政府も市場もデフレ予想のニッポン

日本は来年もデフレという政府見通しです。

NIKKEI NET 2009/12/27より引用】
物価下落10年度も、政府見通し0.8% 成長率は実質1.4%
 政府は25日の臨時閣議で、2010年度の経済見通しを了解した。国内総生産(GDP)の成長率は実質で1.4%、名目で0.4%となり、いずれも3年ぶりのプラスに転じると予測した。ただ消費者物価指数が前年度比0.8%低下し、2年連続のマイナスにとどまるとみている。日本経済のデフレ(物価の継続的な下落)脱却には時間がかかりそうだ。
【引用おわり】

オーソドックスな経済学によると、物価下落は株式にマイナスです。
来年の日本株式への影響ははたして。

ちなみに、政府見通しはさておき、市場はどう見ているのかというと……
10年利付国債と10年物価連動債の利回りの差分で、市場が推測する期待インフレ率が表せます。
これを「ブレーク・イーブン・インフレ率」といいます。このブレーク・イーブン・インフレ率は、直近でマイナス1%くらいです。
やはり市場もデフレを予測しているようです。
ブレーク・イーブン・インフレ率のグラフ
日本相互証券株式会社 WEBサイトより)

政府も市場もデフレ予想のニッポン。日本株式にとっては厳しそうです。
自分のポートフォリオにおける日本株式の比率は低いので、資産運用的には影響は少ないのですが、なんと言っても自分が暮らす国。雇用も賃金も大切です。
企業には成長してもらわないと。
「よそうはうそよ」と言われているし(?)、政府見通しも市場予測も、実際にどうなるかはわかりません。

来年も、ガンバレニッポン!(^^)
(自分も会社で頑張って働きます)
関連記事


  





コメント

水瀬さんこんにちは。
ブレーク・イーブン・インフレ率って初めて知りました。勉強になりました。
最近暗い話が多くて、心配になることも多いですが、「よそうはうそよ」も頭の片隅にとどめておきたいと思います(^^)
ところで拙ブログに水瀬さんのブログのリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか?これからもよろしくお願いします。

今日はパソコンのメンテ中で・・・

パソコンに搭載されているHDDのS.M.A.R.T情報(ハードディスクの自己診断機能)が警告を出していたので(最終的には故障)、この不況でお金がないのに新品HDDと最終的には故障したHDDの破壊サービスで結構、お金を使いました。
この不況での年収を大きく下げている所に、この出費は痛いです。
それから、今回のデフレを象徴するかのような出来事ではないですが、僕の知人からとんでもないことを聞きました。
それは、難関大学出(大学名は出せませんが・・・)の人で面接のときに雇用契約書を渡されていなかった為に、それを見せてと言ったら次の日に解雇になったそうです。
はっきり言って雇用が滅茶苦茶ですね。
今は中小企業でも国内の景気回復が実現しても需要が見込めない理由で海外に出ていく企業も有るんだそうです。
日本の労働者の賃金は下落傾向&解雇で企業は海外に逃げる現実って日本には未来が有るのかも分からないです。

そう言う訳で元旦は景気回復祈願でもしてきましょう。
来年こそ景気回復が実現できますように!

何故日本は、景気回復がこうも遅いかと考えると円高ぐらいしか思い当たりません。為替介入をもっと積極的に行ってほしいですね。

消費行動の変化

消費行動の変化が一番の原因です。
マイカーを持たずに自転車や公共交通機関を活用する人が増えてます。
物を長く大事に使う習慣が見直されてます。
エコブームもあり、消費しづらい環境です。

先進国はどこもデフレのようです。
アメリカは通貨をジャブジャブに供給して、ヘリコプターベンしてますから、
デフレではないように見えます。
http://plaza.rakuten.co.jp/isWallStreet/diary/200910090000/

通貨と資本の希薄化が発生して、たまったものではありません。

デフレだけなら貯金するけど、それも有効ではないようです。

>doriaさん

たしかに暗い話が多いですが、できるだけ楽天的にいきたいと思っています。

うちのブログはリンクフリーですのでご自由にどうぞ^^


>タカちゃんさん

PCは災難でしたね。でもデータはご無事のようですので不幸中の幸い(?)でしょうか。

僕も景気回復祈願しておきます。


>こうちゃんさん

ポートフォリオの外貨比率が高いので円安はうれしいですが、為替介入はその反動がちょっとこわい気もします(^^;


>ザッジさん

消費行動の変化ですか。
たしかに自分の生活を振り返っても思い当たる節がありますね。

ザッジさん

>通貨と資本の希薄化が発生して、たまったものではありません。

そりゃ、それが通貨発行の大きな目的でもありますから。
デフレが困るのはお金を持っている人がじっと溜め込んでお金の流れが止まることです。
現金のままだと希薄化してしまうのでモノを買ったり投資に回すことを期待しているのだから。

そのためリンク先の
>通貨が印刷されても、皆がこれをタンスにしまっている間はインフレは起こりません。
というのは経済学の一般的な認識に反した仮定となっています。タンスにしまっていたら希薄化で損をしてしまうのだから。
「いや、それはあくまで理屈であって現実にはタンスにしまいこまれている」というのであればその証拠を示す必要があります。

デフレスパイラルという言葉があるようにデフレはじっと守っていれば乗り越えられるというものではなく、デフレから抜け出すための手を打たなければ抜け出せません。
金利の引き下げでは不十分なら、通貨の大量発行はデフレ脱却のための手段の一つとしておかしなものではありません。
お金をたくさん刷りさえすればいいというわけではないけど、それもやらずにデフレから抜け出すことを期待するのは難しいです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)