ニッセイ基礎研究所の欧州レポート続編「欧州発金融危機再燃のリスク」

水瀬ケンイチ

ニッセイ基礎研究所の欧州経済見通しレポートの続編とも言うべきレポートが出ていました。

ニッセイ基礎研究所 ニッセイ基礎研REPORT 2009年10月号
Report IV 欧州発金融危機再燃のリスク

ちなみに、前のレポートと同じ筆者です。
詳しくはレポートを見ていただきたいのですが、前回のレポートでは、ユーロ圏・イギリスともに2010年にはプラス成長するという見通しを述べていました。それに対して、今回は懸念事項を列挙したレポートになっています。



小見出しを拾うと、以下のとおり。

・最適通貨圏に適合しないユーロ圏
・進展した周辺国のキャッチ・アップ
・実質実効為替相場で見た競争力の乖離
・拡大した経常収支の不均衡
・国債スプレッドの拡大
・周辺国にとってのユーロのコストとベネフィット
・押しなべて高い金融面での西欧依存度
・広がるファンダメンタルズの格差への認識
・くすぶる後発国発の危機再燃のリスク
・金融健全化と慎重な出口戦略が必要

あえて、ひとことで言うと、もともと一枚岩でないユーロ圏が、金融危機によってバラバラ度を増してきて難しい局面にある、という感じです。

なかなか情報が少ない欧州経済の実態。
ご興味があれば、ぜひレポートを読んでみてください。

(ご参考)
欧州には、主に「iShares MSCI EAFE Index Fund」 (EFA)を通じて投資しています。


※本記事は、予約投稿機能を使った自動投稿です。旅行中のため、コメント・トラックバックの承認が遅くなる場合がありますが、ご勘弁ください。


関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ