ついに国内市場に、NYダウ連動ETFが上場へ

ついに国内市場に、NYダウ連動ETFが上場されるようです。

NHKニュース 2009/11/19より引用】
NY株と連動 投資信託東証へ

取り引きの低迷が続いている東京証券取引所に、ニューヨーク市場の株価指数に連動する投資信託が来月に初めて上場されることになり、市場の活性化につながるかどうか注目されます。

関係者によりますと、東京証券取引所に上場されるのは、ニューヨーク市場の株価指数で世界の投資家の指標となっている「ダウ・ジョーンズ工業株30種平均」に連動する投資信託です。日本の資産運用会社が設定するこの投資信託は、19日に東証の承認を受けて来月10日に上場される予定で、ニューヨーク市場の前日の終値を基準として売り買いが行われることになります。
【引用おわり】

今まで、国内市場に新興国の株式ETFはありましたが、先進国の株式ETFが国内市場に上場されるのは今回が初めてです。
信託報酬などコストは不明ですが、特定口座へ入れらるであろうことや。為替手数料が不要だったりするであろうメリットは大きいと思います。
はやくコストが明らかになってほしいところですね。

とはいえ、米国株ETFが出たので、今後、米国株を除くETF(EFAなど)が出れば、組み合わせて国際分散投資ができます。
この調子で、MSCIコクサイ連動のETFやMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス連動のETFが出てくると、国内市場でのETF投資のプレゼンスが一気に急上昇すると思われます。

東証さんあと一歩、あと一歩ですよ!(^^)b


(ご参考)
2009/10/11 インデックス投資環境、三つ巴の戦い


<追記>2009/11/19 18:40
ダウETFの詳細が分かりましたので追記します。 (情報ソース:東証WEBサイト

Simple-X NYダウ・ジョーンズ・インデックス上場投信 (1679)
 ダウ・ジョーンズ工業株30種平均連動・信託報酬0.6075%程度

あれ?ETFの割には意外と信託報酬高いのね(^^;
でも、特定口座へ入れられること、国内株と同じ安い売買手数料で買えること、為替手数料が不要なこと、分配金に二重課税されないこと(米国ETFは分配金に米国と日本で二重課税される。外国税額控除で取り返せる場合もあるが)、年1回分配(個人的予想。ダウ連動の類似海外ETFのDIAは毎月分配)など、メリットもたくさんあります。

久々に、個人の資産運用のコアになりうる銘柄で、東証の価値ある一歩だと思います。

<追記2>2009/11/20 18:30
タカちゃんさんから、シンプレックス・アセットマネジメントに確認したところ、分配金については二重課税となる可能性があるとの情報をいただきました。
記事を訂正させていただきました。
関連記事


  





コメント

あとすこし

まさにあと一歩ですね!ETFの夜明けは近い。来年はETF元年となってもらいたいです。水瀬さんいつもタイムリーな記事ありがとうございます。MSCIコクサイ連動のETFが出たらお祝いにワイン飲みまくりますよ(^^)

取引価格

どう決めるんでしょうね?ダウ先連動なんでしょうか。。ただ、為替
の影響もありますし。めったにないでしょうがS安の値幅制限も
あるのかどうか・・・まだ良く分からないですね。

よってETFの場合 基準価格が何に連動するのか?TOKやEMMのようなものが上場したときにも悩みます。中国株連動のETFは割高に売買されてる
みたいですし。

ローコストの選択肢が出来ることはありがたいですけどね^^;

私は投信でドルコストで分配金も再投資してもらったほうが無駄も
ないので 投資信託のインデックスを継続する予定です。



やったー

嬉しいの一言です。
念願のETFが登場しました。
内容を見る限り国内分離課税のみみたいです。
ただ、外国企業が配当を出すときに米国で課税されて間接的には二重課税になっている可能性も有り得ます。
この辺りの事が良く分からないので、これは確認してみます。
それから、参考までに・・・人によっては30銘柄だとリスク分散が不十分では・・・とも聞かれますが、銘柄均等配分した場合は30銘柄以上はリスク分散効果はかなり小さくなるので、実務上は30銘柄でも大きな問題にはならないと考えられます。

課税方法について

今日、シンプレックス・アセットマネジメントに確認をしたら、配当課税については第一段階として個別銘柄配当は米国の税制に則って課税された後の配当がファンドに入って、ファンドが個人投資家に配当を支払う第二段階では日本の税制に則った課税がされます。
ですから、実際には間接的には二重課税の可能性が有るとの事です。
この点は注意が必要です。

>としちゃんさん

お祝いできると良いですね(^^)


>龍王さん

逆に、米国市場でiShares MSCI Japan Indexがどう価格を決めているのか等を調べてみるとお悩みは解決するかもしれませんよ。


>タカちゃんさん

課税方法についての確認情報、ありがとうございます。
記事を修正させていただきました。

取引価格

ETFの取引価格について、龍王さんのコメントにもあります通り、上海やブラジルのETFの値動きを見ていると、本土とは必ずしも一致しないことが多く、個人的には別物と考えた方がいいのかなとまで思っています。日経225などと違って、乖離があっても裁定取引が行いにくいことも一因のようですが、素人なので正確なことはわかりません。
もちろん、中長期的な方向性は連動しているので、このブログの愛読者の方には大きな問題ではないかもしれませんが、購入される際には、しばらく値動きを観察された方がいいのではないかと愚考します。

二重課税の詳細が出ました

参考URLに二重課税の詳細が出ています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

NYダウ連動型ETFが東証上場!でも・・・

NYダウ連動型ETFが東証に上場します! 運用会社はシンプレックス・アセット・マネジメント。 詳細は以下のリンクになります。 ダウ・ジョ...

カブドットコム証券の「eMAXIS」の評判

毎月10万円投資を続けていた楽天証券「海外ETF」をやめようかと思ってます。その訳は、

NY株と連動 投資信託東証へ上場

19日の朝、テレビを何とはなしに(クルマの運転中だったので)聞いていたら、NHK のニュースで、ニューヨーク株に連動する投資信託が東証に上場するという話をやっていました。 その語、検索してみると、確かに NHK のサイトに掲載されています。 http://www3.nhk.or.j...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大25,000ポイント獲得キャンペーン実施中(2018/06/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2018/06/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)