バンガードの追加海外ETF2本が判明!全世界(除く米国)小型株VSSと米国債券BND

バンガードが海外ETF2本を準備中とのうわさがありましたが、その2本が判明しました。
(関連記事)
2009/11/03 バンガードが海外ETF2本を準備中?

中田たろうさんのブログで知ったのですが、SBI証券のWEBサイトの一部に、新規取扱銘柄情報が出ていました。

Vanguard Total Bond Market ETF (BND)
 Barclays Capital US Aggregate Bond Index連動・信託報酬0.14%
Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF (VSS)
 FTSE Global Small Cap ex US Index連動・信託報酬0.38%

債券ETFと全世界(除く米国)小型株ETFですね。
バリューインデックスの予想は外れてしまいましたが、債券ETFの予想は当たりました(笑)
いずれにしても、海外ETFのなかでも更に低コストの部類です。
さすがバンガードです。

BNDはどうでしょう。
類似の米国ETFのAGGの信託報酬が0.24%ですから、BNDの0.14%は低コストが光ります。
まぁ、現在の米国の実質ゼロ金利政策下で、デュレーションがある程度長い債券ファンドを、今買う勇気は僕にはありません。
でも、いずれ金利が正常化したら購入候補になるかもしれません。

VSSはどうでしょう。
大型株に加えて小型株にも広範に投資したいかた、小型株効果を狙うかたにはVSSはいいかもしれませんね。

株式投資 第4版」(ジェレミー・シーゲル著)によると、米国の小型株は大型株と比較してパフォーマンスが高い時期と低い時期があったようですが、1926年~2006年の長期で見ると、S&P500のパフォーマンスが年率10.26%のところ、小型株は年率12.21%とアウトパフォームしています。
この期間を見る限り、小型株効果というのはありそうですが、今後もそれが続くとは限らないのでご注意を。(VSSは除く米国ですし)
photo_20091116.jpg
(株式投資第4版P.154より引用)

いずれにしても、2本ともいいチョイスだと思います。
SBI証券以外のネット証券の取り扱い発表が待たれるところです。

バンガードさんグッジョブ!(^^)b
関連記事


  





コメント

小型株

小型株についてはこれは色んな議論が有ります。
現代ポートフォリオ理論で、リスクの価格の決まり方についてはCAPMの他にもAPTが有ります。
APTとしてはファーマ=フレンチの3ファクターモデルの中で、マーケットファクター、バリューファクター、サイズファクターの3つのファクターにプラスのリスクプレミアムが付くと言うのです。
ファーマ=フレンチのモデルでサイズファクターで大型株に対して小型株にプラスのリスクプレミアムが付くと言う事が示されているわけです(アノマリーでは無く)。
でも、アノマリーだと言う人もいるようです。

債券ですが、効率的マーケットでは円金利並みと考えてはいますが、出来れば高金利時に買うと言ったアクティブ運用が出来ないかも考えてみたいです(手数料に注意したいですが)。
実際には今回は米国債を買った人は為替レート下落で余り儲からなかったらしいですが、それでも債券価格の値上がりがあるのでスワップ狙いのFXよりは結果的にはパフォーマンスは良かったと考えています。
債券はやはり債券価格の上昇と言う妙味が有ります。

VSS

初めてコメントさせていただきます。VSSについてですが、連動指数がALL-WORLD ex-USですので先進国だけではなく新興国も含めた米国を除く全世界小型株INDEXだとおもわれます。

>タカちゃんさん

小型株効果を信じるかたにはピッタリの商品でしょう。
米国株を足すことをお忘れなく~。


>upperbearさん

たしかに、全世界小型株でした。
さっそく記事を修正させていただきました。
ご指摘ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大25,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)