楽天証券で「国内株式」「投資信託」振替キャンペーン

11月にジョインベスト証券が野村證券に統合されるのにともない、サービス改悪が行なわれます。
(関連記事)
2009/09/19 ジョインベスト証券が野村證券と統合、STAMシリーズなどは取扱停止

これを機に、株式や投資信託を別の証券会社に移したいと思われているかたも多いと思います。
移管先は、ネット証券大手1位・2位のSBI証券や楽天証券が多いのではないかと予想しています。

それを狙ってかどうか分かりませんが、楽天証券で「国内株式」「投資信託」振替キャンペーンを行なうようです。
詳しくは、WEBサイトをご覧いただきたいのですが、期間内(2009年9月24日~12月29日)に株式または投資信託を楽天証券に移管したかたに抽選で楽天証券ポイント1000ポイントが当たるそうです。
期間中、チャンスは3回あるそうですので、楽天証券に移管しようとされているかたは、狙ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、ジョインベスト証券では、投資信託の出庫手数料については2009年9月24日到着分から無料になりました。最後の良心?
本当は、移管なんてしないで済むのがいちばんなんですけどね(^^;


※本記事は、予約投稿機能を使った自動投稿です。旅行中のため、コメント・トラックバックの承認が遅くなることがありますが、ご勘弁ください。


<ご参考>
これを機に楽天証券に口座開設されるかたは、以下から資料請求できます(無料)。
楽天証券
関連記事


  





コメント

どの業界でも淘汰が進んでいるのですねぇ…

最悪ですね 野村證券は 増資の件といい、株主やお客を馬鹿にしてるのでは

野村の評判がた落ちのようですね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)