投資信託でブラジルが存在感。流行り廃りが忙しいですね

投資信託でブラジルの存在感が高まっているそうです。

NIKKEI NET 2009/11/22より引用】
投信マネー、ブラジルレアル建て急増 通貨別シェア4位に浮上
 投資信託の投資先として、ブラジルの存在感が高まっている。投信のブラジルレアル建て資産は10月末時点で1兆4494億円となり、前年同月末の2.5倍に膨らんだ。高金利をねらった債券への投資に加え、経済成長を見込んだ株式投信への投資も目立つ。通貨別のシェアでは米ドル、ユーロ、豪ドルに次ぐ4位に浮上した。
【引用おわり】

ベトナム、ロシア、中国。今度はブラジルですか。
次から次へと新しい「テーマ」をよく見つけるものだなと思います。
投資信託にも流行り廃りがあるようですね。

ひとつ言えることは、流行を追いかけると割高なものをつかまされる可能性が高まるということです。
(もちろん、より儲かる可能性もありますが)
面倒くさがりの自分としては、最初から全部に投資しておけばいいのに、と思います。

VTI(米国)+EFA(米国除く先進国)+VWO(新興国)でほとんど全世界をカバーできます。あるいは、VT(全世界)1本でもまたよし。
リスク許容度に応じて債券をたっぷり入れることもお忘れなく。

そうするとどうなるか。
最初から全てに投資しているので、流行り廃りはあなたの手のひらの上の出来事に過ぎなくなります。
毎日目まぐるしく流れるニュースも、「ふーん」と穏やかな気持ちで眺めることができるかもしれません。

関連記事


  





コメント

再び高金利通貨へマネーが向かっている

最近はドルキャリーが盛んでドルの下落要因になっています。
いわゆるドル→高金利通貨(例えばブラジルレアル)って言う流れです。
悪く言えば、グレーターフールセオリーって奴で最後に買った奴が高値掴みで再び今回のような事態で終わるパターンになるかも知れません。
僕は、ドルキャリーによるドル安を利用する目的でDIAや1679の購入などを考えています。
でも、VTを購入してしまえば何も考えずに簡単に出来ると思うのでそれも有りかと・・・

現在ツイッター中毒の自分が言うのもなんですが、QOL(クオリティー・オブ・ライフ)を考えると、やっぱりインデックス投資以外にあり得ないっす(あくまでも個人的見解ですが)。

本当に仰る通りだと思います。

株、債券以外にも、不動産や金等にも市場が加熱し、儲かりそうと思い一気に資金を注ぎ込む様な行動が多々見受けられますね。
一歩引いて冷静に市場動向を観測し、短期的な利益に一喜一憂せず、胆力の効いた投資行動を取りたいものです。

長期でブラジルファンドを持ってる私からすると、流行だと思われるのも・・・
将来を見据えてコツコツ投資してけば良いですが、こんな記事を書かれて人が増えたり減ったりは嫌なものですね。

まぁ、こちらは関係なしにコツコツやるだけですが。

先月のETN1325なんかは裁定取引やり放題でした。
流行り廃りもまた良しです。

>タカちゃんさん

「グレーターフールセオリー」って初めて聞いたので調べてみたら、よりバカ理論のことなんですね。
流行に乗るのはこわいです。


>虫とり小僧さん

穏やかな気持ちでいきたいですよね。


>ふるぴょんさん

「胆力の効いた投資行動」っていいですね!
ぜひそうありたいものです。


>にっしーさん

後から入ってきて大騒ぎするなって感じでしょうか。
ゆっくりと上昇していってくれればいいのですが、急上昇してトレンド崩落みたいになったらたまりませんね。


>名なしさん

裁定をしてくる人がいることは、インデックス投資家にとってありがたいことです。
頑張ってください!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ブラジルレアル・バブル発生か?

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんのエントリー「投資信託でブラジルが存在感。流行り廃りが忙しいですね 」でも紹介されているとおり、ブラジルレアル建投信に資金が大量流入しています。 投信マネー、ブラジルレアル建て急増 通貨別シェア4位に浮上 http://mark...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)