「くりっく365」の南アランド取引で問題発生。TFXの処理の問題?マイナー通貨の一時的異常事態?

水瀬ケンイチ

「くりっく365」の南アランド取引で、問題が起こったようです。

ロイター 2009/11/02より引用】
〔外為マーケットアイ〕「くりっく365」利用の個人が南アランドで損失の可能性、8円台の取引は短時間か

 南アランド/円で市場実勢と異なるレートを提示したTFXの「くりっく365」取扱会社の間で動揺が広がっている。「くりっく」を取り扱う証拠金各社はTFX提示のレートに準拠するため、実勢より低くてもそれが公式レートとなり、口座を保有する顧客が強制的に損失確定の決済を発動するストップロスの対象となったためだ。「くりっく」に参加する証拠金会社関係者は「複数の顧客に対して損失確定の決済を行わざるを得なくなった。現在TFXに見解を求めており回答待ちの段階だが、現実問題として後になってから損失を補填するのは不可能。しかし、レートは実勢と大きく違う。どう対応したらいいのか」と話している。



 TFXの公表資料などによると、海外市場の終盤にあたる日本時間31日午前5時前、直前まで11円台でもみあっていた「くりっく」の南アランド/円レートは一気に8.415円まで急落。きょう2日は11.45円で取引が始まり、一時11.58円まで上昇した。

 ロイターが金融機関から提供された対ドルレートを元に算出したレートは31日午前5時過ぎまで11円台のもみあい。この日に入って一時10.74円付近まで下落した。

 外為市場では通常、取引量の少ないクロス円のレートは対ドルレートを掛け合わせる形で算出している。前週末からきょう午前にかけてのドル/円とドル/南アランドの値動きから見ると「どう計算しても安値は10円台」(外銀)という。
【引用おわり】

引用が長くなりましたが、本記事はもっと長いです(^^;;

しかし、こんなこともあるんですね。
南アランド/円レートが直前まで11円台でもみあっていたところ、一気に8円台まで急落、その後11円台にまた戻したと。
しかし、記事によると「どう計算しても安値は10円台」(外銀)という。

個人的には、為替市場は市場規模が桁違いに大きく、インチキがやりづらい市場だという認識でした。
しかも、「くりっく365」は、東京金融取引所(TFX)が上場した日本での初めて公的な取引所によるFXで、相対取引のFXよりも、「公的な取引所の安心」を売りにしていたように思います。

自分はFXには詳しくないのですが、記事を見る限り、あやしいのはこの「TFX」のレートのように感じます。
これが、東京金融取引所(TFX)の処理の問題なのか、マイナー通貨の一時的異常現象なのか、今はまだよくわからないというのが正直なところです。

ミセスワタナベ(死語?)に大人気の南アランド。
ストップロスに引っかかってしまったかたも多いと思われ、どうなるか心配です。

事態の動向を注視したいと思います。


P.S
ツイッターを始めました。ゆるくつぶやいてますので、よろしければフォローしてみてください。
http://twitter.com/minasek

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ