2010年1月現在のアセットアロケーションと主な構成商品

毎年、正月にアセットアロケーションの把握をしています。
今年は、東証の新システム移行に伴う証券会社のメンテナンス期間が長くてやきもきしましたが、無事計算できました。

2010年1月のアセットアロケーション
日本株式 14.0%(インデックス 12.3%・アクティブ 1.7%)
外国株式 60.8%(インデックス 54.9%・アクティブ 5.9%)
日本債券 8.5%
外国債券 14.0%
その他 2.7%

主な構成商品は以下のとおりです。
(これ以外にも、多少の金融商品があったりなかったりしますが)

■日本株式インデックス
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の日本株式部分
・TOPIX連動型上場投資信託 (1306)
・インデックスファンドTSP

■日本株式アクティブ
・MHAM株式オープン

■日本債券
・MHAMのMMF

■外国株式インデックス
・iShares S&P500 Index Fund (IVV)
・iShares MSCI EAFE Index Fund (EFA)の外国株式部分
・Vanguard Emerging Markets ETF (VWO)
・STAMグローバル株式インデックス・オープン

■外国株式アクティブ
・DIAM中国関連株オープン
・SGロシア東欧株ファンド

■外国債券
・STAMグローバル債券インデックス・オープン

※これらリスク性資産のほかに、生活防衛資金として生活費の2年分を確保しています。←超重要!


アセットアロケーションについては、前回と比較してもあまり変わっていません。
株式クラスについては、外国株式クラスがじわりと上がり、日本株式クラスが少し下がってきましたが、これはこれでよいと思っています。
債券クラスについては、状況によっては、外国債券クラスを減らして日本債券クラスを増やすことを検討しようと思っています。

リスクはおおまかに把握し、有効フロンティアは厳密には追い求めておりません。
たいしたアセットアロケーションではありませんので、真似しない方がいいと思います。

構成商品としては、今年は時期を見て、ご無沙汰になっているリレー投資をしたいです。
インデックスファンドの「STAMグローバル株式インデックス・オープン」や「インデックスファンドTSP」などを、海外ETFの「VTI」「EFA」にリレーしていこうと思っています。
また、コア&サテライト戦略のサテライト部分が少なく面白味がないので、なにか良いものがあったら投資してみてもいいかなと思っています。


<ご参考>
上記商品は、以下のネット証券で購入しています。会社名をクリックすると資料請求(無料)できます。
楽天証券
SBI証券
マネックス証券
関連記事


  





コメント

サテライトの投資

はじめまして

「SINCE 1962・・・」というサイトを管理していますatok440
と申します。
以前から貴様のサイトを参考にさせて頂いております。
今回初めてコメントさせていただきます。
まず、アセットアロケーションについては各個人それぞれの考え方がありますので、何もコメントすることはありません。
次にサテライトの部分ですが、私は今後はやはりアジアが世界の成長の核になるのではないかと思いますので次に二つのファンドに投資しています。①DIAM VIPフォーカス・ファンド(愛称:アジアン倶楽部) ②DIAMアジア消費&インフラ関連株式ファンド(愛称:アジアンドライバー)。もちろんSTAM新興国株式インデックス・オープンだけでも十分だと思いますが、今後も安定した成長を遂げるであろうアジアの国に投資しているファンドです。特に①は文字のごとくベトナム、インドネシア、フィリピンに投資比重を置いたファンドで面白そうだと思います。購入手数料が必要で、信託報酬が若干高いようですが(実質STAM新興国株式インデックス・オープンと同等)サテライト投資としては面白いファンドだと思います。私もアジアに特化したものをETFを含めいろいろ探しましたが、一番しっくりしたものが上記2つです。
費用はかかるのですが、特に②はそれ以上の安定性があるようです。
あくまでも個人的な意見ですので、聞き流していただいても結構です。
最後に相互リンクお願いしたいのですが、よろしくお願いいたします。

>atok440さん

サテライト部分はいろいろ楽しめそうですね。
アジアなど地域的な考えもいいですし、バリューなどスタイル的な考えも面白いと思います。
良い商品を探すのも楽しいですしね(^^)

相互リンクの件、了解です。
こちらからはリンクさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

最近は定期預金が多い

僕の場合は最近は定期預金の比率が増えていました。
最近作った定期は支払いのための準備預金のようなものでアセットアロケーションから外しています。
ソニー銀行は10000円、住信SBIは1000円から作れるので、細かいお金の管理に重宝しています。

最近のアセットアロケーションを見ると自分の分としては外国株式をたくさん買っているので、円の比率が低下しています。
これからは日本では内需が拡大する要因が見当たらないので、日本の比率その物を下げてしまう計画です。
更に、配当(分配)も現在はドルが大半の状況になってきました。
ですから、僕の場合は日本への依存度が下がってきています。

それから余談ですが、東証のシステムスピードが飛躍的に速くなりました。
成り行き注文だと瞬時に約定するようです。
今まであったジェイコムご発注問題やライブドア事件の時のような「プログラムミス」「処理能力の限界」が問題になりましたが、今回の新しいシステムではこの問題が概ね解決され、システムスピードのアップなど、信頼性の高さが売りのようです。
ただ、その一方で日本の内需が少子高齢化でパイが小さくなるような現状でここまでの投資をするのは勿体ないぐらいです。
それを生かすにはMSCI-KOKUSAI連動ETFなど、投資家に魅力的なアセットクラスのETFは不可欠だと言う事になりそうです。

あけましておめでとうございます。

私も20~30年若ければ同じようなアセットアロケーションにするかも・・・。

3年前から投資に着手した息子(30代)が、同じようなアセットアロケーションで頑張っています。着手した時期が悪かったようで、残念ながら凹んでいるようですが・・・。

今年もよろしくお願いします。

リンク御礼

水瀬さま

こんばんは
atok440です。

早速の貼り付けありがとうございました。
こちらの方も既に貼り付けさせていただいております。

実はインデックス御三家さまとの相互リンクが私の一つの目標でした。
最後に残っていた水瀬さまの「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」
とリンクできて光栄です。ありがとうございました。
相互リンクさせていただいていますので、それに恥じないサイトづくりにしていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。また、私の方は関西在住ですが、いつかお会いできる日を楽しみにしております。

>タカちゃんさん

タカちゃんさんと同じく外貨比率が上がっているので、為替リスクをどう抑えるかが課題になっています。円高耐性とでも言うべきか。
今のところ、債券クラスで為替リスクを抑えていく方向で考えています。


>フランクさん

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年齢(というかキャッシュフロー状況)によって、最適なアセットアロケーションは随分違うのでしょうね。
僕も20~30年後は、こんなアセットアロケーションではないと思います。


>atok440さん

そ、そんな大げさな…(汗)
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

期待収益率5.20%、標準偏差14.03%

勝手に、日経マネーデジタルにリンクされていたプログラム(内藤忍先生監修らしい)で水瀬さんの現在のポートフォリオの期待収益率と標準偏差を算出してみました。教科書上の公式をつかえば68.26%の確率で運用利回りが-8.83%(平均-標準偏差)から19.23%(平均+標準偏差)に収まることになります。
客観的に見ても、いい感じでリスクとリターンのバランスがとれていて流石です。

私のポートフォリオは、期待収益率3.25%、標準偏差5.41%でした。
平均-標準偏差は-2.16%ですが、リーマンショックで1年間で10%弱の損失を被った時期もあったので、鵜呑みにはできないのですがね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)