山崎元氏、バランスファンドを斬る

水瀬ケンイチ

山崎元氏が、「さよならバランスファンド」というコラムでバランスファンドをバッサリ斬っています。

YOMIURI ONLINE 山崎流マネーここに注目
さよならバランス・ファンド

山崎氏のバランスファンド嫌いは今に始まったことではなく、2001年発売の「お金がふえるシンプルな考え方―マネーのルール24」の頃から、ずっと同じ主張をされています。
前回のインデックス投資ナイトでも、バランスファンドの是非をめぐって熱い論争が繰り広げられたのは記憶に新しいところです。
(関連記事)
2009/01/12 インデックス投資ナイト実況レポート(その2)

上記コラムによると、

・実質的な運用サービスに対する価格はそう安いとはいえない
・資産配分の実質的な内容が分かりにくい

点がバランスファンドの困った点であるとのこと。
「結局のところ「顧客にアドバイスするのは面倒だが手数料は稼ぎたい!」という、いささか卑しい根性の金融マンが売ろうとするのがバランス・ファンドだと結論せざるを得ない」と喝破しています。

コラムではノーロードで信託報酬1%のバランスファンドを前提に話をしているので、「マネックス資産設計ファンド」(信託報酬0.9975%)あたりをターゲットにしているのではないかと下衆の勘繰りをしてしまいます。



前回のインデックス投資ナイトの論争の時もそうでしたが、バランスファンド活用派はけっこう多いと思われます。

信託報酬1%という前提も、今となってはやや古く、例えば「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の信託報酬は0.77%±0.02%、「SBI資産設計オープン」の信託報酬は0.7140%ともうひとまわり低くなっています。
また、資産配分についても、期待リターンとリスクを含め、ちゃんと理解した上でバランスファンドを買っているかたも結構いるのではないかと推測します。
(もちろん、何がなんだか分からないうちに買ってるかたもいるとは思いますが)

個人的には、主に、個別のETFやインデックスファンドを自分で組み合わせてアセットアロケーションを作っているので、バランスファンドはあってもいいし、無くても別に困らない、という程度の思い入れしかありませんが、バランスファンド活用派から反論がたくさん出るのではないかと余計な心配してしまうコラムでした。

ただ、コラム後段の、「真面目なマネー・アドバイザーなら、顧客に資産配分の比率と選択すべきインデックス・ファンドを教えてあげるのがいい(もったいぶらずにブログにでも書けばいい)」というのはごもっともだと思いました。

関連記事
広告
Posted by水瀬ケンイチ