している可能性もゼロではありません。
・ETFとETNの違いを明確に使い分けた上で、ETFについて回答されているかどうかは分かりません。
・正確を期するためには、ご自身で確認されることをおすすめします。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ