ほったらかしにできることはいいことだ

水瀬ケンイチ

現在、旅行中なわけですが、投資関係はいっさいほったらかしです。

この記事を書いている9月25日と、この記事が自動アップされる予定の10月2日では、株価や為替などの経済情勢がいろいろ違うと思われます。
もしかしたら、急激な株安や円高に見舞われているかもしれません。

でも、特に何もしません。
ドルコスト平均法を採用することによって(自分の場合は多少アレンジしてますが)、投資行動としては、毎月やることは同じになります。

ドルコスト平均法はパフォーマンス的には有利でも不利でもないと言われています。
そのとおりだと思います。
また、単なる「気休め」だと言う人もいます。
それも、そのとおりだと思います。
でも、気が休まることがどんなに大切か。



僕たちサラリーマンは、本業でヘトヘトになりつつ、たまの休暇には遊びに家族サービスにと忙しいものです。
投資面では、ほったらかしにできて気が休まるのであれば、それに勝るものはないと感じています。

100年に一度と言われる世界金融危機を体験してみて、いっそう強くそう感じます。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
※本記事は、予約投稿機能を使った自動投稿です。旅行中のため、コメント・トラックバックの承認が遅くなる場合がありますが、ご勘弁ください。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ