日本実業出版社から取材をお受けしました

水瀬ケンイチ

先日、日本実業出版社から取材をお受けしました。

経営者会報」という定期刊行物の取材でした。
中小企業の経営者向けの本で、書店では販売していないそうです。
ETF投資の実践について、いろいろと聞かれました。分かる範囲で、答えさせていただきました。

日本の中小企業経営者と、ETFを使った国際分散投資。
いい組み合わせだと思います。


ただ、一般的に、本業で大きなリスクを取っておられるかたが多いと思われますので、投資の方は保守的に行なうのがバランスが良さそうです。
特に、アセットアロケーションにおける債券比率を、慎重に、慎重に、決めるのがいいのではないかというお話をしました。
(余裕資金を持て余しているかたはまた別ですが)

一般向けのマネー誌とはまた違った雰囲気の取材で、勉強になりました。
そして、まだまだマイナーなインデックス投資のちょっとした「広がり」を感じました。
関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ