ついにMSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが国内上場!

今朝の日経新聞朝刊にビッグニュースです(記事は小さいですが)。
日興アセットが、MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFを上場するとの報道です。

【日経新聞2010/01/05朝刊より引用】
複数国の株価指数連動 日興アセットが上場投信
日興アセットマネジメントは今月下旬、先進国と新興国の株価指数に連動する上場投資信託(ETF)2本を設定する。複数国の株式に連動するETFは国内初。運用会社に支払う信託報酬はどちらも0.26%で、海外市場に上場する同種のETFと比べて低く設定した。
設定するのは米国や英国など、日本を除く22カ国の株価指数「MSCIコクサイ」とブラジルや中国、インドなどの新興国22カ国の株価指数「MSCIエマージング」にそれぞれ連動するETF。
【引用終わり】

TOPIX連動型ETFなどと組み合わせれば、国内市場で、ほぼ世界全体に投資ができることになります。
信託報酬も0.26%とかなり低く抑えられているようです。
詳しいことは分かりませんが、普通のETFなら、為替手数料がかからなかったり、特定口座にも入れられたりする可能性が高いと思われます。
当ブログでは、為替ETFや商品ETFが続々出てくる中で、まずは個人投資家の資産運用のコアになるような商品を!スポーツカーや軽トラばかりでなくまずはプリウスを!と主張し続けてきました。
ついに、国内市場に個人投資家の資産運用のコアになるようなETFが上場されることになりそうです。
いくらくらいから投資できるのか、分配はどのくらいなのか、流動性は大丈夫なのかなど、細かいところで気になる点はなくはないですが、期待は大きいです。

今はまだ日経新聞の小さな記事での報道だけですので、詳しいことは東証、日興アセットの正式発表を待ちたいと思います。
まだ気が早いかもしれませんが…日興アセットマネジメントさん、グッジョブ!(^^)b


<追記>
東証のWEBサイトに続報が出ました。概要資料とパンフレットのファイルが読めます。
http://www.tse.or.jp/news/201001/100105_a.html
パンフレットの、「当ファンドは、投資信託証券に投資するファンド・オブ・ファンズです」というくだりが少し気になる。実質コストはどうなんだろう…?

<追記2>
信託報酬の件ですが、ファンドオブファンズの両方の信託報酬込みで0.2625%とのことです。
日興アセットマネジメントのプレスリリースより
===
信託報酬率の内訳は、当ファンドの信託報酬率が年率0.1575%(税抜き0.15%)以内、投資対象となる投資信託証券の組み入れに係る信託報酬率が年率0.105%(税抜き0.1%)程度となります。
===
(吊られた男さん情報サンクス^^)
関連記事


  





コメント

これで楽天証券が動きそう

恐らく、これで楽天証券が特定口座の展開に動き出すのではないでしょうか?
外国源泉税では恐らく国内勢はハンディがあると思われるので、楽天証券が特定口座をやる事で再び優位に立てます。
これからが見ものでしょう。

分からない事がいくつか有る

実質コストもそうですが、1679NY上場ダウの時の外国配当課税30%にも有ったように今回のETFの第一段階の課税はどうなるか?も注目です。
1679NYダウの時は外国税額控除が受けられない事が判明していますが、今回のETFの配当課税についても調べる必要が有ります。
また、最低取引額がどれぐらいかも重要です。
10万円以下だったら松井証券で買えば手数料が21円と安い手数料で売買ができるので。
これは聞いてみないと分からないので、時間が有れば聞いてみたいです。

それから、今日は税務署へ行って確定申告の準備をしてきました。
面白い事に外国株式(海外ETF)の配当(申告分離課税)を株式売買損失と損益通算できるだけではなくて、外国税額控除も併用可能だったので驚いています。
これで、外国税額控除が来年の国民健康保険料にどう影響するのかの研究もできます。
コスト削減の切り札になるかどうかも来年の6月中旬には分かる筈です。
これとは別にe-Taxで確定申告をする事で税額控除5000円ゲットのチャンスも有りです。
この世の中知らなければ損をする事が多いのは事実のようです。
特に今回のケースでは国民健康保険の方は重要な事が分かると思います。

外国税額控除について

タカちゃんさん

>面白い事に外国株式(海外ETF)の配当(申告分離課税)を株式売買損失と損益通算できるだけではなくて、外国税額控除も併用可能だったので驚いています。

ですが、私も両方適応されれば嬉しいのですが、

外国税控除は総合課税で確定申告をしないと適応されなかったと思いますが、今回の配当金と譲渡損との損益通算は分離課税での申告になります。

どのように申告すれば両方とも適応されるのでしょうか?
教えていただけましたら幸いです。

参考:
http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ka/gai_zei_kojo.html

注意をしてみる

念願の海外インデックスファンド上場となりましたね。
実質の経費率はどうなるかと売買高がどうなるか、注意深く見ていきたいと思います。

>タカちゃんさん
配当の損益通算と外国税額控除って併用できるんですね。どうなるのかわからなかったので質問だそうか迷っていました。ありがとうございます☆

ついにきましたね!

あけましておめでとうございます、水瀬さん。

ついにきましたね、カローラが!
外国税控除やFOF形式の問題など懸念はありますが、グローバルでスタンダードな内国ETFをいきなり繰り出され、年明け早々ビックリです!

特定口座対応がネックとなり、ETF購入に待ったをかけていた方たちも多いのではないでしょうか?気が早いかもしれませんが、これを呼び水に第2、第3のカローラも投入されるかも知れませんね!
(確か東証は去年、外国株ETFのラインナップを充実させると言っていたような?)

まだ気が早いかもしれませんが・・・
日興AMさん、東証さん、お年玉をありがとうございました!

速報ありがとうございます。
ついにETFとしては本命が来た感じですね。

なお、水瀬さんのエントリーにある信託報酬の件ですが、FoFの両方の信託報酬込みで0.2625%とのことです。

日興アセットマネジメントのプレスリリースより
===
信託報酬率の内訳は、当ファンドの信託報酬率が年率0.1575%(税抜き0.15%)以内、投資対象となる投資信託証券の組み入れに係る信託報酬率が年率0.105%(税抜き0.1%)程度となります。
===

外国税額控除は注意してください

まだ準備段階なのではっきりとしている訳ではないですが、今日、税務相談に行ったときに株式譲渡損と配当の損益通算のやり方を聞こうとした時に外国税額控除の用紙とが渡されて、源泉徴収票、株式譲渡益明細書の2つが待ちのなっています。
税務署の話ではできそうな事を言っていましたが(だから驚いています)、本当にできるかどうかは正確な所は良く分かっていないです。

ちなみに、去年(12月)に税務相談に行ったときの説明では株式譲渡損と配当の損益通算はできない説明を受けるなど、間違った説明をしていました。
ですから、ここに書かれた事は今日現在、税務署で聞いた情報なので、本番の確定申告でダメになる可能性も有ります(税務署の人が間違っている事も有るからです)。

これは、確定申告が実際に行われた時に分かるので、その時になるまでお待ちください。
なお、税務署に株式譲渡損と配当の損益通算の際に外国税額控除も同時にできるかどうかはまずは近くの税務署に相談してみる事をお勧めします。

はじめまして。
新年早々縁起のよい情報をありがとうございます。
MSCIコクサイ連動のETFは
日本でこそと待ち望んでいました。
今後の動向を見ないといけませんが、
投信からETFへのリレーのハードルを
下げてくれるものと期待しています。

聞かせてもらった。MSCIコクサイ、MSCIエマージング、
それぞれの指数に連動するETFがついに……上場される! >Ω

 ΩΩ Ω<ナ、ナンダッテー!!

STAM、eMAXIS、三井住友AM、そして今回の日興AM、
時代は静かに、だが確実に動き始めている!ゴゴゴゴ!

いやっほぅ!

はじめまして。これはビッグニュースですね!
これに続いて様々な海外指標連動のETFが東証に上場して欲しいものです。
激動の2010年になりそうですな。

このニュース・ブログはビックリしました。
そして今日の水瀬さんのブログにトラックバック数現状11件にも
みんなが連動してビックリしてい様子を感じます。

ついに来ましたね。待ったかいがありました。

FOFですが、合計でも信託報酬が0.26%と割安ですから十分投資価値がありそうです。(あとは流動性かな)

それから、外国税控除ですが
「※国内で組成される「内国ETF」です。他の内国ETFと同様に、全国の証券会社でお取り扱いしております(売買時、配当受取時の課税の取扱いは株式に準じます。詳しくはパンフレット「課税上の取扱い」をご覧ください。) 」
とありますから、関係ないような気がしますが・・・・・。

間違ってたらすいません。

いつも貴重な情報入手をさせていただきありがとうございます。
外国ETFの為替リスクと為替スプレッドがないからTOKやVWOからの乗換えが殺到しそうですね。

タカちゃんさん& LEOPARDさん

さっそくのご返事ありがとうございます。

>(税務署の人が間違っている事も有るからです)。

やっぱり、税務署の担当者が言っていることを疑っているんですよね?
外国か分に関する申告は少ない為か、徴収する側の署員が言うことが必ずしも正しくはないのでおっしゃるとおり注意が必要ですね。

LEOPARDさんのコメントされているように国内上場のETFでしたら、国内株に準じた税制というのが妥当であるように思います。





スタートは1万円から

最低取引金額はまず基準価額は1000円からスタートになるので、買える金額は1万円前後ぐらいからと考えてよいでしょう。
配当課税についてはやはり二重課税される可能性が有ります。
ただし、この問題については先物取引や別の方法で軽減を図るやり方を取る可能性も有るので決算短信などで確認ができるようになるかも知れません。
まだ、詳細な事までは分かりませんが現時点ではここまで聞けました。

良いニュースですね。

お~これはビッグニュースですね。今後に期待です!

遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願いします。

最初は様子見

乖離率や出来高などなど。あとは分配金をなるべく出さないでほしい
ですね 分配が多いならインデックスFのままでいいかもと思って
しまいます(苦笑)


しかし、eMAXIS とSTAMも苦しくなるんでしょうか。それとも1000円から
ノーロードの魅力で堅調に推移するでしょうか。こちらも見守りたい
ところですね

外国税額控除について

 外国税控除をされた場合、次年度の住民税の算定額が上がりますので注意してください。
 また、株式の譲渡税は10%ですが、確定申告すれば、収入との合算に所得に応じたパーセントで税が係ります。たぶん皆さん株の譲渡税10%より高いと思いますので、申告すればすべて得するとは限りません。
 税金は良く考えて作成されています。

外国税額控除どうでしょうねぇ。

タカちゃんさんが期待されている、配当の申告分離課税選択と外国税額控除の併用ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
をみると、配当控除については確かに申告分離課税を選択するとダメですが、外国税額控除については特に記載がないため、今回からはイケそうな感じがしないでもないですね。
そうなるとこれは海外ETF派のみなさんにとって、必須申告項目になりそうですね。さらなる検証が必要ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>コメントいただいた皆さま

コメント多数のため個別にコメントができませんのでまとめてレスさせていただきます(^^;

反響が大きく、本当に皆さん待ち望んでいた商品なのだなぁと感じます。
インデックス投資環境が大幅に改善されると思います。
個人的にも、証券会社等に要望し続けて、ブログで要望し続けて、苦節○年…という感じです。

外国税額控除などかなり突っ込んだところにまで関心がおありのかたも多いようで、詳細情報が分かりましたらぜひまたコメントください。
よろしくお願いします。

実験してみました

 e-Taxのシステムでは、申告分離課税で外国株式(海外ETF)の配当を株式売買損失と損益通算できるだけではなく、外国税額控除も併用可能のようですね。
 なお外国株式(海外ETF)で損失が出ているなど、国外所得(外国株式の譲渡損益と配当の合算)がゼロ以下の場合は、外国税額控除はできません。
 ・・・という感じになっているんですけど、いかがでしょうか。

外国税額控除続き

実験者さん、報告ありがとうございます。
この点については税務署でe-Taxのシステムを申告分離課税+外国税額控除を税務署員の前でやってみる予定です。
ですが、僕の会社の源泉徴収票が送られてくるタイミングが1月下旬になりそうなので、結果は2月中旬ぐらいになると思います。
なお、国民健康保険とのコストの関係まで調べる予定ですので、そこまでのデータについては、やはり6月中旬ぐらいになると予想しています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

[株式投資]日興アセットがMSCIコクサイ/MSCIエマージングに連動するETFを上場!?

いつも読んでる水瀬ケンイチさんのブログでこんな記事が ついにMSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが国内上場! http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1276.html 運用会社に支払う信託報酬はどちらも0.26%で、海外市場に上場する同種のETFと比べて低く

ついにMSCIコクサイとMSCIエマージングに連動するETFが国内上場へ

MSCIコクサイ連動ETFが国内上場するとのこと。日経本紙を引用された梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事によると以下の通り。

衝撃の金融新商品

海外ETFより有利な金融商品としてeMAXIS を紹介したばかりですが、 もっと有利な金融商品が発売されることになりました。

2010年1月29日『上場MSコク』、2月24日『上場MSエマ』が上場予定!

JUGEMテーマ:資産運用  梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) | ついにMSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが国内上場! 水瀬ケンイチさんのエントリで知りました。 今日中にはEDINETや東証のWebサイトにUPされるので

海外株価指数に連動するETF2本上場

新年はおめでたいニュースから。 海外株価指数に連動するETF上場 今朝の日経新聞で読んで「お!」と思って、急ぎ筆をとった次第です。...

東証に先進国株式ETF、新興国株式ETFがついに上場へ

こんにちは。 インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。 年初から幸先のよいニュースです! 日興アセットマネジメントが、 ...

東証に「MSCIコクサイ」と「MSCIエマージング」に連動するETFが上場!

「梅屋敷商店街のランダムウォーカー 」さんによると、 東証に「MSCIコクサイ」と「MSCIエマージング」に連動するETFが 上場するそうです。パンフレットや概要はこちら にあります。 しかも、信託報酬が0.265%(税別:0.25%)と海外ETFと引けを 取らない低価格で

日興AMから先進国株、新興国株を対象とした国内ETF登場(FoF)

水瀬さんのブログ(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)で知りましたが、日興アセットマネジメントからMSCI KOKUSAI、MSCI EMERGINGに連動するETFが登場するとのことです。 共に信託報酬は0.26%とTOK,VWOを意識したような低コストな設定になっています。これで流動性が確

MSCIコクサイとMSCIエマージングに連動したETFが日本でも上場か?!

【梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)】  ■ついにMSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが国内上場!   http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1276.html これにTOPIX連動型EFTを組み合わせれば、ほぼパーフェクト

東証に新外国株ETF

東証のHPによると日興アセットマネジメントが、なんと ・上場インデックスファンド海外先進国株式(MSCI-KOKUSAI) ・上場インデックスファ...

東証にMSCIコクサイ&エマージングETF遂に登場!

日興アセットマネジメントが先進国株式と新興国株式のインデックスに連動するETFを東証に上場させることが決定しました!日興アセットマネジメントのプレスリリース先進国の株式インデックス(MSCI KOKUSAIインデックス)に連動する「上場インデックスファンド海外先進国株式

MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが国内上場

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)で、久しぶりに驚きのニュース! 「ついにMSCIコクサイ、MSCIエマージングに...

MSCIコクサイとMSCIエマージングに連動するETFが上場予定

外国株式候補をブログをにいた後に投資ブログをチェックしていたら、MSCIコクサイとMSCIエマージングに連動するETFが上場予定であることを知りました。

日興アセットが複数国の ETF を上場へ

日経新聞1月5日7面に出ていた記事です。「複数国の株価指数連動 日興アセットが上場投信」という見出しです。 日興アセットマネジメントは今月下旬、先進国と新興国の株価指数にそれぞれ連動する上場投資信託(ETF)2本を設定する。複数国の株式に連動するETFは国内初。..

日興AMが「MSCIコクサイ」と「MSCIエマージング」に連動するETFを設定!

ついに「MSCIコクサイ」と「MSCIエマージング」に連動するETFが登場する模様です 日興AMが日本初の「MSCIコクサイ」と「...

MSCIコクサイに連動するETFが国内上場

国内で海外の指数に連動するETFが購入できるようですね。 海外投資を行おうと思い、信託報酬の安さからVTに目をつけ、海外口座の開設を行い...

「MSCIコクサイ」と「MSCIエマージング」連動するETF上場予定

日興AMから、MSCIコクサイ指数、MSCIエマージングマーケット指数との連動を目指すETFを東証に上場の予定だそうです。今、積み立て中のSTAMやeMAXISをどうしようか・・・。

MSCIコクサイとエマージングに連動する国内ETFが上場!

今週は、正月休みの疲れが出ててPCの電源を入れる気力がなかったのですが、リンクをさせていただいているブログを散策していると!! ・...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)