三菱UFJ、低コスト投信シリーズ

おもわずモブログ。

今朝の日経朝刊によると、三菱UFJ投信が10月末、業界最低水準の信託報酬の低コスト投信シリーズを設定するそうです。
国内株式、国内債券、国内REIT、先進国株式、先進国債券、先進国REIT、新興国株式のそれぞれの指数に連動して運用とのこと。

具体的なコストや販売会社は書いてありませんでしたが、STAMシリーズの強力なライバルになるかもしれませんね。
続報を待ちたいと思います。

それにしても、ケータイ投稿は疲れます(^^;

<追記>2009/10/09 19:00
三菱UFJ投信WEBサイトに詳細情報が出ていました。
http://www.am.mufg.jp/text/091009release.pdf

資料によると、気になる信託報酬は、以下のとおり。

国内株式 0.42% (STAMは0.483%)
国内債券 0.42% (STAMは0.462%)
国内リート 0.42% (STAMは0.672%)
先進国株式 0.63% (STAMは0.777%)
先進国債券 0.63% (STAMは0.672%)
先進国リート 0.63% (STAMは0.861%)
新興国株式 0.63% (STAMは0.8715%)

信託財産留保額がないファンドもけっこうあるようです。
保管費用などのいわゆる「隠れコスト」がどのレベルかなど、まだわからない点もあろうかと思いますが、これは、STAMの強力なライバル出現ではないでしょうか。

ちなみに、資料によると販売会社はカブドットコム証券、SBI証券、楽天証券のようです。
MUFGのカブドットコム専売だったら嫌だなあと思っていたのですが、最初からほかでも扱うようでよかったです。

とりあえず、三菱UFJ投信さんグッジョブ!!(^^)b


<ご参考>
上記ネット証券は、以下から資料請求・口座開設できます(無料)。
カブドットコム証券
SBI証券
楽天証券
関連記事


  





コメント

こんにちは。

いつもブログを拝見させていただいています高木と申します。
この度、当方で運営しております口座の総合ポータルサイト
との相互リンクをお願いしたくコメントいたしました。
よろしければ、相互リンクをしていただきたいのですが、
ご検討の程、宜しくお願いいたします。

それでは、失礼いたします。

高木

なるほど安いですね・・・
しかしVTとかと比べるとヤッパリ・・・^^;

いよいよ配当課税が重要になってきた

安くて分かりやすい信託報酬体系ですね。
これは間違えなく顧客獲得に本気ですね。
ここまで安くなると、海外ETFとの勝負でどの程度まで差が縮小したのかが気になります。
VWOと新興国株式インデックスを比べた場合だと、VWOの配当利回りが大きく変動している為、コストの計算がやりにくいです。
そこで、新興国株式についてVWOの信託報酬を0.2%で配当利回りを3.36%として(米国10%、日本20%を課税)、年末に税引き後再投資し売却コストを26%を適用、三菱UFJ投信の場合は信託報酬0.63%で売却コストを20%、どちらも毎月1万円を年6%で運用期間を30年で計算してみたら・・・実は1年目の終り頃に配当課税を差し引いた時点で三菱UFJ投信のインデックスの方が基準価額が高いのですが、VWOの配当元本組み入れによる計算も必要なので30年間計算しましたが、それでも三菱UFJ投信の新興国の方が高い結果になってしまった。
では、配当利回りを0%にしたら・・・売却コストが26%でもVWOの方が高い結果になった。
どうやら、最近はインデックスファンドと海外ETFでは配当課税の影響が無視できなくなっているようで、そろそろ配当課税の影響まで計算に入れないとどちらが有利なのかは分からなくなっています。

ちょっと気になりまして

水瀬さんのブログは好きでおじゃましていますが

>それにしても、ケータイ投稿は疲れます(^^;

そこまでして更新されないでもいいんじゃないでしょうか^^;
と思ってしまいました。逆にそのバイタリティは尊敬します。
(嫌味ではなく本音です)

変化

短期間のうちに、次々と新しい商品(コストが下がってるだけですが・・・)が出てきますね。

まるで、成長期の子供のようです。この変化、どこで止まるのでしょうか。

とりあえずこういったファンドが、数十年先まで生き残っていてほしいなと思います。

長期で見ると、信託報酬は儲かる部分なので、投資家が増えれば更に下がりそうですね。

うれしいニュースですね!

>それにしても、ケータイ投稿は疲れます(^^;

そこまでして更新された水瀬さんのお気持ちわかります。
コストの低さを売りにする投信がもっと出てきてほしいですね。
インデックス投資ブロガーさん方の願いがやっと通じてきたのでしょうか?

私は今後は海外ETFを購入しないと決めているので(ヘタレなのでリレー投資がストレス、
取り崩しがむずかしそう、などの理由で)国内投信の信託報酬競争、大歓迎です!

>takaki1982さん

後ほどうかがわせていただきます。
リンクさせていただく場合はこちらからご連絡いたします。
よろしくお願いします。


>名なしさん

そうですね。
信託報酬をETFと比べるとまだまだかもしれませんね。


>タカちゃんさん

配当課税の影響は計算しづらいですね(^^;
総合的に考えると、インデックスファンドもETFといい勝負になってきたということでしょうか。


>龍王さん

ご心配ありがとうございます。
まあ、好きでやっていますので今のところ大丈夫です。
燃え尽きたら放り出して逃げます(笑)


>Mさん

米国の現状を見ていると、コストがETFと同レベルになるまで変化するのではないでしょうか。
十分に低コストで長く付き合える商品が出てくるといいですね。


>梅子さん

うれしいニュースですから(^^)
国内投信の信託報酬競争、僕も大歓迎ですよね。
はやく海外ETFにリレーしないで済むようにならないかなぁと思います。

あっ(@_@;)

10月下旬だったのかぁ。。。

昨日、三○信託いって、投資信託1つ買っちゃいました。(1つ買うって言うのかな??^^)
お嬢さんのお勧めのままに(爆)(毎月の分配金が高いのをお勧められましたよん。)ピグハイ(グロソブ的に縮めてみた。)を。
信託報酬は、普通に1.6とかあった気がする。。
新商品が出る前に(従来品の)チラシ郵送したな!(`ε´♯)

28日からの取り扱いかと思ったら

28日が設定日なのでこの日から各証券会社で販売されると思っていました。楽天証券のどこにもそんな記事がないので問い合わせたら30日からの販売です・・・とのことでした。せっかく待っていたのにあと二日か。
水瀬さん販売日知ってました?グスン。

>HK$さん

10月30日からの販売とは知りませんでした。
貴重な情報提供ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

低信託報酬パッシブファンドブランド『eMAXIS』が登場

三菱UFJ 投信:ネット投資家向け新ブランド『eMAXIS』(イーマクシス)の立ち上げについて 三菱UFJ投信から、低信託報酬のパッシブファンドブランド『eMAXIS』が登場するとのことです。 いくつかのブログでも取り上げられています。 三菱UFJ投信から"eMAXIS"登場、インデ

インデックス・ファンドの競争が始まります

こんにちは。 インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 昨日(9日)の日経新聞にも記事として載っていましたね。 「日経...

STAMのライバル? 低コストインデックスファンド「eMAXIS」が登場

既に以下のようなリンク先ブログでも話題になっていますが、低コストインデックスの代表選手である「STAMシリーズ」にライバルが登場するようです。 三菱UFJ、低コスト投信シリーズ@梅屋敷商店街のランダムウォーカー 三菱UFJ投信から"eMAXIS"...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)