ポートフォリオの債券クラスに外国債券クラスを組み込むべきかどうか

先日、投資仲間とtwitterで話していて、ポートフォリオの債券クラスに外国債券クラスを組み込むべきかどうかが話題になりました。

いろいろな意見交換がありましたが、無理やりまとめると、概ね外国債券クラスには否定的な意見が多かったように思います。
感覚的には、世界金融危機と同時に起きた円高進行で、為替リスクの大きさを痛いほど再認識したという感じ。
理論的には、山崎元氏の外債ほぼ不要論が影響を与えているようです。

一方で、山崎氏の外国債券と日本債券の期待リターンを同じと設定することには理論に寄り過ぎていて抵抗があるとか、そもそも債券クラス自体が不要で株式100%だ!という漢(おとこ)の意見もありました。

その時の議論には出ませんでしたが、現在、米国国債ゼロクーポン債の途中売却には、一年間の譲渡所得の合計に対して50万円の特別控除があるなど税制上の優遇があり、判断をややこしくしています。

個人的な考えとしては、
債券クラス自体は、30代後半の自分にとってはある程度必要だと思っています。これは今までどおり。
ポートフォリオにおける債券クラスの比率はそのままに、そのなかの国内債券:外国債券の比率をどうするかですが、以前は0%だった日本債券クラスを徐々に増やして、外国債券クラスと逆転させようと目論んでいます。(現在はこんな感じ
為替リスクを少しずつ抑えていこうという魂胆です。

日本債券クラスの商品としては、現在は超低金利状態ですので、変動金利になるMMFにしています。
金利が上昇してきたら、国債購入も検討します。

これには、ネット銀行の短期定期のほうが利率がいいとか、中期国債ファンドのほうが利回りがいい場合があるとか、個人向け国債変動10なら変動金利だしいいじゃんというご意見も頂戴しています。
前向きに検討します。と言いながらMMFのままかもしれませんが(^^;

アセットアロケーションに正解はないと言われますが、外国債券は特に悩ましいアセットクラスだと思います。
皆さんは、どうお考えになりますか?


<ご参考>
twitterはじめて1ヶ月。500名ものかたにフォローいただきました。ありがとうございます。
よろしければフォローしてみてください。
http://twitter.com/minasek
関連記事


  





コメント

こんにちは。

う~ん、外債はほんとに悩ましいですよね。買うなら超長期債を通貨分散して買う、というのがいいと考えています。でもボクはめんどくさいので国内のMMFでしょうかね。。。(^^;)
確かに税制は問題をややこしくしていると思います。ありがたい制度ではあるのですが、もう少しわかりやすい税制を期待したいものです。

必要に一票

こんにちは。
外国債券を買わない理由が分からないですね。
山崎さんは天の邪鬼的なことを言って注目を集めたいのかな。(笑)

国債と外債の配分は悩ましいですね。日本人ですから国債を多くしたいです。

ポートフォリオは変化していく生き物ですね。
水瀬さんも初めは先進国だけでいいと豪語されていましたが、
すぐに途上国に投資し、そのうち途上国債券、商品、原油、金に投資するのでしょうね。

楽しみです。(笑)
がんばってください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

効率的市場では外国債券のリターンは円金利と等しくなる

間違ってSECRETにチェックした可能性が有るので同じ事をもう一度書き直します(最初に書いた分の削除をお願いします)。
為替市場の常識は、金利差だけ安くなるかどうかはわからないが、傾向としては高金利通貨の方が安くなるのは間違いない。金利差なんて誰でも知っていてそれで売り買いしているのだから、「いつかは、金利差の分だけ安くなるのだろう」という仮定が一応の市場のコンセンサスって言うわけです。
しかし、100%効率的なマーケットは存在せず、自分の相場観をもとに円金利を上回るリターンの獲得の為にやる場合は問題は有りません。
つまり、アクティブ運用の考え方でやるのならば問題は有りません。

効率的市場仮説を知っている人ならば「効率的市場では外国債券のリターンは円金利と等しくなる」って事は誰もが知っています。
しかし、山崎氏のように効率的市場仮説を否定する人が「外国債券と日本債券の期待リターンを同じ」と言う人は珍しいのです。
これを書くと「為替は長期では購買力平価に近くなる」と主張する人も出てきますが、これはこれで問題が有ります。
実質金利1≒長期金利-GDPデフレーター
実質金利2≒短期金利-消費者物価上昇率
・・・・・・・(色々有ります)
どれを使うのが良いのかと言う問題が有るので、よほど実質金利が高くなくては上手くいかないと考えています。

だからと言って外債は不要かと言えばそうは言い切れません。
例えば1995年4月の超円高局面では米国債を購入して金利+為替差益を狙う事も出来ます。
しかし、一般論としては外債は金利が高いが故に税金や手数料の影響で結果的に円金利を下回る事もあり得るので、無理にやる必要は無いと思います。
僕の場合はリスクエクスポージャーを増やして円金利を上回る成果を目指す事も有ります。
例えば信用リスクを取ってハイ・イールド債券ETFに投資するのも一策です。
この辺りはどれが正解とは言えないので自己責任でお願いします。

たしかに外債はビミョーなところがあります。過去データで検証した結果は、
http://tansneygohn.blog99.fc2.com/blog-entry-85.html

で、時期により優劣が変わります。私個人としては、外債ありです。

日本株を買うのかどうか

日本株は為替の影響を大きく受けますからね。
買うなら外国債券はいらないと思います。
日本株の成長期待も人によって違うと思います。
私は成長性に疑問がある日本株は買わないつもりなので外国債券を買ってます。

もちろん、為替が将来円高になると思っているなら買わないですけど。
為替の予想は難しいと思いますが私は円安派です。

こんばんは

ご無沙汰しております。
僕も外債はポートフォリオに組み入れていますが特にリターンを期待している訳ではなく値動きが異なると思われ、且つ流動性の高いクラスということで多少なりともじゃじゃ馬のなだめ役になるだろうくらいの気持ちで置いています。

為替リスクといってもブレ幅が許容できるかどうかだけの問題だと思っていて僕は初心者なので外債を持っているということで勉強になる現実もあります。

国内債券に関しては預貯金も僕の中では国債やMMFと同等と位置付けているので公開しているポートフォリオと預金額を含めたポートフォリオを遠近両用メガネみたく眺めています。

ではでは、また一週間お仕事頑張ってよいお酒を☆

分散効果のためにいくらの手数料を払うか

山崎元氏と似た意見になりますが、外債は「組み入れることによる分散効果のためにいくらの手数料を払う気があるか」ということだと思います。


期待リターンが同じという考えに立てば、「リスク低下のためなら国内債券に比べて0.5%の余計なコストは払える!!」という人は買えばいいし、「リスク低下のためだけに0.1%も余計な手数料は払えない!!」という人は買わなければいいと思います。

期待リターンが外国債券>国内債券と考えるなら、外国債券に余計にかかるコストが超過リターンより少ないか同等なら投資すればいいと思います。



私は・・・国内債券も含めて、債券ファンドの保有コストはもう少し下がってくれないと投資しづらいと考えています。でも、最近の預金金利の低さから国内債券は見直し中です。

通貨分散は必要でないのか

株式と債権の比率については運用上のベストは100%株式なんだけど
金融危機のような大暴落の最中の精神的ストレスは本当にしんどくて
冷静な投資判断ができなくなる恐れもあるので
債権クラスは個人差はあるが必要だと思います。精神安定剤として。
どのくらい必要かは個人の状況や考え方によるので何とも言えませんが。

株式投資が国や業種の分散が必須なように
債権投資も国の分散(通貨分散)はある程度やってます。自分は。
ただ株式のようにGDPや時価総額比率がベストという訳ではなく
①自国債権はかなり大目で良い(外債は精神安定剤にはならない)
②自国と道連れ度の高い国は低め(日本の場合なんつってもアメリカ)
③それ以外の国をGDP比でテキトーに、新興国は多少大目でも良い
だいたいこんなルールで買付してます。

外債部分は「為替は金利も含めてゼロサム」の理論の通り
最終リターンは自国債権利回りと同等であれば御の字と思ってます。

私の場合外国債券は心の安らぎを保つ為必要と思ってます。ビル・グロースさんの本に「債券は春の小川に花が咲き川辺にゆっくり寝そべっているこころ穏やかな状態である」と書いてありました。現在私の心安らぐポートフォリオは大体株式(国内+海外)50%以内、外貨資産40%以内、債券(国内+海外)50%以内が居心地の良い状態と考えてます(^^)

今の時点に限っての話なら

超低金利以上に問題なのがデフレです。
このため日本国債の実質リターンはゼロかマイナスと考えてもいい。
外国債券にしても「デフレによる円高」の影響を受けるので、リスクに見合ったリターンは得られそうにありません。
さらにデフレは経済活動全体を停滞させるので、株式や不動産などにもネガティブ要因。
そういうことを考え出すと、今は全体的に投資を控えたほうがいいのかも…みたいな話になってしまいますね。

コストを取るか分散を取るかリスクを取るか

外国債券で悩ましいのは為替リスクですね?

国内債券は安定資産と呼んで良いけれど海外債券はリスク資産だと感じます(ミドルリスクミドルリターン)

これを解決する方法のひとつは「為替ヘッジあり」ファンドを選択することでしょうが・・・STAMもeMAXISも設定がない・・・と(汗)

機関投資家はフルヘッジもしくは部分的に為替ヘッジなしなど選択していますが個人投資家は為替ヘッジなしが常識と言われています
どこかの本で読んだ一文ですがこの個人と機関の為替リスクに感じる温度差を円安バブルがはじけたあたりから気にしています

う~ん、「アリ」だなぁ。。。

ツイッターでの意見交換中は熟睡していたので、波に乗れずなんか寂しかったです(>_<)

海外債券クラスのみをずっとホールドするというわけでなく、他の資産との凸凹を定期的にリバランスしながら長期的に運用するなら、低コストのインデックスファンド(もしくはETF)で海外債券クラスを持つのはアリだと思っています。

いつ円高や円安になるのか、インフレやデフレはどこの国でいつ起こるのかが予測不能なように、期待リターンや相関係数も時々刻々と変化する非常に不安定な目安だと思っているので、たった4つしかない伝統資産の1つを完全に省いてしまうのは、なんだかなぁ~ってカンジです。

運用資産がもっとデカくなってきても同じことを考えるかどうかは分かりませんが、今のところは為替リスクを下げたくなったら生活防衛資金の増額で対応しようと思っています。

「アセットアロケーションは盆栽と同じだ」というようなことでまとめるしかないとは思いますが、あえて一言「アセットアロケーションは虫かごの中身と同じだ!」(笑)


「外債はほぼ不要論」については、インデックス投資ナイトで「山崎氏vsその他」(になるような気が…)で大いにバトルしてもらえたら面白いなぁ、などと考えています。

実質金利について外債は?

補足します、今日の日経の記事での消費者物価上昇率ですが、10月前年比で日本-2.2%、米国-0.2%、ユーロ圏-0.1%、英国+1.5%となっています。
現在の短期実質金利ベースで考えると米国よりも日本の方が高そうに見えますが、どうもこれは単純に比較できなさそうです。
まずは為替は長期では購買力平価で決まると仮定すると、日本の実質金利を求める時は投資家の事実上のベンチマークは消費者物価上昇率に対してどの程度超過リターンを獲得したかを考えれば良いので、日本債券に投資する場合は簡単です。
しかし、外国債券の場合は問題が有ります。
まずはどの物価上昇率が長期的な為替相場に最も影響が有るのかを考える必要が有ります。
具体的にはGDPデフレーター、企業物価、消費者物価など、幾つか有ります。
つまり、外国債券の実質金利を求めるときは長期的な為替変動に最も適した物価上昇率を使った実質金利と、日本債券(消費者物価上昇率ベース)の実質金利を比較する必要が有ると思われます。
実はこの議論については厳密にレポートとして上がっている物が見当たらないので、どれを使ったら良いのか分からないのです。
購買力平価説の欠点は少なくとも全ての物価が為替レートに影響が有る訳ではないので、物価によっては購買力平価の考え方が使えない物が有る点です。
だから、日本債券に投資している場合はSBI証券の1年物債券利回りを1.9%、買った時点からの物価上昇率が仮に1年後には-2.2%とすれば実質金利は約4.19%(税引き後約3.8%)と比較的簡単に計算が出来ますが、外国債券の場合は金利が与えられても上記の消費者物価上昇率データでは不適切な場合が有ります。
山崎氏の言っている外債はほぼ不要論って言うのも実はこの問題に対しても合理性が有ると考えられます。
もしかしたら、購買力平価説と金利平価説は別々のものであっても、実際には両方の理論をまたいで成立しているのかも知れません(両方が正しくなってしまうケース?)。
なお、これは研究レポートが無いので最終的な判断は自己責任でお願いします。

むずかしいですね

これはいろいろな意見がありますよね。
①私は通貨分散も意識して豪ドルの債券は持っています。
②無意味に感じるかもしれませんが個人向け国債の10年変動タイプ
こちらを預金ついでのつもりに購入しています(リスク資産に加える
のか?は人それぞれかと)
③長期なら株のリターンが高いという推測はあるものの、長く続ける
 ためにボラの低い外債インデックスの比率もある程度高い。

こんなところですかね。自分でやってみて外債のリターンがどんなもん
か?過去の数字だけではなく体感しておこうという気もあります^^;

ただ、積み立てのインデックスなら外債は無くてもいいかもですね

>田舎のKenさん

ゼロクーポン債だけでなく、外貨MMFも為替差益が非課税になるとか、債券まわりの税制には、有利なものがいくつかあるので、更に判断がややこしくなります。


>ザッジさん

外債あり派ですね。
ちなみに、ブログ開始以前から新興国投資やってますが…(^^;
まぁ生ぬるく見守ってやってください。


>タカちゃんさん

ああ、たしかに!
効率的市場仮説、購買力平価、いずれも完全なものではないのかもしれませんね。
すべてはミスターマーケットの手の中に。


>Tansney Gohnさん

外債あり派ですね。
仰るとおりで、外債の優劣も時期によって変わると思います。
難しいですね。


>ぷれでたさん

日本株買うなら外債不要。
おお、新しいご意見ですね!


>コータローさん

外債あり派ですね。
リターン向上よりもリスク低減に着目されているとのこと。
債券クラスはそうですよね。
いずれにしても、その資産クラスに投資していると勉強になることは間違いなさそうです。


>吊られた男さん

>> 分散効果のためにいくらの手数料を払うか

合理的な考えだと思います。
この考えだと、数値に換算して考えることができるのがいいですね。


>sagehoudaiさん

外債あり派ですね。
外債の国別比率は定説がありそうで聞かないような気がします。
自分で考えるしかなさそうです。まさにアートの世界?(^^;

最終リターンは自国債権利回りと同等であれば御の字というのは、慎ましい期待だし、意外と理にかなっていると思います。


>アルビレオ師匠

デフレには困ったものです。
投資家にとっていい話が出てこないですよね。


>とよぴ~さん

そうそう、機関投資家の外債運用はよく為替ヘッジするみたいですね。
なんで、個人投資家は為替ヘッジなしが常識なんだろうか…?
為替ヘッジありの金融商品はコストが高く、個人投資家が自分で為替ヘッジするのは資金的に難しいというのがあるのでしょうね。


>虫とり小僧さん

外債あり派ですね。
為替リスクには生活防衛資金で対応ですか。面白いですね!
でもそれだと、リスク資産の増加とともに、生活防衛資金も増やさなくてはいけなくなってしまいませんか?
どこまで生活防衛資金を増やせるかというのも悩ましいところです。


>龍王さん

外債あり派、ただし積み立ては不要とのこと。
なるほど、面白いですね。



皆さん外債投資については一家言あるようで。
ブログコメントでは、外債あり派が多かったの印象的でした。
たくさんのコメント、ありがとうございました。

ほぼ100%外債です、豪ドル債を多く持っています。
期間10年くらいまでの商品を限度に債券の償還と購入を30年間繰り返すのが目標です
株への投資だと想定利回りなので、先々どうのなるのかよくわからないので・・為替も行ったり来たりなので、30年後はどうなっているかわかりませんが、完璧な商品はありませんから
債券は利回り5%とか、はっきり書いてあるので目標が立てやすいです
端数は外貨MMFが稼いでくれます

こんばんは

初めての投資が外国債券ということもあって、外債クラスの割合が高いです。
私の様な配分の人はおられない感じですね。
単に通貨を分散しておくというだけで、さほどリターンは期待してないということかもしれません。
どうせ為替リスクをとるなら海外株ってのも理解できるようにはなってきました。

遅コメントです。

自分の効用関数の計算だと外債入れて良いことになるんですよねえ。リターンの数値が山崎さんのデータとは違うからなのですが。(そんなに内債と差をつけてはいません。年金関連の数値です。)

また、円は大丈夫だと100%の確信が持てないため(大丈夫だと願いますが)、予測不能なことは半々にしておこうということで外債は入れておこうと思っています。

でも、もし株を世界分散(橘式?)にしていたら、債券は国内オンリーかもしれません。自分は流動性資産含めて、海外:国内=1:1です。

米国ゼロクーポン債をせっせと購入してます。
償還差益が50万円を超えない範囲ですけど、
2010年から2023年まで毎年満期が毎年到来するように24種類の債券を購入してまぁーす。

教科書上は、株式下落局面では、債券は上昇することになっているのに、ここまで、外国債券が人気がないとは思いませんでした。

どうも、投資信託やETFで信託報酬を払うのが厭で仕方ありません。

>マックさん

外債あり派(というか全部外債派)ですね。
そんな運用もあるんですね。参考になります。


>うさみみさん

外債あり派ですね。
アセットアロケーションは人それぞれですね。同じアセットアロケーションの人を探す方が難しいですよ(^^;


>小太郎さん

外債の期待リターンの考え方の違いだと思います。
インプットの数字が違えばアウトプットも変わってきますからね。


>蓄財王さん

本文で書かせていただいたとおり、株と債券の相関係数は動き回っています。
その教科書、ちょっと疑ってかかったほうがよろしいのでは?(^^;

外国債券を組み入れるか、否かで議論していますが、
本当に議論するべきことは、別のところにあると思います。

議論すべきは、リターンの推計にどの方式を採用するかだと思います。

ヒストリカルデータ方式を採用する人は、外国債券を組み入れる可能性があると思います。
一方、ビルディングブロック方式を採用する人は、外国債券をほとんど組み入れないでしょう。

ビルディングブロック方式を採用する場合は、
1. 長期においては、購買力平価が成立する。
2. 長期においては、国際的フィッシャー方程式が成立する。
と定義することが多いと思います。

つまり、外国債券を入れるか、どうかの議論は、
購買力平価と国際的フィッシャー方程式が正しいかどうかの議論だと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

外国債券に投資する意義と投資すべきか

水瀬ケンイチさんの梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーのポートフォリオの債券クラスに外国債券クラスを組み込むべきかどうかでコメントさせていただいたことを契機に、少し自分の考えを書いてみます。 外国債券に投資する意義はリスク低減 外国債券投資することで期

外国債券があってもいい人、なくてもいい人 (2)

前回の続きです。長くなってしまい申し訳ありません・・・・。 続きの前に、外国債券がいるかどうかについて、水瀬さんの外国債券クラスを組み込むべきかどうかの内容とコメントが、非常に参考になります。 さて、続きです。 で、僕なりの答えは、先ほどの相関係数の表を

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)