一瞬早く株情報取得「フラッシュオーダー」、米SECが規制案。そりゃそうだ

大金を払って一瞬早く売買注文情報を入手できる「フラッシュオーダー」が、米SECに規制される模様。

NIKKEI NET 2009/09/18より引用】
一瞬早く株情報取得「フラッシュオーダー」、米SECが規制案
 【ワシントン=御調昌邦】米証券取引委員会(SEC)は17日、一部の機関投資家が株式市場などで一瞬早く売買注文情報を入手できる取引手法を禁止する規制案を公表した。同じ条件で情報を得られない個人投資家などが不利益を被っているとされるため。一般の意見を募ったうえで最終的に判断する。

 規制案の対象は「フラッシュオーダー」と呼ばれる取引だ。一部の機関投資家などが高性能のコンピューターシステムを駆使し、一瞬早く得た情報を利用して高速取引を実施してきた。
【引用おわり】

大金を払っているとはいえ、ズルといえばズルです。
一瞬のタイミングに賭けている個人デイトレーダーさんにしてみれば死活問題でしょう。
規制されて当然と言えるかもしれません。

これから募られるという一般の意見に注目ですが、おそらく“No”という結論になるのではないでしょうか。
一部の機関投資家だけが利用できる特権というのはフェアではありません。
こういうことは他にもあるのかもしれませんが、少しずつ是正されていくのが自然な流れのような気がします。

まあ、どういう結果になったとしても、のんびり投資のインデックス投資家にはあまり影響はない話なのかもしれませんが(^^;

関連記事


  





コメント

無難なところに落ち着くんでしょうかね

一時はFlash Orderと共にHFT(高頻度取引?)まで規制されるかもしれないかのような風潮もありましたが、無難なところに落ち着くんでしょうかね。

他国の市場で日本にはないものとはいえ、気になります。

取引額○○円以下手数料無料というサービスばかりを利用するチェリーピッカーに比べれば(はともかく)、情報に対価を払うフラッシュオーダーの方がマシだと思う次第。

一部の人が有利な情報を持つ場合

一部の人にしか情報が伝わらないって事は例え一瞬であっても100%の効率的ではないと言えますね。
ただ、一番気になるのは長期で見たときにどの程度超過リターンがあったのかだと思います。
少なくとも個人投資家の為にミューチャルファンドレベルでこう言った事をやるとは思えないです。
本当の意味での自己利益の為の取引なんだと思います。
例え一瞬であってもプロ同士がやりあっているのだから超過リターンを継続的に取れるとは考えにくいです。
これでもインデックスファンドに負けていたらプロ失格でしょうね。

本当に心配なのは米国よりも新興国や日本の新興市場の場合です。
例えばタイではタクシン政権時代にインサーダー取引で株式で膨大な利益を上げたとされており、これって効率的なの???って思います。
よく言われる事ですが一部の人が市場に対して有利な情報を持つ国に投資する場合で「効率的ではないからアクティブ運用で超過リターンが狙える・・・」って聞きますが、この意見は危険だと考えています。
少なくとも、現地の特別な立場で無ければ、例え高い信託報酬であっても日本の一般投資家の為に投信会社に市場に対して有利な情報が入るとは思えないです。
その他にも身近な例は日本の新興市場のマザーズです。
少なくとも効率的とは思えない市場ですが、この市場で継続的にプラスのリターンを上げた人はほぼゼロと言っても良いと思います。
「効率的ではない=アクティブ運用は有利」って言う考えは捨てた方が良いかも知れません。
効率的ではない市場であってもインデックスが有効な場合や、その市場に投資しない方が良い場合(特に日経平均は1990年以降は大局的に下落している)も有ると思います。

これってコンマ数秒の世界ですかね?私には無理というか無縁ですけど
^^;
正式な情報は分からないのでなんともいえませんが、仮に個人のPC+通信回線費とファンドが高速のサーバかNWを投資してその差異が不公平というのであれば設備投資の差からして同じなほうが不公平だと
思います。

そうではなく事前情報のリリースがコンマ数秒違うということですが、
その差異を利用して利鞘を稼ぐ人って凄いです。。

というわけで考えてもしょうがないですし正直、1秒くらいGSでも
モルガンでも先に情報取っていいですよってくらいに思っています。

案外個人投資家はそういう感じじゃないですかね?と思います^^;

って何でいうかというと私が仮に1秒早く人より情報をとれたとしても
うーん・・・正直、出し抜く?ことは出来ないですよ(苦笑)
特にサラリーマンは無理ですし、仮にデイトレでも常時その情報のコンマ数秒でやってるか・・・
わからんです

なので不公平というより資金量の差でいいのかなと思っています。

ネット証券前から株式投資していたので間違ってるかも・・・ですが。。

市場はできるだけフェアであるべきだと思います。
お金持ちだけが優遇される市場には、投資家が寄り付かなくなります。
それは結局、市場参加者全員の不利益につながると思います。

>吊られた男さん

規制も行き過ぎはいけないと思います。
やはり、無難なところに落ち着くのではないでしょうか。


>ななしさん

情報の対価。そういう考え方もあるんですね。
勉強になります。


>タカちゃんさん

たしかに、フラッシュオーダーを多くの機関投資家が利用していたとすると、出し抜くことは難しかったのかもしれませんね。
費用が高いらしいので、コスト分、インデックスに負けたりして。


>龍王さん

たしか龍王さんは個別株もやられるんですよね。
それなのに、先に情報取ってもいいですよという余裕のスタンス、カッコいいです(^^)


>BBさん

ごもっとも!正論だと思います。

Economist誌の翻訳

フラッシュオーダー、HFTに関する記事を翻訳してくださっているページがあります。
http://merlion0520.jugem.jp/?eid=138
http://merlion0520.jugem.jp/?eid=161

合法的だけど、不公平という感じなんでしょうか。

>Sashさん

関連情報のご紹介ありがとうございました。
さっそく読ませていただきました。
HFTに関する記述が多かったように思いますが、とても参考になりました。
ありがとうございました。

というかこれは完全にHFTに関する規制ですよ。
これも常態化している企業のインサイダー情報とはまた別の問題です。
(むしろインサイダーは絶対になくなりません)
もちろんHFTは1買い2遣りのほぼ100%損することのない卑劣な行為ですので規制は当然です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)