2009年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的3大ニュース

今日は大晦日。
昼間っから飲んだくれておりますが、一度気を引き締めて、2009年の振り返りをしたいと思います。
いちインデックス投資家としての2009年を、3点にまとめて振り返ってみたいと思います。
題して、2009年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー的3大ニュース。

(1) インデックス投資家のリーサルウェポン、VT上陸
(2) 「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者バートン・マルキール氏に会えた
(3) twitter開始。交流関係広がる

まずは……
(1) インデックス投資家のリーサルウェポン、VT上陸

Vanguard Total World Stock ETF (VT) が日本のネット証券で購入できるようになりました。
なんと言っても、インデックス投資家としては、これはエポックメイキングな出来事だったと思います。

VTは、FTSE All-World Index連動で、先進国・新興諸国を含む約47カ国に投資できるバンガードの海外ETFです。
しかも、信託報酬は年率0.3%という格安さ。
これ一本で株式ポートフォリオは完成というかたも多いと思います。

個人的には、今のところIVV+EFA+VWOという組み合わせで運用するスタイルを取っていますが、リバランス等が面倒くさくなったら、VTに移行する可能性は大いにあります。
VTの登場は、その超低コストさと、何かと面倒くさい海外ETF投資を一気にシンプル化する道が開けたという意味で、いちインデックス投資家として衝撃的でした。
こ、これがETF先進国の米国クオリティか…!と思ったものです。

(関連記事)
2009/06/10 ついに来た!先進国・新興諸国を含む約47カ国に投資できる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)!


(2) 「ウォール街のランダム・ウォーカー」著者バートン・マルキール氏に会えた

僕の投資のバイブル、何回となく読み返してきた「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」の著者であるバートン・マルキール氏がついに来日、セミナーを開いてくれました。

僕は当日早々から並んで前から2列目で、間近にマルキール氏を見ることができました。
生で見るマルキール氏は、凛としていて元気でした。とても78歳とは思えません。
話の内容は、世界金融危機の解説から、株式のリスクプレミアムはいまだ健在、私たちは必ず回復するだろう、という力強いメッセージでした。
2009年5月のセミナーですが、実際、その後も世界の株式市場はぐんぐん回復し、現在はどうなったかは皆さんご承知のとおりだと思います。今後も予断を許さない状況ですが、当時はみんな凹み気味だった心を、かなり元気付けていただきました。

何度も何度も読んだ本の著者の生の声を聞けることは、何とも言えない感慨深いものがありました。

(関連記事)
2009/05/17 バートン・マルキールセミナーレポート(その1)
2009/05/17 バートン・マルキールセミナーレポート(その2)
2009/05/17 バートン・マルキールセミナーレポート(その3)


(3) twitter開始。交流関係広がる

かねてより始めようかどうしようか迷っていたtwitter(ツイッター)を始めました。

最初は恐る恐るという感じでしたが、だんだんと慣れてくるにしたがって、交流関係が広がってきました。
特に、インデックス投資家以外の投資家さんたち、そして投資家以外の方々とも交流ができるようになってきたのは、自分の中では大きな収穫でした。
twitterの中ではすっかり飲んだくれキャラが定着しつつあり、「ブログとのイメージのギャップをどうしてくれるんだ」的なご意見をいただきます(笑)。
でも、どちらかというと、そっちが本当の自分に近いです。

気軽なつぶやきにどっぷりとはまっております。
あまりにはまりすぎて、今後はちょっとtwitterとの付き合い方というか距離のとり方を考えなくてはいけないかなとも思っているところです。

(ご参考)
水瀬のURLは以下のとおりです。よろしければお気軽にフォローしてみてください。
http://twitter.com/minasek


ほかにも良いことも悪いこともたくさんあった一年でしたが、大きなところでは上記3点になりました。
末筆になりますが、ブログを読んでくださっている皆さまに感謝したいと思います。
皆さまのおかげで、今年もブログを継続することができました。ありがとうございました。

来年も良い年でありますように。
関連記事


  





コメント

今年は大変な年だった

今年は派遣切りから立ち直れない人がたくさんいるなど、日本国内だけでみると最悪の年でも有ります。
年収も大きく下げたとか、会社が倒産(解散)になったニュースも聞きます。
でも世界(日本を除けば)を見れば、もはや株価がかなり上がっています。
今年初めに買った物がプラスになるなど、ある意味良い買い物ができました。
国内はダメでも海外はこれからも成長路線を辿るだろうと考えています。
その一方で、国内はまだまだ派遣切りが出る事が決まっている所が多く、現在の状況を見る限り予断を許しません。
僕のポートフォリオはこんな現状の日本から早くおさらばして、海外資産の比率を高める事で今の日本におけるリスクを回避する事を考えています。
特に雇用(特に年収が低い派遣労働者)が少子化を急速に拡大している事実は見過ごす訳にはいきませんし、そういう国が成長するとは思えません。

我々にとって長期的に成長しみんなが豊かになる事が本当に重要だと考えています。
そう言う国へ投資していきたいです。
日本だって経済成長していたころは労働者の賃金は右肩上がりで、中流なんて事も言われていた幸せな時代も有りましたから・・・

・・・と暗い話になってしまいましたが、僕の職場でも将来の不安を抱えている人はいます。
そんな人にはインデックス投資でも教えてみようかな・・・なんて思いますし、それが分かってくると自立を促しながら自分が幸せになろうと努力してくるんではないかな?
来年こそは「派遣切り」といった事は無くなるように願っていきたい事と景気回復を本格化させて欲しいと願うばかりです。

来年こそ良い年で有りますように・・・

よいお年を

 今年も本ブログで色々と役に立つ情報をいただきまして、ありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

 来年もインデックス投資家にとって良いニュースがある年になればいいですね。年明けは、まずインデックス投資家ナイト参加です。

 それでは良いお年をお迎え下さい。

>タカちゃんさん

日本国内は大変な1年でしたね。
その中でも派遣切りを含む雇用の問題は大きかったと思います。
2010年は雇用と賃金が改善する方向に向かってほしいと思います。


>小太郎さん

インデックス投資ナイトに参加されるんですね。
僕も行きます。楽しみですね(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)