ネット証券に積極的に要望しよう

水瀬ケンイチ

ネット証券に直接要望を出したことがあるかた、どのくらいおられますか?

ブログ記事やそのコメントに、「○○証券には△△してほしいものです」という要望が書いてあることはよくあります。(うちのブログでもよくあります)
twitterで要望をつぶやくのもよく見かけます。
それが悪いということはありません。どんどんやったほうがいいと思います。

でも、要望実現に向けていちばん効くのは、金融機関への直接要望だと思うのです。

それはなぜか?


もし自分がネット証券の担当者の立場だったらと想像すると分かりやすいです。
会社の何かを改善する際には企画書を書くと思います。企画ですから論拠となるデータが求められます。
その企画がどれだけ求められているかを効果的に示すにはどんなデータを使うのがいいか?
ブログやtwitterでの評判もあるでしょうが、世の中にあまたあるそれらを公正にチェックするのは稼動やコストがかかります。
やはり、簡単で低コスト且つ説得力があるデータは、自社に直接届いた要望ではないでしょうか。
担当者としては、それを使って「こんなにお客様から求められています」と企画書を書くのが自然な流れだと思います。

いずれにせよ、重要なのは「数」です。
そこでは、練りに練られた素晴らしい要望文も、著名人の要望文も同じ1票に過ぎません。
個人投資家ひとりひとりが、気軽にどんどん直接要望していくことが、ネット証券を動かす力になるのだと思います。
たとえつれない返事が来ても、すぐに改善がなされなくても、くさらないことが大切です。
繰り返しになりますが、重要なのは「数」なのだと思います。

ネット証券への要望は、ネットを使えば1分でできる簡単な作業です。
しかし、その入り口を探すのが大変という意見もあります。
たしかに、入り口がWEBサイトの奥まったところにあることが多いです。

ここでは、主要なネット証券の問い合わせ窓口をご紹介しておきます。(2009年12月19日現在)
今までなんとなく手が出なかったかたも、ぜひ気軽に要望を出してみてください。
それがネット証券を動かす大きな力になるかもしれません。

■SBI証券
こちらの画面の下のほうに入力フォームあり。
上記とは別に「リクエストフォーム」というのもあります。返事はないみたいですが要望専用窓口のようです。
→ログイン後のお問い合わせ画面(TOPページ右上の「お問い合わせ」メニュー)から

■マネックス証券
こちらの画面の下のほうに入力フォーム及び問い合わせメールアドレスあり

■楽天証券
こちらの画面の下のほうにある「メールでのお問い合わせ」から

P.S
自分はこんな感じでどんどん要望を出しています(^^)
・海外ETFを特定口座に入れられるようにしてほしい。大手証券では既に可能ですからできるはずだと思います。
・投信定期解約サービスがほしい。あればリタイア後も長いお付き合いができそうです。
・○○という銘柄を扱ってほしい。取り扱いがあればぜひ購入したいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ