え?Amazonで買うことを教えただけでえらい感謝

水瀬ケンイチ

シルバーウィークで実家に来ています。

20代後半の弟が最近、ずっと欲しかったiPodを買ったそうです。
欲しい物を何年も引っ張ってやっと買う決心をする。いいことです。
しかし、6~7年前に買ったノートPCのハードディスク容量が16GB(笑)しかなく、せっかくのiPod(容量160GB)に音楽を入れまくれないと嘆いていました。

水瀬 「そろそろ新しいPC買えば?」
弟 「もったいないからまだ使う」
水瀬 「じゃあ、外付けハードディスクを買えば?将来PC買った時のデータ移行にも便利だし、1万円出せば相当大容量のが買えるよ」
弟 「どれくらいよ?」

カカクコムで調査中…

水瀬 「人気1位のこれなんか、1TB(1,000GB)で9,280円だよ」(水瀬注:これ
弟 「それ欲しい!」
水瀬 「じゃあ買えば?今注文すればあさってくらいには届くんじゃない?」
弟 「まじ!?」

うしろで教えながら1位のショップ(Amazon)にて注文完了。その間、2~3分。

水瀬 「あとは発送日にメールが来るよ。メールの翌日には商品が届くと思う」
弟 「信じられん!知らない間にネットショッピングはこんなに進んでいたのか!?ありがとう!!」

あ、あれ?


Amazonで買うことを教えただけでえらい感謝されてしまった。
不思議だ。年寄りというわけでもないのに。

自分にとっては当たり前のことでも、初めての人にとっては驚きだったりするのでしょうね。
自分も含め、誰だって初めてのことは敷居が高く感じるものです。

翻って、自分にとっては当たり前な、「ネット証券でインデックス投資」というシンプルな行ないも、初めての人にとっては相当高いハードルがあるのだと思います。
そして、うちのブログのアクセス解析データによると、日々のアクセスの約1割が、「初回アクセス」です。
そういう方々に、うちのブログが、先にあれこれやってみた実践記として、何某かのお役に立てば幸甚の至りです。
役に立たなくても、無料の俗情報ということでご愛嬌(笑)

それにしても、年老いた両親は楽天市場で買い物をしまくっているというのに、20代の弟がネットショッピング未体験とは、不思議だなぁ。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ