「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と「モルガン・スタンレーMUFG証券」

三菱UFJフィナンシャル・グループ、モルガンとの証券統合は2社体制になるそうです。

NIKKEI NET 2009/11/18より引用】
三菱UFJ、1兆円の増資発表 モルガンとの証券統合は2社体制で
 三菱UFJフィナンシャル・グループは18日、1兆円を上限とする新株発行について、関東財務局に発行登録したと発表した。11月26日以降の1年間、いつでも普通株式を新たに発行し、公募することができる。調達資金は傘下の三菱東京UFJ銀行への出資に充てる。具体的な増資内容については「現時点で公表できることはない」(広報部)としている。

 また、米モルガン・スタンレーとの日本国内の証券子会社の統合で、2社体制とする方針も発表した。当初は全面統合で基本合意していたものの、モルガン・スタンレー証券の株式売買・販売部門を別会社で存続させる。
【引用おわり】

メガバンクの超大型増資が続いています。
三菱UFJフィナンシャル・グループも1兆円の増資とはすごいですね。
そして、モルガン・スタンレーとの日本国内の証券子会社の統合は2社体制、「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と「モルガン・スタンレーMUFG証券」になるそうです。
なるほど…
って、覚えられんっ!!
いくらなんでも紛らわしすぎです。
なんだか社内の迷走ぶりが表れているような。

一時期、三菱UFJフィナンシャル・グループのモルガン出資、野村ホールディングスのリーマン買収、三井住友フィナンシャルグループのゴールドマン出資(これは実現しなかったんだっけ)が、世界を賑わせました。
その後、どうなっているのかいまいち情報が入ってきませんでした。

せっかくの資本増強、せっかくの出資案件。
メガバンクはうまく活用してほしいと思います。
そして、世界金融危機からの回復の一翼を担ってほしいと思います。

関連記事


  





コメント

プライベートバンキング部門の会社名は

「三菱UFJメリルリンチPB証券」(ウェルスマネジメント)
だそうです。
これも強烈ですね(笑)(リンクはっときました)

>なんだか社内の迷走ぶりが表れているような。

なんか色々ありそうですね。

なんで統合したら名前だけ残るねんっ!!

このまま10社くらい統合していったら・・・最後は何文字の会社名になるんでしょうかね~

>ぷれでたさん

ややこしいなぁもう(^^;


>にっしーさん

みずほ三菱UFJ三井住友モルガンスタンレーメリルリンチゴールドマン証券とか(笑)

名前ネタつながり

この件とは全然関係ないんだけど、ついこの前日興コーディアルが三井住友(SMFG)傘下になりましたよね。
あれで三井住友銀行に「SMBC・日興なんたらファンド」って投信シリーズのポスターが貼られてたんですが、運用会社は三井住友アセット。

ややこしいので箇条書きにすると
・SMFGは日興コーディアルとその関連会社を傘下に入れたけど、日興アセットは入ってない
・日興アセットはSMFGのメンバーじゃない住友信託銀行の傘下に
・「日興」の名がつく投信はほとんどが日興アセット運用なのに、日興アセットは無関係の「日興なんたらファンド」も存在することに

もともと住信がSMFGじゃないってのもまぎらわしいのに、輪をかけてややこしくなってますよ。
どうも設定済みのファンドの名前を変えるのは、会社名変えるほど簡単じゃないんでしょうね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大25,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)