ETFは株式の配当等を内部留保して再投資できないのか、金融機関に聞いてみました(その2)

先日の記事「シティグループ世界国債インデックス連動の国内ETFが登場!」に、ベムさんから「ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」という主旨のトラックバックをいただきました。

ETFが内部留保したり再投資したりできないとは知らなかったので、なるほど~とその時は思いました。
でも、自分で確認しないと気がすまない性分のため、証券会社・運用会社・証券取引所などの関係機関に、ETFの運用における配当・利息相当額の扱いについて質問をしました。
国内運用会社3社からの回答があったので、記事にとりあげました。

2009/09/11 ETFは株式の配当等を内部留保して再投資できないのか、金融機関に聞いてみました

「ETFに含まれる株式の配当や債券の利息は、分配されるまでどのように運用されているのか?」という質問に対して、結論は、「3社とも基本的にはキャッシュで保管。一部、現物・先物で運用するところもある」ということでした。
これをベムさんは、「キャッシュで保管されていたことが確認された」と捉えられたようで、そのような記事を書かれています。
僕の考えはそうではなく、一部運用されている事実があるのだから、「ETFですから受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」というのは、言い過ぎではないかという疑惑を持ったという意味の記事だったのですが。

さて、実はもう一社、米国の運用会社にも、同様の質問をしていました。
回答がありましたので、記事に取り上げさせていただきます。

≪質問≫
ETFに含まれる株式の配当や債券の利息は、分配されるまでどのように運用されているのか?

<回答> バンガードの場合(原文)
バンガードのETFの中の個別銘柄から発生する配当金は、入金次第速やかに当該ETFの対象銘柄に再投資されます。ちなみに、当該ETFの分配金の支払いに必要な現金は、支払い間際に用意し(必要に応じて株式等を売却して)、払いだされます。他社のETFについては、異なった処理をしているかもしれませんので、別途お調べください。

まとめると、

・バンガードETFに含まれる株式等の配当は再投資される

ということだと思います。
運用会社によって配当等の扱いは違うのですね。

さらに、今までは「分配するまで」の話をしてきましたが、バンガードに限らず、「ユニット・インベストメント・トラストではなく、オープンエンド型のETFは、運用会社の方針しだいでは分配せず再投資可能」ということが分かりました。
(出典:楽天証券 海外ETF入門講座 第9章 海外ETFの再投資について

つまり、ベムさんの「ETFですから受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」というコメントは、「誤り」であるとの結論にたどり着きました。
ETFが受け取った利金を再投資するかどうかは、ETFのタイプと運用方針によるのであり、決して、「ETFだから再投資できない」のではありません。

世の中には、配当等を得ているのに分配していないETFが、実際に存在します。
日本のETFにも、海外のETFにも、両方に存在します。
その銘柄は……気になるかたは、ご自身でお調べください。

今回のことで、自分で直接確認することの大切さを学びました。
一時期、ベムさんの「ETFですから受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」という記事・コメントが、いっせいにインデックスブロガーの間に広まり、多くのかたが無条件に信用したように見えました。
重要な判断をする際に、情報をブログ記事・コメントのみに頼ることは、危険だと思いました。

皆さんにも、大事なことは、ぜひ自分で確認するようにしてほしいと思います。


(追伸)
本記事は、ベムさんのコメントの内容の真偽について検討したまでであり、ベムさん個人を攻撃することを目的としていません。
もしご気分を害されたら申し訳ありません。お詫び申しあげます。
関連記事


  





コメント

野村のトピックスETFの約款をみると、株式の配当金の再投資は以下に限る
1.預金 2.指定金銭信託 3.コール・ローン 4.割引手形

と書いてあります。
わざと株への再投資をできないようにしているので、なにかのルールがあるような気がします。

東証のETFはインデックスファンドより小口でかつ買付手数料の無料を可能としている証券会社もあります(10万までだけど・・)
ETFが数千円で買えれば、毎月のように再投資すれば済むのでは?と思います^^

再投資から逸れますが
①日本株式・海外債券は国内ETF
②日本債券は個人向け国債
③海外株式はSTAM??(ちょい高い)
が合理的でしょうか?

自分で調べる重要性

自分で調べてみる大切さですね。
僕も結構、コストの計算例をコメントに書きますが、実は自治体によってコストが異なったり、年度によって計算方法が変わったりします。
特に給与以外の所得が20万1円以上と20万円以下では所得税が加わるかどうかの違いが出てくるので(住民税はどちらも強制的に課税される)計算を場合分けして示す必要が有ります。
利回りの計算もしますが、これも借入コストをどうするのかによっても利回りが異なります。

ですから、計算例が出てきた時には前提条件、無リスク金利、住民税申告または確定申告、年齢、被保険者タイプ(1号、2号)などを確認して判断するようにして欲しいと思います。
特に確定拠出型年金、国民年金基金のコストは年齢と無リスク金利の借入を仮定しないと計算が出来ないからです。

上記の「ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできません」について自分で調べる重要性は有りますが、これに限らず、僕がやっているコストの計算結果、利回りの計算結果などをコメントに書いた情報も鵜呑みにせず「何故そうなったのか?」を考えてもらえれば、インデックス投資におけるコストの低減策などの対策も立てられるようになると思います。

その他にも将来の「マクロ経済スライド」による年金の目減りなども実際にデータを入手して計算してシミュレーションも行ったりと自分の足とパソコンを使ってやっています。
結局のところ、自分で調べる重要性だと思います。

国内ETFの場合

ちょっとタイミングが遅いですが、見つけたのがついさっきなので(^^;

楽天証券:国内ETF入門講座「ETF(上場投資信託)分配金のしくみ」
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/domestic/etf/guide/mechanism.html
>費用を控除した全額を分配するものと法令等で定められています。
日本のETFは仕組み上はオープンエンド型ETFですが、法令によって全額分配をしなければいけないと。

で、配当受け取りから分配までの期間をどうするかという点で、バンガードのように指数に連動させるため現物や先物を一時的に買う場合と、名無しさんが引用してくれたようにリスク回避を重視してキャッシュポジションに近い保守的な運用を行う場合があるということでしょうね。
このあたりは運用者の裁量で決められるので、半々だったり市場の動向によって一時再投資に回す配分を変えることもあるのだと思います。

余談ですが、REITのような投資法人の場合、決算時に収益(配当などのインカム)の90%以上を分配金として吐き出すことで法人所得税を免除されています。
逆に言えば分配せずに再投資を行うとファンド内部で余分な税負担が生じるということです。
おそらくETFも同様の扱いになっているために、全額分配で税率固定の分離課税とした方が換金/送金コストを考慮してもトータルで安上がりなのでしょう。(すみませんが、該当する法令を見つける気力はありません)
中には「だったら価格上昇時は分配して、下落時は再投資すれば一番有利じゃないか」と考える人もいそうですが、課税免除のためには常にほぼ全額を分配するよう約款などで規定しておく必要があるみたいです。
この程度の抜け道はしっかりふさいである、と。

まとめると日本のETFの場合は、
○配当を分配せずに再投資するのは税負担が大きくて損
○でも分配頻度は少ない方がお徳になりそう
○分配頻度が少なければそれだけ受け取り配当保有期間が長くなる
○分配までの期間は、配当を再投資して積極運用したり、預金/短期貸付などによる保守的運用だったり
という感じでしょうか。

わら人形論法調になっていませんか?

トラックバックありがとうございました。(皮肉ではありません。念のため^^)

おっしゃりたいことはよく分かりますが、その前に私のエントリを再度よくお読みください。

http://d.hatena.ne.jp/bem21st/20090909/p1

「しかし、ETFの場合、そのほとんどは株式や債券から得た配当金や利金を再投資することはしない」

私は世の中にあるすべてのETFが再投資をしないとは書いていません。ほとんどがしないと書いているのです。(少し強い調子で書きすぎたことは、このような余計な反感や誤解を生む原因となることになるので反省すべき点だと思っていますけれど。)

事実、水瀬さんの調査によると国内の運用会社は「基本的にキャッシュで保管する」だったのでしょう?「一部先物で運用することがある」程度なのでしょう?

例外事例を取り上げて、なおかつ国内上場ETFを論じているのに海外の例を持ち出して「お前の言ったことは間違っている」と言われても困ります。

にしても今回のことは非常に勉強になりました。自分で確認することの重要性は肝に銘じたいと思います。ありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バンガードの解答はおかしい。

個々の投資家の保有する投資口数が増えるわけではないのだから、
「再投資」とはいえないのではないだろうか?
あくまで、配当金支払い手続き完了までの、一時的「内部留保」である。

再投資されるのであれば、保有口数は増えなければならない。
また、再投資可能ファンドのばあい、「再投資する、しない」は顧客が選択できなければ、金融庁の指導が入る可能性が高い。
配当金受け取りは、課税対象なので、(強欲な)行政より納税者に対する厳格な意思確認を求められる。

ETFで、再投資オプションの選択を求められたことは、私は一度もない。

********
さらに、顧客に支払うべき配当金を株に再投資して内部留保すると言うことは、返金間際のタイミングで暴落が起こったばあい、顧客の受け取れる配当金が減ることになる。
MRFでも、元本毀損の危険性はあるのに、株式に転換するのは、危険としか言いようがない。

つまり、バンガードは個々の株式からの配当金を顧客に「満額」支払うことを保証していないことになる。

バンガードの回答は、誤っている可能性が高い。
ヘルプデスク担当者ではなく、運用担当者に回答させるべきであろう。


PS:漢字が多くて読みにくくなるので、理屈っぽい話題は嫌いだわさ。

>私は世の中にあるすべてのETFが再投資をしないとは書いていません。ほとんどがしないと書いているのです。

なんだか話がおかしくないですか?

「できない」のか、「やっていない」のか。
「出来るけどやっていない」のなら『毎月分配のたびに課税されることは、資産形成の妨げになります。課税はできるだけ繰り延べる方が有利です。』と無分配を望むのは当然なわけですよね?


>ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできませんよね。


「できません」と書いてあるから、「いやできなくはないよね?やってないだけだよね?分配しないことも出来るんだったら、そうして欲しい」ということなわけで、今『事実、水瀬さんの調査によると国内の運用会社は「基本的にキャッシュで保管する」だったのでしょう?「一部先物で運用することがある」程度なのでしょう?』といわれても、それを改善して欲しいという話なんじゃないですか?

>名無しさん

色々なしばりがあるのかもしれませんね。


>預金王さん

重要なことはご自身で考えましょう(^^)


>タカちゃんさん

年金や税金については、個人差が大きくて、話を一般化するのがなかなか難しいですよね。
人それぞれ環境が違う以上、自分のことは自分で調べなくてはいけないのでしょうね。


>アルビレオ師匠

師匠のまとめは、日本のETFの知られざる現状をよくまとめられていると思います。
さすがです。
ところが、そういった法令にもかかわらず、配当があるのに分配しないETFが実際に存在しているのが世の不思議なところではありますが(^^;


>ベムさん

できるだけ事実に基づいて記事を書いているつもりですが、自分にとって都合のよい部分を引用して持論を展開しているのは、お互い様だと思います。
あまりにも自分の執筆意図と違う引用のされ方をしているのを見て、正直びっくりしました。

でも、本来、1677が主旨であるベムさんのブログ記事について、ETFの再投資という本編とは直接関係のないところの詳細(言葉じり)に突っ込んでしまったことに関しては申し訳なく思います。
ご気分を害してしまったのであれば、お詫びいたします。


>元町愛さん

ETF自体の配当金の再投資と、ETFに含まれる株式等から出る配当の再投資を混同されておられるようです。
口数には関係なく、純粋に、再び投資すればそれは再投資と言ってもおかしくないと思います。


>sasuketさん

改善してほしい気持ちもありますが、単純に、例外などではなく堂々と再投資しているETFもあるということが言いたかっただけです(^^;

ウザい男の参戦です

>名無しさん、

野村のTOPIXの約款には株式配当の制限が書かれてますが、野村の上証30、ダイワTOPIX、三菱UFJ TOPIXなどの約款にはそのような制限はありませんでした。
同じ野村でもETFが異なれば制限を設けていないように、野村TOPIXの株式配当金の投資先制限はそのETFのみの話で、ETF全体への規制は無いように思えます。



>元町愛さん、

【「再投資」といえない】は違うように思います。

一般の投資信託においても配当や利払い金がファンド内で再度株式や債券に投資されることは普通にあります。例えば、STAM TOPIXインデックスファンドでは、株式から出た配当が分配されずに再度株式等に投資されていますが、それによって口数が増えたりしません。

そして、ファンド内部での再投資について顧客に選択を求めるという話は聞いたことがありません。顧客にできるのは運用会社が決定した分配を再投資するか受け取るかだけで、ファンド運用時の配当金の取り扱いまでは指示できません。
また、【顧客に支払うべき配当金】とありますが、「株式から出た配当は全額顧客に渡さなければならない」といった規制はなかったように思います。分配できないことがあるという記述がある目論見書もありました。

お願い

いつも有意義な情報を気持ちよく読ませていただいています。
感謝してます。

ただ今回の記事は「水瀬さん、何をそんなに怒ってんだろう?」
って思いました。
あまり気持ちのいい文章ではありませんでした(個人の感想です)。

そこで前回の記事を読み直し、ベムさんの記事も読んでみました
(ベムさんのブログへは初めて行きました)。
正直違和感ありませんでした(読み方が浅いのだといわれればそう
かもしれません)。
再び「水瀬さん、何でそこまで怒ってんだろう?」と思ったのでした。

少なくとも水瀬さんの主張をベムさんが故意に捻じ曲げて解釈している
印象はありませんでしたよ。

「本記事は、ベムさんのコメントの内容の真偽について検討したまでで
あり、ベムさん個人を攻撃することを目的としていません。
もしご気分を害されたら申し訳ありません。お詫び申しあげます。」
等々の断り書きを入れても、「『誤り』であるとの結論にたどり着き
ました。」や「ベムさんの『ETFですから受け取った利金を内部留保して
再投資することはできません』という記事・コメントが、いっせいに
インデックスブロガーの間に広まり、多くのかたが無条件に信用した
ように見えました。」、「自分にとって都合のよい部分を引用して持論
を展開しているのは、お互い様だと思います。 」という表現はキツい
なあ、と思います。もう少し書き方があるだろうになあ、と思うのです。

人それぞれ考え方が違うのはしようがないですが、
有意義な情報を気持ちよく読ませていただけたら
うれしく思います。

>有意義な情報を気持ち良く読ませて

ずいぶん虫のいい話ですね^^
いつも情報もらってる身分で文章の書き方にケチとは。

私は水瀬ケンイチさんの記事は正しいことを正確に書いているだけだと感じます。

考え方の流動性とでも言うのでしょうか。
そのような考え方としては本件とても有意義だと思いましたよ。

配当を分配してしまわないといけないのは
上場株式投信では、個人側課税段階で配当控除があるため
ファンド内部での配当益と譲渡益を区別しないと
分配金を払い出した後、個人側での課税段階で
配当控除を受けられないからではないでしょうか?
(法人で配当を受け取るとは益金控除があります。)
非上場投信の分配金では満額の配当控除を受けられないのは
ファンド内部での配当益と譲渡益の区別がはっきりと分けられていないからだと理解しています。
キャピタルゲインのインカムゲイン化が起こり、それを修正する為
配当控除が減額されます。

配当控除とは
法人税引後を株主に配当する為、個人株主に配当課税をすると二重課税になってしまう。
それを軽減する為、税額控除が設けられている。

このあたりで国税から指導が入っているとか・・・
そんなことはないかなぁ

あと、税金がらみでもうひとつ
国内債券上場投信が生まれるとすると、
国税側は分配金は利子の課税として、20%課税をしたいのに
投信を経由して分配すると10%になってしまう。
また、公社債投信は、特定口座に入らない?かも
短期債投信でなければ入るのかな?
分配金が利子課税で源泉分離だとすると証券会社側でシステムの変更が必要だし…。
これらが、国内債券上場投信が設定されない理由かなと、思っていたりします。

まぁ、勝手な憶測に過ぎませんがね

水瀬さんとベムさんの話は着地点はほぼ同じであるが、微妙な表現の違いがおかしなことにしているだけではありませんか?


ベムさんの話では、【しかし、ETFの場合、そのほとんどは株式や債券から得た配当金や利金を再投資することはしない】と"ほとんど"という注釈をつけた部分があります。
その一方で【ETFのように内部で再投資する仕組みがないスキームの場合には】【ETFですから債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできませんよね。】とあたかもETFにその再分配の仕組み自体を持つことができないかのような書かれ方をしています。
しかし、運用各社の回答にもあるように"選択的に"キャッシュで持つことが多いのであって「ETFにそのスキームが無い」という主張は正しくないと思います。

さて、そう考えた時ですが・・・
「できるのか?できないのか?」とETFの仕組みに関心を持っている人が読んだ場合は、後者やそれに関連する表現から、ベムさんが「ETFは債券から受け取った利金を内部留保して再投資することはできない」と解釈していると思うことには一定の合理性があります。

ただし、前者のように【ほとんどは~しない】という表現もあるので、どう解釈するのかは難しいところではないでしょうか。ベムさん自身が言われているように選択的に再投資しない運用会社が多いとも読み解くことも可能です。



いずれにしてもお二人とも素晴らしいアプローチ(水瀬さんは帰納でベムさんは演繹?)をされて最終的にはほぼ同じ地点に着地されております。多少の行き違いがあっても、お二人とも素晴らしい行動をされているのですから、褒められることはあっても非難される立場には内容に思いますが・・・

吊られた男さんが、見事な大岡裁きを見せてくれたので、何も言うことがございません。
まいりました<(_ _)>

お騒がせでした

文章を書くのって難しいですね。
私の言いたいことは伝わっていないようです。
拙かったのでしょう。
お騒がせしました。

>ずいぶん虫のいい話ですね^^
そう、ムシがいいのですよ。
そうでなければいろいろなブログにアクセスして
他人様が収集したり、調査した情報をあさったりしませんから。
全部自分で調べるでしょうからね。^^

では、さようなら。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

[資産運用]ETFの受取配当金の再投資について自分も運用会社に訊いてみた

■ETFの分配の回数は少ない方がいいのか?において、私は以下のとおり述べた。 ETFの場合、そのほとんどは株式や債券から得た配当金や利金を再投資することはしない。 インデックス投資ブログ界隈で大きな反響があったと同時に、人気ブログ■梅屋敷商店街のランダムウォーカ

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)