一瞬早く株情報取得「フラッシュオーダー」、米SECが規制案。そりゃそうだ

水瀬ケンイチ

大金を払って一瞬早く売買注文情報を入手できる「フラッシュオーダー」が、米SECに規制される模様。

NIKKEI NET 2009/09/18より引用】
一瞬早く株情報取得「フラッシュオーダー」、米SECが規制案
 【ワシントン=御調昌邦】米証券取引委員会(SEC)は17日、一部の機関投資家が株式市場などで一瞬早く売買注文情報を入手できる取引手法を禁止する規制案を公表した。同じ条件で情報を得られない個人投資家などが不利益を被っているとされるため。一般の意見を募ったうえで最終的に判断する。

 規制案の対象は「フラッシュオーダー」と呼ばれる取引だ。一部の機関投資家などが高性能のコンピューターシステムを駆使し、一瞬早く得た情報を利用して高速取引を実施してきた。
【引用おわり】

大金を払っているとはいえ、ズルといえばズルです。
一瞬のタイミングに賭けている個人デイトレーダーさんにしてみれば死活問題でしょう。
規制されて当然と言えるかもしれません。



これから募られるという一般の意見に注目ですが、おそらく“No”という結論になるのではないでしょうか。
一部の機関投資家だけが利用できる特権というのはフェアではありません。
こういうことは他にもあるのかもしれませんが、少しずつ是正されていくのが自然な流れのような気がします。

まあ、どういう結果になったとしても、のんびり投資のインデックス投資家にはあまり影響はない話なのかもしれませんが(^^;

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ