ニッセイ基礎研究所の欧州レポート続編「欧州発金融危機再燃のリスク」

ニッセイ基礎研究所の欧州経済見通しレポートの続編とも言うべきレポートが出ていました。

ニッセイ基礎研究所 ニッセイ基礎研REPORT 2009年10月号
Report IV 欧州発金融危機再燃のリスク

ちなみに、前のレポートと同じ筆者です。
詳しくはレポートを見ていただきたいのですが、前回のレポートでは、ユーロ圏・イギリスともに2010年にはプラス成長するという見通しを述べていました。それに対して、今回は懸念事項を列挙したレポートになっています。

小見出しを拾うと、以下のとおり。

・最適通貨圏に適合しないユーロ圏
・進展した周辺国のキャッチ・アップ
・実質実効為替相場で見た競争力の乖離
・拡大した経常収支の不均衡
・国債スプレッドの拡大
・周辺国にとってのユーロのコストとベネフィット
・押しなべて高い金融面での西欧依存度
・広がるファンダメンタルズの格差への認識
・くすぶる後発国発の危機再燃のリスク
・金融健全化と慎重な出口戦略が必要

あえて、ひとことで言うと、もともと一枚岩でないユーロ圏が、金融危機によってバラバラ度を増してきて難しい局面にある、という感じです。

なかなか情報が少ない欧州経済の実態。
ご興味があれば、ぜひレポートを読んでみてください。

(ご参考)
欧州には、主に「iShares MSCI EAFE Index Fund」 (EFA)を通じて投資しています。


※本記事は、予約投稿機能を使った自動投稿です。旅行中のため、コメント・トラックバックの承認が遅くなる場合がありますが、ご勘弁ください。


関連記事


  





コメント

鍋の底に幸あり?

こういうレポートがあることを教えていただきありがとうございます。
何があっても毎月きっちり世界に分散投資の末吉です。
ついつい、惰性に流されて何に投資しているのか監視が緩みがちですが、時にはこういうレポートもしっかり読まねばと思います。
このくらいなら末吉の頭でもなんとかついて行けそうです。

「世界の金融機関、損失なお305兆円 IMF推計」といった新聞記事も気になります。
末吉としては、先進国地域の経済は当分本格上昇はしない。
底割れしないように、慎重に舵取りしながら徐々に不良債権処理(バブルの処理)を進めていくしかないだろうと思ってます。

でも10年後20年後の利益を期待しての投資であれば、状況は悪くは無い。
株価がなべ底を這った後に徐々に上昇していってくれれば、むしろ好都合なんだけどなあと、勝手なことを考えています。

為替リスクはプラスの一面も

実は第5回投資交流会で各国の実質実効為替レートはみんなにお見せしました。
今回のレポートはユーロ圏の中の詳細版の実質実効為替って訳ですね(これもBISが公表している)。
通貨が別々ならば、物価上昇率の高い国(相対的高金利国)の為替レートが下落する事で経常赤字の拡大に歯止めをかけるのが一般的です。
更に厄介な問題はユーロ自体の実質実効為替レートは8月時点では非常に強くなっており、逆にポンドは弱くなっています。
こう言った意味では、英国は通貨統合に参加しなくて良かった面が有ります。
そう考えると、単一通貨では無くて別々の通貨で効率的であれば、為替レートの変動で調整されるので問題が起こらなかった訳ですね。
投資家からすれば為替って非常に厄介なリスクですが、実は長期的に賢い機能をも併せ持っていたと言うプラスの一面も有りそうです。
ただ、日本の労働者から見ると賃金下落圧力の要因としても働くので、やはり怖いです(ヨーロッパ連合では連合内で好きな国で働けるので、これが低賃金国と高賃金国との差を縮小させると言われているようです)。

それから、国債スプレッドの拡大で思い出したのですが、数年前に東欧諸国のユーロ圏金利への収斂によって利益を出そうと言う投資信託が出ました。
今回の件でスプレッドの拡大はその投資信託にはマイナスに働くはずです。

>末吉さん

このレポートは僕も勉強になりました。
これからもいいレポートがあったらご紹介したいと思います。


>タカちゃんさん

為替の機能は本当に難しいです。
マイナス面ばかりが強調されがちですが、プラス・マイナス両面あるということは同意です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)