商品投信の上手な使い方は?(日経新聞より)

水瀬ケンイチ

今朝の日経新聞33面に、「商品投信の上手な使い方は?」と題したコラムが掲載されていました。
備忘録がわりに簡単にまとめておきたいと思います。

モーニングスターの朝倉代表取締役のQ&Aになっています。

Q.商品投信の利点は?
A.商品先物に個人が直接投資するのは難しい。投信なら専門家に任せられる。
(水瀬コメント:専門家に任せられること=儲かるではないことに注意が必要そう)

Q.どれくらいの運用残高?
A.個人による投信残高約50兆円に対して1000億円程度。ただ、10月の基準価額上昇率は、3000本中1位から9位まで商品投信が占めた。
(水瀬コメント:意外と少ない運用残高。でも10月の商品投信のパフォーマンスはすごかったようです)

Q.今、商品に投資する投資家心理は?
A.金融危機で損した人は、少しでも利回りの好いものに投資して取り返そうとしているのではないか。
(水瀬コメント:取り返せたかた、よかったですね^^)

Q.商品は有価証券と違って金利や配当を生みません。
A.資産運用は株式と債券が中心であるべきで、商品投信への配分は10%が妥当。商品は価格の振れ幅が大きいことにも注意。資産を商品だけに投じることは勧めていない。
(水瀬コメント:良い質問だと思います。株と債券が中心であるべきで商品は資産の10%か。このくらいが妥当な資産クラスということでしょうか)

簡単にまとめてしまいましたが、全般的に手堅いやりとりが続いていました。
さすが「投資信託選びでいちばん知りたいこと」の著者。
ご興味があれば、日経新聞2009年12月7日朝刊33面をご覧ください。
図書館に行けば、しばらくは読めるはずです。



なお、個人的には、コモディティには投資していません。
これはコモディティ投資を否定しているのではなく、バイ&ホールド、つまりほったらかしにしたい自分の投資スタイルにはちょっと合わないかなと考えているからです。
(関連記事)古い記事ですが。
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その1)
インデックス投資派の僕がコモディティインデックスに投資しない理由(その2)

一方、コモディティ自体の問題ではないのですが、コモディティファンドやETFといった金融商品には、「コンタンゴ」「バックワーデーション」と呼ばれる状態があり、必ず不利益を被るというわけではありませんが、場合によっては長期間ホールドに向かない可能性があるという問題もあるようです。
かなり専門的で難しいですが、詳しくは下記ブログおよびレポートが参考になりますので、ご紹介しておきます。
コモディティファンドに投資をお考えのかたは、ご一読の価値はあると思います。
http://ngtn.blogspot.com/2009/01/blog-post_28.html
http://oilgas-info.jogmec.go.jp/report_pdf.pl?pdf=200609_077a%2epdf&id=690


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ