日本実業出版社から取材をお受けしました

先日、日本実業出版社から取材をお受けしました。

経営者会報」という定期刊行物の取材でした。
中小企業の経営者向けの本で、書店では販売していないそうです。
ETF投資の実践について、いろいろと聞かれました。分かる範囲で、答えさせていただきました。

日本の中小企業経営者と、ETFを使った国際分散投資。
いい組み合わせだと思います。
ただ、一般的に、本業で大きなリスクを取っておられるかたが多いと思われますので、投資の方は保守的に行なうのがバランスが良さそうです。
特に、アセットアロケーションにおける債券比率を、慎重に、慎重に、決めるのがいいのではないかというお話をしました。
(余裕資金を持て余しているかたはまた別ですが)

一般向けのマネー誌とはまた違った雰囲気の取材で、勉強になりました。
そして、まだまだマイナーなインデックス投資のちょっとした「広がり」を感じました。
関連記事


  





コメント

立場も違えば・・・

例えば、公務員のようにリストラが無く、給与の変動が少ない場合は株式の比率を高くする事は可能でしょう。
逆に、景気変動の影響を大きく受ける製造業ならばこれに逆連動し易い債券を増やす方法も有るかも知れません。
去年のようないわゆる「派遣切り」のような最悪の状態になった時に値上がりするような資産を持つ方がリスクが減らせるのではないか?と思います。
現実的にはGPIFが国内債券の比率を高くした事で去年の場合は国内債券で利益を出しています。
中小企業経営者の場合は相対的にリスクを高めに取られているケースも多く、余り価格変動が大きくない債券を使うのも方法の1つかも知れません。
立場が違えばアセットクラスも検討する必要が有ります。
・・・・・・・・
書いていたら切りが無いのでこの辺りで・・・

水瀬様、取材にご協力いただき、ありがとうございました。楽しいお話をうかがえて、大変に参考になりました。つい調子にのって、余計なことまでうかがってしまい、申し訳ありませんでした。これからもブログを読ませていただきます。

中小企業経営者とETF

中小企業の経営者だと資金繰りが大変そうですよね^^;;
社内預金でもさせて、外部の借り入れを減らすとか・・

投資は厳しいと思います。

投資の難しいところはリスク許容度の小さい人のほうがリスクを
取らないと「夢がかなわない」ことがある ことでしょうか。

無謀なというか焦ったことはしないで じっくり世界経済は成長
する=リスク資産も成長するはず ということで やめない投資
を実践することがベターだといつも思います。

無論、本業がある人は本業を成功させていくのが一番の投資ですけどね♪


>タカちゃんさん

公務員と中小企業経営者では、運用が違って然りだと思います。
債券比率は大きなポイントになると思います。


>ますもとさん

こちらこそ、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
あのような話でしたが、何かのお役に立てば幸いです。


>預金王さん

今は特に厳しい時期かもしれませんね。


>龍王さん

本業を成功させるのが一番の投資というお考えに、大賛成です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)